森ゆうこ議員からブログの削除要請がありましたが、削除しません。

2019年11月14日 06:01

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

すでに日中に動画にて解説をしたのとほぼ同内容になりますが、テキストしか読まない方のためにブログでもまとめておきます。(後半に新ネタあり)

11日の夜、森ゆうこ議員より第三者を介して、ブログを削除せよという要請がありました。
※なお第三者というのは弁護士ではありません。

伝言をしてくださった方によれば、

・質問通告が遅れたというのはデマだ
・すでに○○氏など、誤った情報を拡散した人々も削除を始めている
・このまま音喜多氏だけブログを残しておいたら、大変なことになる

ということをおっしゃっていたようです。第三者を介しているので本人の直接の言葉ではありませんし、認識に齟齬があればぜひ直接ご指摘下さい>森ゆうこ議員

森議員が伝えてきた「大変なこと」というのが何を指すのかは不明であり、この言い回しをどう受け取るかは人によると思いますが、私は一種の圧力であるようにも感じました。

この要請に対して私からは、

・現時点では削除に応じる理由がない
・聞く耳は持っているので、ぜひ森議員本人からご連絡いただきたい
・私がそちらに行ってもかまわないし、議論はオープンでもクローズでも良い
・私のブログに間違いが立証されれば、いつでも訂正・謝罪に応じる

という旨を伝言してもらったものの、森ゆうこ議員は私と直接話す意思はないらしく、ご連絡は残念ながらいただけておりません。

なお削除要請を受けたブログは、下記のものであると理解しています。

ビジネス野党の体たらく。森ゆうこ議員の質疑通告も、やっぱり夜22時だったことが正式に確定

そして現時点の結論としましては、上述の通りブログ削除に応じる理由はないと考えています。

森ゆうこ議員からは昨日夕刻にこのようなTweetがなされましたが、そもそも理事会のさらに奥にある「理事懇親会」は完全非公開であり、外部からは詳細がまったく確認できない上、内容も正式認定されたものとは言えません

こうした指摘にもあるように、議員同士の懇談会では認識は「どうとでも作れるもの」であって、政府の公式見解・事実認定は2019年11月8日の経済産業委員会で示されたものになります。

内閣官房大西内閣審議官「お答え申し上げます。10月11日金曜日に内閣総務官室が参議院予算委員部から、ご指摘の森ゆうこ議員の質問要旨を入手したのは午後10時であったと承知しております

参議院木下委員部長「質疑通告の記載事項には質疑の内容までは含まれておりません
引用元

上記の事実を覆す立証がなされ、政府答弁は撤回・議事録も訂正されるようであれば、私もいつでもブログで誤った事実を拡散したことを認め、謝罪と訂正をするものです。

かつて都議会議員になりたての頃、やはり私がネット上で批判をした他党の議員たちから

「あのブログ(とかTwitter)を消せ!」
「議会のことは議会で議論するもので、ネットに書くとは何事か!」

とものすごい圧力をかけられたことを思い出します。ただ彼らは人づてではなく、面と向かって言ってきましたが。

本件は当初から申し上げている通り、実際に出したすべての書類を森ゆうこ議員が時系列順に並べて公開すれば決着がつく話だと思います。

なお、森ゆうこ議員が私に対して削除要請してきたことを、言論弾圧だと一面的に批判するつもりはありません。

私の発言は国会内のことでもありませんし、訴訟も含めてあらゆる手段を行使するのは森ゆうこ議員の自由です。

ただ、私はそれらの過程を極力すべてオープンにし、有権者の皆さまの審判を仰ぎたいと思います。

加えて私としましては、対話の門戸を閉ざすつもりは毛頭ありませんので、本件に注目している多くの有権者・官僚の皆さまの期待に資する(できれば公開の)前向きな議論ができることを臨むものです。

それでは、また明日。

【11月14日 11:40追記】「参院予算委員会・理事懇談会にて、時間内に質問内容も通告されていたことが確認された」という森ゆうこ議員の釈明は、まったく意味のない主張であることが判明しましたので、ご報告いたします。


編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会、地域政党あたらしい党代表)のブログ2019年11月13日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
参議院議員(東京選挙区、日本維新の会)、地域政党あたらしい党代表

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑