「 八幡 」の検索結果を表示中:656件

  • 古代において、「朝鮮半島南部は日本領であった」という事実、この事実を端的に証明して見せる本が刊行された。12月24日刊行の『韓国と日本がわかる 最強の韓国史』(扶桑社新書)である。 韓国と日本がわかる最強の韓国史 (扶桑...(2017年12月31日)
  • 海外10大ニュース ①トランプ大統領のアメリカ第一主義 ②トランプ大統領の就任とアメリカ政治の混乱 ③北朝鮮危機と文在寅親北政権誕生 ④過去のセクハラのてきはつが拡大 ⑤シリア・イラクでISがほぼ壊滅 ⑥サウジアラビアで...(2017年12月22日)
  • ネットメディアが論壇の主流となり新聞などが追っかけることはトランプ大統領のツイッターで顕著になっているが、日本でもだんだんそうなってきた。さきごろは、私と文科省出身の寺脇研氏との官僚OB対決が記事になったが、こんどは、山...(2017年07月13日)
  • 産経新聞の電子版が「【加計学園問題】元文科官僚の寺脇研氏の書き込みに反論 評論家の八幡和郎氏「こんな考え方は岩盤規制の権化である前川氏や寺脇氏などごく少数…」という見出しで報じ、それをハフィントンポストでも「寺脇研氏 v...(2017年06月28日)
  • 八幡和郎さんの意見に賛成である。「太平洋戦争」という名称には日米戦争を中心にするバイアスがあり、最大の戦場だった中国大陸を無視しているのでよくない。他方これを「15年戦争」と呼ぶのも、バラバラの戦争を一貫した「侵略戦争」...(2017年02月18日)
  • アゴラチャンネルにて池田信夫さんのVlog、「蓮舫問題なぜこじれたか?」を公開しました。 本日は特別企画による「緊急対談」。 徳島文理大学教授の八幡和郎さんをゲストに迎え、連日の蓮舫氏による二重国籍問題について議論します...(2016年09月09日)
  • 先回の私の記事に対し、八幡さんから詳細なコメントを頂いたので、感謝の意を表すると共に、それに対する私のコメントを返そうと思ったのですが、何故か新しいシステムが私のメールアドレスを受け付けてくれず、やむなく新たな投稿という...(2016年04月04日)
  • ※写真は佐賀県・吉野ケ里公園(筆者撮影) 古代史は知的な興味をそそる大変面白い分野だが、現代の日本を考える上でそんなに重要なファクターであるわけでもない。私も古代史は好きだが、アゴラで頻繁に扱う程の題材とは考えていない。...(2016年04月03日)
  • 関西電力高浜原発の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定をめぐり、関電の八木誠社長が「上級審で逆転勝訴した場合、(申し立てた住民への)損害賠償請求は検討の対象になりうる」と発言した。 それに対して、仮処分を申し立てた住...(2016年03月23日)
  • ヌスラ戦線に拘束されているといわれる安田さんについて、国は身代金を払っても解放させるべきだという意見もあれば、勝手に危険地域に行ったのだから放っておけという人もいて世論が二分されている観がある。 しかし、正しい回答は明白...(2016年03月22日)
  • 共産党は野党共闘で勢力拡大を狙うが…(赤旗より、アゴラ編集部) 単純です。もともと、小選挙区での擁立を大幅に減らしたかったので、安保法制反対での共闘をその口実に使っているだけです。つまり、渡りに舟なのです。ところが、民進...(2016年03月18日)
  • このままでは世界は壊れてしまうと憂鬱になるようなニュースが、昨日、今日と内外で続いている。保守派からの攻撃も、左派からの逆噴射も両方あるが、合い言葉は破壊だ。 ①ハワイなどの大統領選挙予備選で共和党幹部の猛非難をかわして...(2016年03月10日)
  • ▲党名を募集も、世論調査で多数に期待されず…(民主党サイトより、アゴラ編集部) 現在の政権より民主党政権がベターだったと思う人は国民のなかでかなり少数派だと思う。だからこそ、民主党にはいまの政権は民主党政権よりベターかも...(2016年03月08日)
  • 2月11日の「建国記念の日」に因んで、私は「日韓関係に関連した建国記念の日の意義」と題する小論を2月16日付のアゴラに掲載させて頂いたが、あまり読んで貰えなかった様だし、「いいね」と言って下さったのは2人に過ぎなかった。...(2016年03月06日)
  • トランプ旋風は留まるところを知らず、共和党系エスタブリッシュメントでもロムニー前大統領候補のように猛然と攻撃に回る人もいるが、トランプ支持に回る議員も出てきて情勢は複雑だ。 こうなってくると、日本も余り歓迎するべき大統領...(2016年03月05日)
  • ▲古代朝鮮の勢力構図(Wikipediaより、アゴラ編集部) 日韓慰安婦問題で痛感したのは、日本人がしっかりと歴史について日本国家としての言い分を理解していないから、相手国の一方的な主張に惑わされてとんでもないことになる...(2016年03月03日)
  • ▲人口減少時代に相応しい議席数とは(首相官邸HPより) 2015年国勢調査の速報値で日本全体として人口減に転じたことは、真の国難であり、第二の敗戦といって良いくらいだ。それとともに、今回の数字で、衆院議長の諮問機関「衆院...(2016年02月28日)
  • 民主党は維新の党との合流を承認するとともに3月の合流時に他の野党にも結集を呼びかける方針を固めたそうだ。 しかし、小沢一郎が参加した党がこれまでどうなったか知らないわけであるまい。そして、みんなの党と維新の党に参加しなが...(2016年02月26日)
  • ▲混迷したイラクの戦後処理の教訓をどう生かす(アゴラ編集部) 旧支配層の追放とか処罰は、正義という観点から一理あるし、戦争や暴政を抑制する予防措置になるという理屈もある。しかし、排除したいような体制が崩壊回避へ過度の抵抗...(2016年02月25日)
  • ▲EU残留の是非を問う国民投票実施を発表するキャメロン首相(英国首相官邸公式サイトより、アゴラ編集部) EU(欧州連合)と英国の合意が成立し、6月23日に英国のEU残留の是非を問う国民投票が行われるが、EUにとってあまり...(2016年02月21日)
  • ▲まさかの大統領就任はあるのか?(Wikipediaより、アゴラ編集部) あの2人が大統領ならプーチンと友好路線を取るはず 日本人は、トランプやサンダースが大統領になる可能性は少ないという分析を聞くと安心するが、いまや、...(2016年02月18日)
  • 言論プラットフォーム「アゴラ」執筆陣に、評論家・歴史作家の八幡和郎さん(徳島文理大学大学院教授)が新たに参加することが決まりましたのでお知らせします。 八幡さんは1951年、滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業後、通商産業省...(2016年02月18日)
  • 2年半前の震災以降、家の近くにある八幡さんに、朝お参りするのが日課になりました。前を通って出かけるときには、晴れた日も雨の日も、鳥居の前に立って、二礼二拍手一礼。頭を垂れながら、平和な世界と家族や大切な人の安全と健康を願...(2013年10月21日)
  • 韓国の文在寅大統領が南北の平和と夢の統一に貢献できる大統領で、ノーベル賞に値するなどと言う人はものを分かっていないということは、「朝鮮半島と日本国益」でも説明したところだ。 しかし、文在寅は日本にとっても世界にとっても良...(2018年05月20日)
  • 夕刊フジに、「 朝鮮半島と日本の国益」という連載をした。本稿はその内容を大幅に加筆したものだ。 ①「核武装した統一朝鮮」したら第9条はほとんど空文化~偽リベラルは能天気だが 米朝首脳会談が6月12日、シンガポールで開かれ...(2018年05月19日)
  • アメリカのイランとの核合意破棄は、ヨーロッパにとっては災難だが、北朝鮮情勢をかかえるアジアのためには大歓迎する。 北朝鮮とのあいだでの核合意について、リビア方式で徹底するべしといわれている。それに対して、北朝鮮はイランの...(2018年05月09日)
  • Thank you, Ichiro. The Mariners legend is transitioning to a front-office role, effective today. pic.twitter.c...(2018年05月04日)
  • “偽リベラル”勢力が都内で開いた集会で、立憲民主党の枝野代表は、「数の力だけで押し切ってはいけないことを決めているのが憲法だ。憲法をないがしろにするゆがんだ権力を1日も早くまっとうなものに変えていくため、多くの市民や他の...(2018年05月03日)
  • 南北声明は予想されたとおり空っぽで何もない。しかし、金正恩が夫人の李雪主や妹の李与正を伴い、また、彼女たちがものをいっているのは、金正恩が世界からどう見られるかをよく意識しているということであり、希望が持てる。かつてゴル...(2018年04月29日)
  • 偽リベラルは、世界のリベラルの常識に反する主張を山ほどしている。 ①マイナンバーのような国民を番号によって一元的に管理し、脱税などを防ぐとか、公的な身分証明書の携帯や提示を義務化する。というのがリベラルや左派の主張で、嫌...(2018年04月28日)
  • 「側(サイド)」という言葉が変な使い方されているようだ。貴ノ岩問題のときは貴ノ岩は被害者だが、貴乃花親方についてまで、「被害者側」だから批判されるのはおかしいという馬鹿がいたが、貴乃花もまた貴ノ岩に対する加害者でもあった...(2018年04月24日)
  • 『誤解だらけの皇位継承の真実』(イースト新書)では、平成になってから皇室で起きた問題の総括もしているが、その結びに以下のように書いた。 眞子様騒動のとき、一般国民は婚約の前に宮内庁が身元調査をしたはずだから大丈夫と思った...(2018年04月23日)
  • フランスのテレビ・ニュースで、「セクハラといわれないもっとも基本的なことは、嫌だと言われたことを繰り返さないことだ」といっていた。少なくとも欧米では、嫌なら嫌という。言わなければ承諾したと見られかねないからだ。 占領中の...(2018年04月22日)
  • フランスで、オランド大統領のもとで首相をつとめていたマニュエル・ヴァルスが、なんとスペインのバルセロナ市長選挙に立候補するつもりらしい。支持するのは第四戦力のシウダノス(市民党)である。 ヴァルスはカタルーニャ系スペイン...(2018年04月22日)
  • 金正恩がもはや核兵器もICBMもいらないので核実験場も廃棄すると演説。これは、率直に歓迎すべきだ。 金正恩の声明について、慎重な見方がひろがっているし、以下の小野寺防衛相の見解も当然だ。しかし、会談の出発点が核開発の凍結...(2018年04月21日)
  • 福田次官セクハラ事件はまことにつまらない問題だが、これだけ話題になっており、また、ネットに強い人とそうでない人で情報格差がひどいので、少しまとめておきたい。 まず、福田次官は辞職を決めたので今更だが、本件について私は、福...(2018年04月20日)
1 / 19123»»

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑