「 八幡 」の検索結果を表示中:578件

  • 古代において、「朝鮮半島南部は日本領であった」という事実、この事実を端的に証明して見せる本が刊行された。12月24日刊行の『韓国と日本がわかる 最強の韓国史』(扶桑社新書)である。 韓国と日本がわかる最強の韓国史 (扶桑...(2017年12月31日)
  • 海外10大ニュース ①トランプ大統領のアメリカ第一主義 ②トランプ大統領の就任とアメリカ政治の混乱 ③北朝鮮危機と文在寅親北政権誕生 ④過去のセクハラのてきはつが拡大 ⑤シリア・イラクでISがほぼ壊滅 ⑥サウジアラビアで...(2017年12月22日)
  • ネットメディアが論壇の主流となり新聞などが追っかけることはトランプ大統領のツイッターで顕著になっているが、日本でもだんだんそうなってきた。さきごろは、私と文科省出身の寺脇研氏との官僚OB対決が記事になったが、こんどは、山...(2017年07月13日)
  • 産経新聞の電子版が「【加計学園問題】元文科官僚の寺脇研氏の書き込みに反論 評論家の八幡和郎氏「こんな考え方は岩盤規制の権化である前川氏や寺脇氏などごく少数…」という見出しで報じ、それをハフィントンポストでも「寺脇研氏 v...(2017年06月28日)
  • 八幡和郎さんの意見に賛成である。「太平洋戦争」という名称には日米戦争を中心にするバイアスがあり、最大の戦場だった中国大陸を無視しているのでよくない。他方これを「15年戦争」と呼ぶのも、バラバラの戦争を一貫した「侵略戦争」...(2017年02月18日)
  • アゴラチャンネルにて池田信夫さんのVlog、「蓮舫問題なぜこじれたか?」を公開しました。 本日は特別企画による「緊急対談」。 徳島文理大学教授の八幡和郎さんをゲストに迎え、連日の蓮舫氏による二重国籍問題について議論します...(2016年09月09日)
  • 先回の私の記事に対し、八幡さんから詳細なコメントを頂いたので、感謝の意を表すると共に、それに対する私のコメントを返そうと思ったのですが、何故か新しいシステムが私のメールアドレスを受け付けてくれず、やむなく新たな投稿という...(2016年04月04日)
  • ※写真は佐賀県・吉野ケ里公園(筆者撮影) 古代史は知的な興味をそそる大変面白い分野だが、現代の日本を考える上でそんなに重要なファクターであるわけでもない。私も古代史は好きだが、アゴラで頻繁に扱う程の題材とは考えていない。...(2016年04月03日)
  • 関西電力高浜原発の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定をめぐり、関電の八木誠社長が「上級審で逆転勝訴した場合、(申し立てた住民への)損害賠償請求は検討の対象になりうる」と発言した。 それに対して、仮処分を申し立てた住...(2016年03月23日)
  • ヌスラ戦線に拘束されているといわれる安田さんについて、国は身代金を払っても解放させるべきだという意見もあれば、勝手に危険地域に行ったのだから放っておけという人もいて世論が二分されている観がある。 しかし、正しい回答は明白...(2016年03月22日)
  • 共産党は野党共闘で勢力拡大を狙うが…(赤旗より、アゴラ編集部) 単純です。もともと、小選挙区での擁立を大幅に減らしたかったので、安保法制反対での共闘をその口実に使っているだけです。つまり、渡りに舟なのです。ところが、民進...(2016年03月18日)
  • このままでは世界は壊れてしまうと憂鬱になるようなニュースが、昨日、今日と内外で続いている。保守派からの攻撃も、左派からの逆噴射も両方あるが、合い言葉は破壊だ。 ①ハワイなどの大統領選挙予備選で共和党幹部の猛非難をかわして...(2016年03月10日)
  • ▲党名を募集も、世論調査で多数に期待されず…(民主党サイトより、アゴラ編集部) 現在の政権より民主党政権がベターだったと思う人は国民のなかでかなり少数派だと思う。だからこそ、民主党にはいまの政権は民主党政権よりベターかも...(2016年03月08日)
  • 2月11日の「建国記念の日」に因んで、私は「日韓関係に関連した建国記念の日の意義」と題する小論を2月16日付のアゴラに掲載させて頂いたが、あまり読んで貰えなかった様だし、「いいね」と言って下さったのは2人に過ぎなかった。...(2016年03月06日)
  • トランプ旋風は留まるところを知らず、共和党系エスタブリッシュメントでもロムニー前大統領候補のように猛然と攻撃に回る人もいるが、トランプ支持に回る議員も出てきて情勢は複雑だ。 こうなってくると、日本も余り歓迎するべき大統領...(2016年03月05日)
  • ▲古代朝鮮の勢力構図(Wikipediaより、アゴラ編集部) 日韓慰安婦問題で痛感したのは、日本人がしっかりと歴史について日本国家としての言い分を理解していないから、相手国の一方的な主張に惑わされてとんでもないことになる...(2016年03月03日)
  • ▲人口減少時代に相応しい議席数とは(首相官邸HPより) 2015年国勢調査の速報値で日本全体として人口減に転じたことは、真の国難であり、第二の敗戦といって良いくらいだ。それとともに、今回の数字で、衆院議長の諮問機関「衆院...(2016年02月28日)
  • 民主党は維新の党との合流を承認するとともに3月の合流時に他の野党にも結集を呼びかける方針を固めたそうだ。 しかし、小沢一郎が参加した党がこれまでどうなったか知らないわけであるまい。そして、みんなの党と維新の党に参加しなが...(2016年02月26日)
  • ▲混迷したイラクの戦後処理の教訓をどう生かす(アゴラ編集部) 旧支配層の追放とか処罰は、正義という観点から一理あるし、戦争や暴政を抑制する予防措置になるという理屈もある。しかし、排除したいような体制が崩壊回避へ過度の抵抗...(2016年02月25日)
  • ▲EU残留の是非を問う国民投票実施を発表するキャメロン首相(英国首相官邸公式サイトより、アゴラ編集部) EU(欧州連合)と英国の合意が成立し、6月23日に英国のEU残留の是非を問う国民投票が行われるが、EUにとってあまり...(2016年02月21日)
  • ▲まさかの大統領就任はあるのか?(Wikipediaより、アゴラ編集部) あの2人が大統領ならプーチンと友好路線を取るはず 日本人は、トランプやサンダースが大統領になる可能性は少ないという分析を聞くと安心するが、いまや、...(2016年02月18日)
  • 言論プラットフォーム「アゴラ」執筆陣に、評論家・歴史作家の八幡和郎さん(徳島文理大学大学院教授)が新たに参加することが決まりましたのでお知らせします。 八幡さんは1951年、滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業後、通商産業省...(2016年02月18日)
  • 2年半前の震災以降、家の近くにある八幡さんに、朝お参りするのが日課になりました。前を通って出かけるときには、晴れた日も雨の日も、鳥居の前に立って、二礼二拍手一礼。頭を垂れながら、平和な世界と家族や大切な人の安全と健康を願...(2013年10月21日)
  • 守礼門は中国皇帝への忠誠のシンボル ウーマンラッシュアワー村本大輔氏の“妄言”から沖縄と中国の関係について議論が盛んだが。こんなことが起こるのも日本の教育のなかで国の歴史をきちんと教えていないからだ。もう日本史は社会科か...(2018年01月17日)
  • NHK大河ドラマ「西郷どん」が始まって、この謎めいた人物について人格者かどうかとか、偉人といえるかなど議論が百出している。 そこで、「『篤姫』と島津・徳川の五百年 日本でいちばん長く成功した二つの家の物語 」(講談社文庫...(2018年01月16日)
  • SAPIO2018年1・2月号に仲井眞弘多・前沖縄県知事の「活動家と化した翁長君へ」と題するインタビューが掲載されている。 「一体、沖縄をどうしようとするのか、この人物は意味不明。私の承認手続に瑕疵がなかったことは最高裁...(2018年01月14日)
  • 日本人、とくに保守系の人は「韓国は中国の属国だった」というようなことをよくいう。しかし、そのわりには、正確な意味と経緯を知らないので困るのである。あげくのはては、「日本も遣唐使とか派遣していたから同じではないか」と反論さ...(2018年01月14日)
  • 韓国・朝鮮国家は歴史的に非常に巧妙に拡大を続けてきたが、そのことを中国人はよく理解しているが、日本人は無警戒に過ぎる。そのあたりも『韓国と日本がわかる 最強の韓国史』(扶桑社新書)で扱ったので少し紹介しよう。 朝鮮半島と...(2018年01月13日)
  • 「大政奉還の時に271藩なのに廃藩置県は261藩の謎」で、『消えた江戸300藩の謎』(イースト新書Q)で扱った藩の数をどう数えるというテーマについて論じた。 今度は、藩の名前の話を少ししておこう。 藩というのが正式の行政...(2018年01月12日)
  • アイルランド大統領が、初めてイギリスを公式訪問したのは2014年のことだ。1922年に自治が認められてから92年目のことである(正式独立は1937年)。2011年のエリザベス女王のアイルランド訪問に続くこの訪問で両国は、...(2018年01月10日)
  • 江戸300藩というが、正確な数を数えるのはたいへん難しい作業だ。なにしろ、藩というものは、江戸時代には正式の制度でも名称でもなかったのであって、明治2年(1869年)に創設された制度である。 幕末には、明治2年に藩として...(2018年01月08日)
  • 「リテラ」という朝日新聞別働隊チックな電子メディア(朝日新聞と経営的には関係なし。内容的には朝日新聞的な偽リベラル的論理をご本家のように言葉のお化粧で本音を隠すことなく分かりやすく書いていて楽しいメディアだ)が1月4日に...(2018年01月07日)
  • 憲法第9条で平和が守られるかどうかは、絶え間ない論争の種だが、いちばん、困ったことは、そのときどきの解釈のままで大丈夫である条件がきちんと設定されていないので、前提条件が失われても改正されたり、解釈が速やかに変更されない...(2018年01月07日)
  • 力士としての貴乃花のユニークな発想と行動は、天才にありがちなものとして微笑ましくもあったが、経営者としての親方、あるいは公益法人理事としては失格であって、それを正義の味方とか改革者がごとく、甘やかす提灯持ちがいることが本...(2018年01月05日)
  • 「帰化人」と「渡来人」について、質問がFacebookで寄せられた。この問題は、『韓国と日本がわかる 最強の韓国史』(扶桑社新書)でも扱ったところなので、まとめておく。 日本語の帰化人という言葉は『古代にあって、国家統一...(2018年01月03日)
  • 拙著『韓国と日本がわかる 最強の韓国史』(扶桑社新書)をお読みになった歴史家の宇山卓栄氏から、論評と質問をいただいた。宇山氏は、大阪在住で大手予備校の名物講師として活躍され、『「三国志」からリーダーの生き方を学ぶ』(三笠...(2018年01月01日)
1 / 17123»»

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑