山上徹也容疑者の事件前の手紙:暗殺で教団に注目させようとした可能性も?

アゴラ編集部

安倍晋三元首相の銃撃事件で、殺人容疑で送検された山上徹也容疑者は事件前に、宗教団体を批判するブログを運営している男性に手紙を送っていたことが明らかになりました。

安倍氏は「苦々しいが…本来の敵でない」山上容疑者、岡山演説会に向かう途中で手紙投函か
安倍晋三・元首相(67)が奈良市で銃撃されて死亡した事件で、逮捕された山上徹也容疑者(41)が事件直前、岡山市内から、安倍氏の殺害を示唆する手紙を中国地方に住む男性に送っていたことがわかった。母親が入信した宗教団体「世

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への強い恨みがつづられています。

山上容疑者 NHKより

その手紙には、安倍元首相については「本来の敵ではない」「あくまでも現実世界で最も影響力のある統一教会シンパの一人に過ぎません」とも書かれてました。

また、「安倍の死がもたらす政治的意味、結果、 最早もはや それを考える余裕は私にはありません」との記述がありました。

犯人には、安倍元首相は本来のターゲットではなく、あくまで“手段”でしかなかった可能性が大きくなってきました。

アベガーやマスメディアが騒げば騒ぐほど、容疑者の狙いが達成されてしまいます。

また、世界平和統一家庭連合が、容疑者の母親に献金の一部である5000万円を返還した合意書が入っていました。

安倍氏は「苦々しいが…本来の敵でない」山上容疑者、岡山演説会に向かう途中で手紙投函か
安倍晋三・元首相(67)が奈良市で銃撃されて死亡した事件で、逮捕された山上徹也容疑者(41)が事件直前、岡山市内から、安倍氏の殺害を示唆する手紙を中国地方に住む男性に送っていたことがわかった。母親が入信した宗教団体「世

アベガーやマスメディアによって、世界平和統一家庭連合を追及しようとしていたのならば、山上容疑者の戦略は相当なものですが。。