日本は韓国のマイナンバー制度を丸ごと採用すべし

2020年05月07日 18:00

日本のテレビなどでは、韓国の新型コロナ対策は成功し、日本は失敗したとかいう議論が幅をきかし、しかも、それはPCR検査を韓国が多くやったからだと単純化されている。

韓国のドライブスルー方式のPCR検査(韓国保健福祉部YouTubeより)

そんな粗雑な議論するなら、日本では当初、PCR検査を抑制していたときは韓国に比べて蔓延が防がれ、検査数を多くしてからは感染者数も死亡者数も増えているのだから、感染の蔓延はPCR検査に原因があるという方が気が利いている(皮肉をいってるだけで冗談である)。

私は韓国はイタリアとともに2月に地獄を見たにもかかわらず、ここまで持ち直したのは、素晴らしいことは率直に認めるべきだと思う。ただ、その原因は、①「PCRの幅広い実施」もあったかもしれないが、それがどの程度に寄与したかは確証は誰もない。

むしろ、確実なのは、②「第一波だった中国由来の感染で韓国は大きな被害を受けたが、それは毒性の低いものだったので大事は至らず、それより毒性の強く世界的な大流行を招いたヨーロッパ発のウイルスによる感染の水際対策」に成功したことと、③「世界で最も厳格なマイナンバー制度を活用した感染経路の追跡などに成功し封じ込めた」ということだ。

このほかに、SARSの流行の経験が生かされたことと、徴兵制度に伴う医師などの動員体制の存在もあるが、それは、いちおう外しておこう。

PCRでなく水際規制とマイナンバー制度が韓国を守った

②については、日本より成功した理由はふたつある。ひとつは、韓国が2月の流行がゆえに欧米から出入国が好ましくない国に指定され数が少なかったことだ。もうひとつは、帰国者・入国者の足止めを強制し、違反を発見し、追跡し罰則を科する仕組みを持っており、それは、③もおおいに関係することだということだ。

ということで、やはり決め手は、厳格なマイナンバー制度に基づく国民監視制度の存在なのである。

韓国保健福祉部Facebookより

この問題はかねてより、私も含めた多くの識者から指摘されていたが、先日来、①『韓国は超厳格マイナンバー制で成功(新型コロナ)』と②『韓国が欧州発コロナ第二波を防げたのは怪我の功名』という日本の詳細な記事を書いて紹介したところ、非常に大きな反響をいただいた。

しかし、さっと読んでいただくには少し詳しすぎたのと、いただいた感想を反映したいので、要点をまとめた記事にしておきたいと思う。

まず、私の記事を読まれた読者の方で、何人か、非常に分かりやすい紹介の仕方をされている方がおられたので、それも採り入れて紹介してみたい。

マイナンバーカードに紐付けられている情報はなんなのか

それでは、写真、指紋、簡単に出生地や国籍も分かる番号が記載されている、韓国版マイナンバーカードに紐付けられるものはなんなのか。

2020年から新しくなった韓国の住民登録証(聯合ニュースTVより)

まず「全ての指の指紋」である。そして、「パスポート」「出入国記録」「クレジットカード(利用店情報を含む)」「医療保険」「診察券」「お薬手帳」「健康診断」「国民年金」「住民票」「戸籍」「徴兵の記録」。「運転免許証」「自動車登録」「不動産登記」「所得」「納税」「福祉制度の利用」「銀行口座」「携帯電話(位置情報を含む)」「インタネットの契約と接続」「有料放送加入」「高校・大学の出欠確認・成績証明・卒業証明」。

だから、①面倒な相続手続きも、被相続人の死亡届を出すだけで相続できる遺産、および相続税の額が通知されるし、②本人はなんの手続きしなくても、税金を多く納め過ぎたら自動的に還付されるし、③資格を満たしているのに福祉制度に申し込んでいない人には、行政から案内が来るし、④運転免許証発行の際の視力検査も、2年以内に区の健康診断を受けた人は不要なのである。また、⑤「飲食店での年齢確認」や⑥「各種ネットサイトの利用登録」にも不可欠である。

さらに韓国ではキャッシュレス比率が、なんと89.1%で、日本の18.4%はともかく、中国の60%、イギリスの54.9%、アメリカの45.0%、フランスの39.1%に比べても図抜けて多いのであるから、買い物や交通機関の履歴も丸裸なのである。ともかく、気持ち悪いと思う人もいたが、もう慣れてしまうとこれをやめて何度も役所に足を運んで費用をかけて手続きをするなんて考えにくいのである。

そして、今回の新型コロナウイルス対策では、これが「入国後14日間自己隔離期間中の健康管理と位置情報」「マスク購入制限(重複購入防止)」にも使われた。

入国者はQRコードをスマートフォンで読み込み、「自己隔離者安全保護」アプリをインストールさせられ、症状がない人もPCR検査を入国後24時間以内に受けるように命令され、14日間の自己隔離中は毎日体温などを図り、専用アプリに報告する義務を課せられている。自己隔離対象者が隔離場所から勝手に動くと、警報音が鳴らされ、1年以下の懲役または1,000万ウォン以下の罰金が科せられる。滞在ホテルはもちろん有料だ。

韓国外務省サイトより

読者の感想から

『韓国の新型コロナ対策は、PCR検査の徹底で成功したのではない。マイナンバー制度を先行していた欧州諸国などとも比較にならないくらい、プライバシーも何もない超厳格運用しての成功だ。こんなことするくらいなら、ちょっとくらい新型コロナウイルスが蔓延するくらい我慢するかとも思うし、文在寅政権がこんな個人情報をもって国民を丸裸にしているのは恐ろしいがともかく凄い』

『ボロ負けな部分は腹立たしいでしょうが日本も見習う必要あります。』

『韓国凄いよ!俺は絶対住みたくないけれど。』

『PCRが少なくても、日本人に生まれて良かった(笑)』

そして、ここも大事なのだが、

『個人情報云々でマイナンバー制度を批判する人々がいるが、そうした人々は何かしら日本人として後ろめたいものを持っているのでは?と邪推してしまう』

『マイナンバーカードの強化に反対する人は在日の方とかそれと繋がりが強い人とか一緒に行動している人が多いんだよね』

『よし日本も韓国を見習おう。新型コロナウイルス封じ込めにも威力を発揮するんだから、文句ないよね😀韓国ガーの皆さん』

なんていうのもあった。

韓国の制度をそのまま導入することを基本に引き算で制度構築を

私はこの際、韓国の制度をまるごと導入することを提案したい。そもそも、新しい制度を導入するときには、どこかの国の制度をそのまま持ってくると効率がいい。なぜなら、システムを構成する要素はすべてが関連したものだから、つまみ食いだとバグが起きるからだ。

しかも、幸いに韓国の諸制度は日本から引き継いだり戦後も真似たものが多いので、日本法制度とも整合性も高い。

韓国保健福祉部Facebookより

といってもこの余りにも国家統制主義的な制度には日本人としても我慢できないものもあるが、それは、そのまま導入することを基本としつつ、どこの箇所はどうしても嫌だということを損得しっかり議論して、引き算で対処すればいい。

日韓友好のシンボルに

韓国の制度を日本がまねて導入するとしたら、韓国の人々にも大いに誇りとしてもらえ、喜んでもらえ、日韓友好に大いに資するものと思う。

まさか、アベノセイダーズの人たちは、安倍政権は信用できないからダメなんていわないでしょうね。韓国のこの制度は、保守政権のときも、金大中、盧武鉉、文在寅の革新性のときも変わらず使われてるのですよといいたい。

反対するなら、新型コロナウイルスの第二波、第三波の流行があったときに何百万人も殺すウイルス・テロ狙ってるのですかといいたい。

※クリックするとAmazonページに飛びます

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

過去の記事

ページの先頭に戻る↑