「 藤原かずえ 」の検索結果を表示中:57件

  • 最近、慰安婦財団解散・自衛艦旗自粛要求・韓国議員団竹島上陸・徴用工賠償判決・レーダー照射・天皇謝罪要求・日本海改称要求・東日本水産物禁輸など、日本は韓国から不快な行為や理不尽な要求を一方的に受けています。 最近の日本と韓...(2019年06月16日)
  • 大津園児死亡事故は本当に悲惨な出来事であり、被害に遭われた原田優衣ちゃんと伊藤雅宮ちゃんのご冥福を祈るとともに、ご遺族を始めとした関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げる次第です。 さて、この事故の報道におけるマスメディア...(2019年05月13日)
  • 皇位継承が近づいた今、この記事では今回の皇位継承の儀式について分析した上で、皇位継承の本質的な論点について考えたいと思います。 皇位継承の儀式は、悠久の過去から日本に秩序を与えた原始宗教の価値観を表現したものです。長期に...(2019年04月30日)
  • 今上陛下が平成31年4月30日に譲位され、5月1日に皇太子殿下が即位されて令和に改元される時も近づいた今、[過去記事]の一部を再掲しながら、天皇の譲位について考えてみたいと思います。 日本国の主権者である日本国民のアイデ...(2019年04月21日)
  • 近年、視聴率低迷にあえいでいたフジテレビが、とくに苦戦していた報道番組で起死回生の策を試みたようだ。昨年4月に放送開始したばかりだった日曜朝の『報道プライムサンデー』(以下、報プラ)を1年で打ち切り、7日から『日曜報道 ...(2019年04月06日)
  • 年度末も残すところ3日となった。週明けには新元号が発表されるというこの頃、先に告知をしておくと、今夜10時から言論テレビで、月刊Hanadaの花田紀凱編集長が司会の番組にひさびさに出演する。テーマは「望月衣塑子記者が目に...(2019年03月29日)
  • 日本の報道の画一性の源泉はマスメディアによる事案の【ステレオタイプ化 stereotyping】にあります。例えば政治報道におけるステレオタイプとしては「日本を戦争に導くために独裁を強める首相官邸」「権益をむさぼる腐敗閣...(2019年03月24日)
  • 辺野古埋め立てを問う沖縄県民投票においては、有権者の37.65%が埋め立て反対の意見を示しました。この結果に対し、安倍首相は「結果を真摯に受け止め、これからも基地負担軽減に向けて全力で取り組む」という見解を示しました。こ...(2019年02月27日)
  • 観艦式における旭日旗禁止事案、慰安婦財団解散事案、いわゆる「徴用工」訴訟事案、レーダー照射事案など、韓国政府の日本に対する極めて理不尽な行動が顕在化しています。韓国がこのような異常な行動を選択するメンタリティは一見理解不...(2019年01月28日)
  • 明けましておめでとうございます。きょうは言論プラットフォーム「アゴラ」が2009年1月1日にスタートしてから、ちょうど10年になります。これは日本初の複数アカウントによるブログとして、ライブドアブログの協力で始めたもので...(2019年01月01日)
  • 米軍のキャンプ・シュワブ基地(辺野古)の敷地内に滑走路を建設して「世界一危険な基地」と呼ばれる普天間基地から飛行場を移転する「辺野古移転」は、米軍の制約条件の下で普天間基地周辺の安全を確保できる唯一の方策であり、沖縄県・...(2018年12月24日)
  • 2018年11月25日のTBS『サンデーモーニング』の「風をよむ ゴーン容疑者とグローバル化」という特集で、司会の関口宏氏が「情報が進めば進むほどグローバル化していくことは仕方がないことかもしれないが、日本の良さが壊され...(2018年11月28日)
  • 2018年10月26日発売の『月刊Hanada』12月号の総力大特集「『新潮45』と言論の自由」で、LGBT事案の核心部分について論理的に分析しましたが、当該事案において言論空間を歪める最大の原動力となっているのが、「沈...(2018年10月31日)
  • 10月24日に臨時国会が召集される見通しとなった。新たに誕生した第4次安倍内閣が初めて迎える今国会では、災害復旧補正予算や外国人就労拡大に関する法案のほか、自民党の憲法改正案の提出が注目されるところである。(NHK NE...(2018年10月18日)
  • 2018年9月後半に自民党総裁選挙(9月20日開票)と沖縄県知事選挙(9月30日開票)という話題を集めた選挙がありました。2つの選挙に共通していることは、事実上一騎打ちであり、マスメディアが、一方の候補を「力でねじ伏せる...(2018年10月05日)
  • 首相を事実上決める自民党総裁選で石破茂候補は自らを「正直・公正」と評価し、これをスローガンにして選挙に臨みました。これは、自らの【人格 personality】を【偶像化 idolization】し、有権者に対する【対人...(2018年09月28日)
  • アゴラチャンネルにてアゴラ編集長・新田哲史のVlog、「野党の害は何か?」を公開しました。 自民党総裁選、沖縄県知事選の陰で、いまの野党のあり方を問う出版物が相次いで刊行されています。 アゴラでおなじみ藤原かずえさんの出...(2018年09月19日)
  • この9月27日にワニブックスさんから単行本を出させていただくことになりました。 この春、アゴラ編集長の新田哲史さんにワニブックス編集長の岩尾雅彦さんをご紹介いただき、執筆の運びとなりました。 本書は、2018年春に日本を...(2018年09月18日)
  • 前記事の[オウム信者の行動メカニズムはまだ未解明とする愚論]においては、オウム教団の謎とされる次の3点の行動について、【同調 comformiy】【集団浅慮 groupthink bias】【服従 obedience】と...(2018年08月01日)
  • 2018年7月6日、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ら7人のオウム真理教関係者の死刑が執行された中、その前後で特定のマスメディアや自称知識人が、オウム事件の真相は明らかになっていないとして、司法の死刑執行を批判しています。 ...(2018年07月11日)
  • 検察によって公文書改竄問題に対する法的判断が示され財務省内の処分が行われた流れの中で、安倍政権の内閣支持率は回復する傾向にあります。また自民党の政党支持率も顕著な回復が認められ、2018年6月のANN世論調査における各政...(2018年07月02日)
  • 2018年5月30日に開催された約1年半ぶりの党首討論において、「国家の基本政策」について議論するとしていた立憲民主党の枝野幸男代表が安倍首相(与党党首)に浴びせた質問は、「国家の基本政策」とは程遠いモリカケ問題のみでし...(2018年06月07日)
  • 2018年5月10日の柳瀬唯夫元首相秘書官の参考人招致においては、柳瀬氏が加計学園・愛媛県・今治市の一行と面会したことが明らかになりました。ただ、面会したことが事実認定されたところで、そのことが国家戦略特区の獣医学部新設...(2018年05月19日)
  • 「12のゼロ」を公約に掲げた希望の党が最初で最後に実現したゼロは、公約には掲げられていなかった「支持率ゼロ」でした(笑)。結党当初は第二の大型保守政党が誕生するという期待の下に保守層を取り込んだ希望の党でしたが、その中身...(2018年05月02日)
  • 福田次官セクハラ事件はまことにつまらない問題だが、これだけ話題になっており、また、ネットに強い人とそうでない人で情報格差がひどいので、少しまとめておきたい。 まず、福田次官は辞職を決めたので今更だが、本件について私は、福...(2018年04月20日)
  • テレビ朝日は、2017年4月18日深夜に緊急記者会見を行い、テレビ朝日の女性記者が財務省福田事務次官のセクハラの被害者であることを認めました。 テレビ朝日・篠塚浩取締役報道局長(2017年4月18日) 週刊新潮で報じられ...(2018年04月20日)
  • 2018年3月27日に行われた佐川宣寿元理財局長の証人喚問では、行政文書の書き換えが財務省理財局の内部では行われたという証言が得られましたが、野党やマスメディアはこの証言を完全否定して「より疑惑が深まった」と口を揃えまし...(2018年04月06日)
  • 森友問題に関する官僚の国会答弁に整合するように行政が行政文書を書き換えたことは、法に従う民主主義を脅かす危険な行為です。行政がこのようなケースを再発しないよう、司法と立法は、書き換えの時系列・関与した人物・指示命令系統等...(2018年03月20日)
  • 現在の北朝鮮の戦略的課題は、(1)核兵器完成までの時間稼ぎ、(2)経済制裁の早期解除、(3)日米韓同盟の分断であることは自明であり、これらの戦略的課題の解決のために行っているのが平昌五輪で展開している「微笑み外交 smi...(2018年02月23日)
  • 喫緊の課題が山積する中、今年も通常国会が開会し、野党による森友・加計問題を中心とする政権スキャンダルの追及が始まりました。この野党の主張をマスメディアが一方的に報道し、再び昨年と同じような非生産的な国会が再現されようとし...(2018年02月06日)
  • 明治満150年の2018年のNHK大河ドラマは、明治維新期に日本の礎を築いた西郷隆盛の一生を描く「西郷どん」です。この記事では、統計的手法を用いて「西郷どん」の年間平均視聴率を、あくまでも「予想」ではなく「予測」したいと...(2018年01月19日)
  • ワイドショーが主導した大相撲の暴力スキャンダルにおいては、貴ノ岩に暴力を加えた日馬富士の倫理、暴力を止められなかった白鵬と鶴竜の結果責任、観客に万歳三唱を呼びかけた白鵬の倫理、日馬富士の師匠にあたる伊勢ケ浜親方の結果責任...(2018年01月03日)
  • 2017年のテレビ報道において顕在化したのは、フェイクニュースを用いた不合理な政権攻撃であったと言えます。 「ひるおび」東京都議会議長の握手拒否報道[記事] 「バイキング」国会委員会における官僚の居眠り報道[映像] 「N...(2017年12月21日)
  • 2017年5月8日、衆議院予算委員会において、民進党・福島伸亨衆議院議員(当時)は、財務省が開示した森友学園の小学校設置趣意書に関する質問を行いました。福島議員は、籠池泰典森友学園理事長の証言を基に、財務省によって黒塗り...(2017年12月14日)
  • 希望の党では、カリスマ的リーダーの小池百合子氏から若いリーダーの玉木雄一郎氏に代表が交代しました。この記事では、希望の党のリーダー交代の本質は何であったのか、リーダー交代によって今後希望の党という目的集団にどのような変化...(2017年11月21日)
  • 衆院選直後の希望の党の議員懇談会で元民進党議員が小池百合子代表の責任を激しく追及しました。その急先鋒となったのが、今回の衆院選で岡山4区に立候補し落選、比例中国ブロックで復活当選した柚木道義氏です。この記事では、今回の衆...(2017年10月31日)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑