IPCC報告の論点⑮:100年規模の気候変動を再現できない

杉山 大志

IPCCの報告がこの8月に出た。これは第1部会報告と呼ばれるもので、地球温暖化の科学的知見についてまとめたものだ。何度かに分けて、気になった論点をまとめてゆこう。

Gearstd/iStock

北極振動によって日本に異常気象が発生することはよく知られるようになった。そして、これは南極振動と連動していることも明らかにされてきた。分かり易い記事があったので引用しておこう。詳しくはリンク先をご覧頂きたい。

図1

さてこの南極振動は、じつは数百年規模で大きく変動してきた、という観測結果がある。では、これは気候モデルで再現できているだろうか。

図2はIPCC報告にあるもので、過去1000年の南極振動指数(SAM)を示すものだ。aは観測値、bはモデル計算である。全て1961年から1990年の平均からの偏差で示してある。細い線は前後7年間の移動平均、太い線は前後70年間の移動平均。線が複数あるのは複数の観測と計算の結果を表している。

これを見ると、観測値aでは1300年ごろから1800年ごろまで低い指数になっていたことが分かる。日本や欧州ではとても寒く小氷期と言われていた時期だ。ところが、モデルbを見ると、この間指数はほとんど変わらない。

図2

なおこの観測値は、地層中のプランクトンの同位体分析などによるもので、誤差が大きいかもしれないことが指摘されている。

それにしても、観測では数百年規模で大きく変動してきたとされる指数の変化が、モデルでは全く再現されていない。となると、今後についても、今後100年規模の気候の変動をモデルが予測する能力には、限界があるのではないか。

1つの報告書が出たということは、議論の終わりではなく、始まりに過ぎない。次回以降も、あれこれ論点を取り上げてゆこう。

次回:「IPCC報告の論点⑯」に続く

【関連記事】
IPCC報告の論点①:不吉な被害予測はゴミ箱行きに
IPCC報告の論点②:太陽活動の変化は無視できない
IPCC報告の論点③:熱すぎるモデル予測はゴミ箱行きに
IPCC報告の論点④:海はモデル計算以上にCO2を吸収する
IPCC報告の論点⑤:山火事で昔は寒かったのではないか
IPCC報告の論点⑥:温暖化で大雨は激甚化していない
IPCC報告の論点⑦:大雨は過去の再現も出来ていない
IPCC報告の論点⑧:大雨の増減は場所によりけり
IPCC報告の論点⑨:公害対策で日射が増えて雨も増えた
IPCC報告の論点⑩:猛暑増大以上に酷寒減少という朗報
IPCC報告の論点⑪:モデルは北極も南極も熱すぎる
IPCC報告の論点⑫:モデルは大気の気温が熱すぎる
IPCC報告の論点⑬:モデルはアフリカの旱魃を再現できない
IPCC報告の論点⑭:モデルはエルニーニョが長すぎる
IPCC報告の論点⑮:100年規模の気候変動を再現できない
IPCC報告の論点⑯:京都の桜が早く咲く理由は何か
IPCC報告の論点⑰:脱炭素で海面上昇はあまり減らない
IPCC報告の論点⑱:気温は本当に上がるのだろうか
IPCC報告の論点⑲:僅かに気温が上がって問題があるか?
IPCC報告の論点⑳:人類は滅びず温暖化で寿命が伸びた
IPCC報告の論点㉑:書きぶりは怖ろしげだが実態は違う
IPCC報告の論点㉒:ハリケーンが温暖化で激甚化はウソ
IPCC報告の論点㉓: ホッケースティックはやはり嘘だ
IPCC報告の論点㉔:地域の気候は大きく変化してきた
IPCC報告の論点㉕:日本の気候は大きく変化してきた

クリックするとリンクに飛びます。

「脱炭素」は嘘だらけ