呉座勇一氏のオープンレター問題再炎上: お粗末なこの問題、悪しきキャンセルカルチャーを許すな

アゴラ編集部

呉座勇一氏に対する「オープンレター」に関して、署名した記憶がない人たちが、署名に名前を書かれていたということが明らかになりました。さらに、北村紗衣氏から「オープンレター」の経緯を批判する人たちの「職場」へ、内容証明郵便が送られていたことも分かりました。

研究・教育・言論・メディアにかかわるすべての人へ公開されてしまったオープンレター

そもそも名前を載せた記憶がないという人が出てきました。

さらに、「オープンレター」を批判したことによって、勤務先を割り出され、北村氏から勤務先の大学に内容署名郵便が送られてきて、圧力をかけられるという非常勤講師の方の証言も出てきました。

また、署名に名を連ねた小池裕敏氏が、「オープンレター」への賛同の撤回と謝罪というブログを公開しています。

「オープンレター」への賛同の撤回と謝罪|こいひろ(小池裕敏)【⋈】|note
 私、こいひろこと小池裕敏は、キャンセル・カルチャーに加担し呉座勇一氏を始めとする研究者の方々に御迷惑をおかけした「オープンレター」 女性差別的な文化を脱するために 研究・教育・言論・メディアにかかわるすべての人へ  先日、著名な日本史研究者である呉座勇一氏が、大河ドラマの時代考証か sites.g...

各方面で、今回の「オープンレター」の看過できない大きな問題点が指摘されています。

https://twitter.com/ogino_otaku/status/1483385289498570757

オープンレターに賛同した人たちも、防衛に走っていますが、説得力はないようです。

その言い訳も、かなり無理が出てきています。

日文研の判断や、この問題の顛末は、社会的に大きく注目されるべきです。

【訂正】最初のバージョンで、呉座氏と北村氏の和解について事実誤認がありました。その記述を削除しておわびします。

【関連記事】
「言い逃げ」的なネット文化を脱するために:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える①
「言い逃げ」的なネット文化を脱するために:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える②
嶋理人さんへの警鐘:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える③
専門家を名乗る学者が起こす「専門禍」:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える④
北村紗衣氏の「事実誤認」についての疑問:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える⑤
北村紗衣氏の「指摘」に応える:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える⑥
SNS言論人の典型北村紗衣氏を論ず:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える⑦
オープンレターがリンチになった日:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える⑧
オープンレターを書いたのは「誰」なのか:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える⑨
歴史学者はいかに過去を捏造するのか:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える⑩
キャンセル・カルチャーの論理と心理:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える⑪
まとめと論点整理:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える⑫
オープンレター・ディストピアを排す:呉座勇一氏の日文研「解職」訴訟から考える・完