円相場1ドル=147円台に迫る:介入前の安値を抜け円安が進む

12日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=146円台前半まで値下がりしました。24年ぶりの円安水準を更新しました。日本時間13日のニューヨーク外国為替市場では147円台に迫っています。

https://twitter.com/abe596/status/1580303399827869696

アメリカで発表された経済指標が市場予想を上回り、FRBが利上げを続けて日米の金利差が拡大するとの観測から、ドル円相場は146円90銭台をつけました。

政府・日銀は先月22日に1ドル145円台後半まで円安が進んだ際に、ドル売り円買いの市場介入を行いましたが、その水準をあっさり超えてきました。

GoranQ/iStock

ふたたび円安が加速しました。

147円台に突入寸前でしたが、足踏みしました

ただし、この傾向が是正される予兆はなさそうです。

介入はあるのでしょうか。

前回の介入では、145円が防衛ラインと言われていましたが。

ドルだけでなく、他の通貨と比べても安くなっています

政府には「陰謀」があるという見方も。そんな深謀遠慮が描けているのでしょうか。

儲かった人もいます。焼け死んだ人もいます。

出稼ぎを覚悟するお父さんも出てきています。

そして、世界景気の見通しも暗いものになってきました。

日本経済の見通しも暗いものになってきました。