東京の感染は拡大しているのかそれとも収束しているのか

東京は感染が目下拡大中!! 新規陽性がさほど増えない理由は・・・・・そして東京のピークはいつか

山火事理論では、「かかりやすい人がかかるまで感染は拡大し、感染し尽くすと収束する」としています。この理論なら第5波までのすべてのピークアウトが説明できます。第5波ではワクチンを接種していない若年層の収束速度がもっとも大きかったのです。

山火事理論について
ワクチン接種率が上がったのでピークアウトしたという主張を叩きのめす山火事理論について(永江説昇華版) ピークアウトの理由が言えないのに適当なことをいう専門家たち 全員ではありません。 しっかりと分からないものは分からないという...

この山火事理論を数式化して頂くこともできました。

山火事理論でオミクロンの今後を予測する

仁井田氏のこの計算では日本のオミクロンのピークアウトは2月中旬とされています。このあと日本のオミクロンの感染者数が思ったほど伸びずに修正版を出されていますが、わたしは修正する事はなかったと思います。本日はその解説です。数式での予想は仁井田氏ほど修正しつつでももともとの数値の正確度で大きく変わります。西浦関のように毎度、修正もしないでアホみたいな数値予測は論外です。

jaimax/iStock

まず山火事理論の「かかりやすい人がかかるまで感染は拡大し、感染し尽くすと収束する」から、日本にはどれくらいかかりやすい人がいるのかを沖縄から試算してみます。沖縄の人のDNAは昔は台湾と近いとされていましたが、本土と殆ど変わらないことは証明済みです。

沖縄では12月末から感染が広がりはじめました。


もうほとんど増加せずに停滞し、昨日は減少しています。

ほぼピークアウトとして仮定すると、12月末から現在までの総感染者数はおそよ16000人です。

16000人が感染して重症がいまだ0ですからいかにオミクロンがインフル以下か分かります。

インフルエンザならこの数が罹患すれば致死率0.03%ですのでワクチンを打っていても5人死んでいます。はっきりいってオミクロンは5類も必要ありません。ただの風邪です

ちなみに「重症化は2週間後だガー」という医者がいるのですが、死者の中央値は8-10日であり、重症になるのは数日後です。ピークがズレているのは日々の新規数字とほぼ累計とである重症者数を比較しているからです。算数が分からないだけですのでこちらを読んではっと勘違いに気づいてください。まあオミクロンが沖縄で拡大して20日くらい経過してますよ。新規陽性者数は数日前の数字で重症者数はその日の数ですからね・・・w いつかは重症と祈っている方もそろそろ気づきましょうね。

沖縄の人口は150万人弱ですので、山火事理論では「日本ではオミクロンは100人に1人が感染するとピークアウトに向かう」という仮説になります。東京なら14万人が感染しないといけませんが、今年になってまだ2.5万人しか感染していないのです。新規陽性者が少ないので実効再生産数も下がり始めてなかには「東京もピークアウトだ」と言い始めている人もいますが、それはあり得ません。

わたしはいまだ、東京の感染は絶賛拡大中だと思っています。ただし新規陽性者数に現れなくなっているのです。そこを説明します。

過去、正確に予測できたのは陽性率だけ

これは1/12に発表になった東京の過去のデータ

赤い線の陽性率と、下の赤いグラフの陽性者数が見事に連動しているのがわかりますよね。

感染拡大する → 検査人数の中の感染者の比率が上がる → 拡大している

ということです。過去にわたしは「当てた、当てた」と言われてますが種を明かすと簡単で、陽性率が頭打ちになったらピークアウトは目の前と言うことだけです。どうして専門家がこれに注目しないのかが意味不明です。ところが1/12の木曜日に9.7%だった陽性率は、

1日後には13.9%、2日後には16%と急上昇

だから東京ではいま、凄い速度で感染が拡大しているのです。まあ重症はほとんどでないから安心してください。ちなみに一昨日は発熱外来のクリニックやっているお医者さん2名から、外来にやってくる人の70~80%が陽性(母数は発熱している人、です)だと教えて貰いました。都内の発熱外来はパンパンです。ただしみんな症状が軽くて熱はすぐ下がり、インフルエンザの患者の方がよほど辛そうということです。

さて、本来なら万単位にならないといけないはずの東京の新規陽性者数がたいして伸びていません。こうした仮説を立てました。
まず現在とデルタのピーク時の比較です。

デルタのピークは陽性率が25%くらいでした。まず最初に注目して欲しいのが

現在の検査数の少なさです!!

デルタの時の 検査数の7~8割しかしてませんよね。これは別に検査を絞っているわけではない。都内各地では無料の検査場が設けられ、不安に駆られた愚民どもが押し寄せている風景がテレビに映し出されている。が・・・テレビは話題になるものを映しているのである。

確かにデルタまでは、重症化のリスクを心配して検査を受けて適切な処置を受けたいと思う人が多かったはずだ。しかしリテラシーが高い都市圏では、いまや「コロナは重症化しない、ただの風邪に近い」ということが認識されているので、濃厚接触者に指定されて検査をするように法的に強制されない以外は、わざわざ自分から進んで検査を受けて、下手したら2週間も隔離生活を送り、さらには濃厚接触させた人から罵声を浴びたりするリスクを冒す人はかなり少ないのではないか。まあ怖くてしかたなくて、喉が痛いだけですぐに医者に検査して貰う、救急車呼べ!!!というのもそこそこはいるはずです。テレビしかみない高齢者とかですね。

実際、わたしだって37.5度位の熱が出て喉が痛くても解熱剤飲んだらすぐ元気になったら絶対医者なん行かないです。オミクロンはすぐ解熱するということです。Twitterで聞いてみました。

Isseki Nagae/永江一石 💉接種済💉さんのツイート: "あなたは今朝、喉が少し痛くて熱を測ったら37.8℃ありました。とりあえず解熱剤飲んだらすぐに下がりました。あなたはどうしますか。"

重症になるのが怖いので病院に行くという人は5%もいないのである。

Twitterなのでバイアスはかかっていると思うが、東京なら8割くらいがわざわざ検査にいかないのではないか。つまり本当は東京の新規陽性者は万単位でいるが検査を受けていない。自分の周囲にも先週に喉が痛くて微熱だった人はワサワサいます。

沖縄はオミクロンの初期だったのでマスコミに煽られて争って検査をしたし、まあ、リテラシーは高いほうではない。

そもそも沖縄県は検査陽性率も推移も発表していないので推測のしようがない(もしかしたらピークアウトしておらず、検査を回避した可能性もあるでしょ)。本当に沖縄のコロナ感染症サイトとか、職員が昔、ホームページビルダーで作ったのかのレベルです。

沖縄の陽性率は

コレ見ると行政検査では11.1%みたいですが他の検査の母数も把握していない模様。知事は仕事してんのか?強制検査より発熱外来にいって検査する保険診療のほうが高くなるでしょうから参考にもならない。

東京のピークはいつか

さて、みんなが感染して微熱は出ても重症化することは皆無だし、発覚したら家族や友人や出入りした店や職場に大迷惑ということで検査を回避するようになれば、そもそも実効再生産数や感染シミュレーション、そしてマンボウやら緊急事態宣言もすべて無意味です。だってもとになる感染者数が本当じゃないわけですからね。8割が診断を回避しているなら東京はすでに1日20000人以上の新規陽性がいるかもしれない。

危機管理は陽性者数ではなくて、はっきりしている重症者と死者で判断するしかないですね。その場合、必ず「ワクチン接種の有無」を発表してください。ワクチン未接種者の重症増加で、接種済みの行動制限がされるのは非合理で不平等です。

新規陽性者数のデータは何の役にも立たないという前提で、陽性率のみで非常にバカみたいな簡単な仮説を立ててみます。

いまの速度で陽性率が上昇しますと

デルタの時の最高が25%くらい。

それより感染力が強いとして30%までいくとすると、まああと1週間ですね。1週間で30%、10日で35%に達します。

まあ、今月中には東京は感染ピークアウトかな

と、思います。あくまでデルタよりも感染力が少し強い程度の場合です。
で、重症は何人かといいますと、沖縄は16000人に感染して重症0ですから、東京なら延べ16万人オミクロンに感染しても

16万×0人=0人

で0が何倍されても0です。

実際には数人は重症者があるので、周回遅れのデルタ感染か、基礎疾患がいっぱいある高齢者がオミクロンに感染したら重症になるかもしれませんが、こういう人はワクチンでも重症になるし、風邪でもなります。反ワクチンで肥満の方も確率は低いですが重症になるかもしれません。が、どうして健常者でワクチン打ってる人がこういう人のために行動を制限されたり解雇されたり、はたまた自殺しないといけないんでしょうか。マンボウとか本当に人気取りもいい加減にしてもらいたい。本当に各県知事ともバカが過ぎます。


編集部より:この記事は永江一石氏のブログ「More Access,More Fun!」2022年1月17の記事より転載させていただきました。