日テレ4月期ドラマ『たーたん』が制作見送り:理由は原作の改変のしすぎか?

日本テレビは21日、4月期に放送予定だった小学館の漫画を原作としたドラマ『たーたん』について制作見送りを決定しました。ドラマ『セクシー田中さん』原作者で漫画家の芦原妃名子さんが急死した事件と関連しているとみられています。

日本テレビ社屋 Wikipediaより

「セクシー田中さん」原作者 芦原妃名子さんが自殺:日テレの対応に疑問の声も
日本テレビが昨年、放送した日曜ドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さんが死去していたことが分かりました。自殺とみられています。 芦原さん原作の「セクシー田中さん」は去年10月から日本テレビ系列でドラマ化されて...

『たーたん』は『セクシー田中さん』と同じ制作チームが携わっていたとのことです。

 

小学館と日テレで激論が交わされ、21日になって“ドラマの制作中止”がスタッフに告げられたそうです。

『たーたん』原作では女優が飛び降りるシーンをドラマでは漫画家が飛び降りるシーンに改変するなどかなり疑問の残る変更が多く見られるようです。

出演者もかわいそうという声が広く聞かれます。

これだけ大きな取り上げ方をされても、いまだにドラマのプロデューサーは公の場での説明をしていません

組織をあげて謝ったら死ぬ病に感染しているのでしょうか・・・。

関連記事