正確な情報収集を妨げる「極端化」と「一般化」

SNSでのフェイクニュースなどが話題になる位、世の中には誤った情報が溢れています。

フェイクニュースは論外ですが、意図的に偽情報を流そうとしなくても、知らない間に真実とは異なる情報伝えてしまうこともあるのです。

その1つの原因が「極端化」です。

例外的な事情であっても、センセーショナルで多くの人が興味を持つような情報が拡散されやすくなっています。

例えば、ハワイの物価は昔とそれほど変わらないというより「ハワイは高い」という話の方が面白く興味をひきます。

だから「コンビニのおにぎりが1個700円」「ペットボトルのお茶が1本500円」といった情報はすぐに面白おかしく拡散します。間違った情報とは言いませんが、そこだけフォーカスするのはバイアスがかかりすぎです。

相変わらずハワイの方が日本より安い商品も存在するのです。

また「一般化」も情報を歪ませる原因となります。

円安で、日本人がハワイに来なくなったというのが一般的な認識かもしれませんが、相変わらず定期的にハワイに来ている人たちも存在します。

実際、今回も滞在している数日の間に同じタイミングでハワイに来ている複数の友人と会う予定があります。彼らは、コロナ禍は別として今も同じ頻度でハワイに来て長期滞在しています。

日本人全体がハワイに行かなくなったのではなく、彼らのようないわゆるハワイフリークの人たちは相変わらずハワイ旅行を楽しんでいます。

どこでも良いから海外旅行に行きたい人たちが、価格が上昇してしまったハワイより割安な東南アジアなどに行き先をシフトさせています。だからハワイの日本人観光客が全体では減っているものの、ワイキキの街中やレストランでもそれなりに日本人が歩いているのを見かけます。

例外的な出来事を強調しすぎたり、「日本人は〜」というように一般化しすぎると物事の本質を見逃してしまうことになります。

そうならないためには、出来る限り一次情報を得ることで自分の目で確かめるしかありません。

メディアやSNSなどで得られる情報は、参考にしても、鵜呑みにはしてはいけない。そして複数の情報ソースを使ってバイアスのかかった情報の修正を行うことです。

私がこのブログ書いていることも、もしかしたらバイアスがかかっているかもしれないと疑ってかかった方が良いでしょう(笑)。

hoozone/iStock


編集部より:この記事は「内藤忍の公式ブログ」2024年5月30日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。