安くて泣ける電動歯ブラシで「ここ10年で最高の歯」になりました

歯医者さんでの感動話からはいります

わたし、ここ10年ほど3ヶ月ごとに予防歯科に通って歯と歯茎のチェックとクリーニングをたっぷり1時間かけてしてもらっております。

わたくしの歯は親知らずは4本とも抜いているわけですが、加齢もあって歯茎の調子はそれほどいいわけではなく、歯槽膿漏まではいかなくてもそれほど健康的ってわけじゃありません。

左の一番奥の下の歯はグラグラしており、いつも「ちゃんと磨いてますか」と叱られています。サーフィンしたり筋トレしたりで噛みしめるのがよくないみたいです。

そんなわたしなのですが、先日のこと、歯科衛生士のお姉さんが最初に写真を撮ってチェックした後

な、ながえさん、なにかしましたか?

と、いうから驚くじゃないですか。

もしかして歯が溶けてるとか、でっかい虫歯ができてるとか・・・

いままでで一番歯が良くなってます

なんですと??

たしかに写真を比べると歯垢は全く無いし、検査途中の出血(軽く刺したりするヤツ)も皆無で、しかも左の再奥の下の奥歯もグラグラ度が4だったのが2に・・・・

騒いでいると先生まで出てきてチェック。

な、ながえさん、なにかしましたか?

リフレイン・・・

なにかしたかなと考えても、思い当たるのはここ1年くらいはここの歯科医院の激烈オススメでフィリップスの電動歯ブラシにしたのですが(オススメの高いのじゃなくてAmazonの安いのにした)、どうも磨き方がイマイチで、前回しっかりと使い方を習っていたのです。

特にポイントは奥を磨くときにはこのように口に垂直に入れるという・・・そけだけ・・・

そんだけなんですけど・・・・・

この電動歯ブラシ。安くて泣ける

Amazon限定のこちらです。速度調節ができない分だけ安いけどこれで十分。

交換用のヘッドが高いので、実はAmazonで買った互換のヤツ・・・ww

オリジナルよりデカいがなんとかはまる・・・ww 気にしない。

これ、デバイスとはいえないのですがTwitterに投稿したらかなりの反響なのでブログにしました。

電動歯ブラシすげーよ。科学の力だ。一生着いていきます。

電動歯ブラシ使わないヤツはリテラシーが低い w


編集部より:この記事は永江一石氏のブログ「More Access,More Fun!」2023年1月13日の記事より転載させていただきました。