「 八幡 」の検索結果を表示中:724件

  • イギリスのEU離脱が決まった夜、フランスのTVニュースに懐かしい顔が登場した。ダニエル・コーン=バンディ(ドイツ語ではベンディット)。1968年のフランス五月革命のヒーローである。 フランス生まれのユダヤ系ドイツ人で、「...(2016年06月27日)
  • 小田原征伐のとき、豊臣秀吉は徳川家康と「連れ小便」しながら関東移封を申し渡した。この場面の描き方はドラマの制作者が工夫を凝らすところだが、「真田丸」では秀吉が「関東はすべてくれてやる」といい、家康はいったん喜ぶが、ついで...(2016年06月25日)
  • ※開票結果確定を受け、大幅に加筆しました(19時30分) イギリスのEU離脱をめぐる国民投票は、離脱派の勝利に終わって世界は衝撃にうちひしがれている。日本の株価は8%暴落、円は一時だが99円台に突入した。ヨーロッパでも数...(2016年06月24日)
  • 鳩山邦夫元総務相が死去。お悔やみを申し上げたい。激やせ写真が出回っていたので心配していたところだ。 あまり知られていないが、舛添要一氏と昭和23年の同い年で両方とも昭和46年東京大学法学部卒業。私は46年入学だから入れ違...(2016年06月22日)
  • 参院滋賀選挙区では世耕弘成官房副長官の妻である民進党現職の林久美子氏が野党4党が統一候補として擁立されている。私は一般論として夫婦で違う党に属してもいけないとは言えないと思う。 しかし、自民党と民進党がここまで厳しく対立...(2016年06月21日)
  • 東京都知事候補は自民・公明・民進で話合って決めて欲しい理由と「ギロチーヌ蓮舫」では絶対にダメなわけがある。 知事や市長が任期満了で辞めた場合には、公職選挙法によって、普通は2週間ほど前に後継を決める選挙があって、余裕をも...(2016年06月20日)
  • イギリスのBrexit(BritainとExiの合成語)、つまり、EU離脱の是非をめぐる国民投票が23日(木)に近づき世界は固唾を呑んで見守っている。日本にとっても離脱となれば、円高が進み株は暴落することが予想されている...(2016年06月19日)
  • かつて少年時代に読んだ歴史物語では、彼のことを素浪人が姉妹の嫁ぎ先である今川家の食客となり、それをそれを手がかりに伊豆を乗っ取ったのを手始めに戦国大名にのし上がった下克上を象徴する人物だと書いてあった。 そのときから不思...(2016年06月18日)
  • アゴラチャンネルにて池田信夫さんのVlog、「ポスト舛添は誰か?」を公開しました。 今回はゲストに徳島文理大学大学院教授の八幡和郎さんを迎え、今話題の次期都知事を予想します。 会話の中で意外な人物も候補に上げられます。 ...(2016年06月17日)
  • 産経の電子メディアiRONNAでポスト舛添37人を論じたら好評だったので、40人に増やして内容は簡略化して論じます。 嵐のメンバー、櫻井翔のパパである桜井俊総務事務次官の名前が取り沙汰されている。ただ、次の都知事は東京五...(2016年06月17日)
  • 徳川家康は嫡男信忠より家康の長男である信康の出来がいいのを心配した織田信長の命令により、武田と内通したという無実の罪で妻の築山殿を斬り信康に切腹を命じたと昔から言われてきた。 織田信長の娘で信康夫人だった徳姫が信康が粗暴...(2016年06月11日)
  • 参議院選挙の議席予測が各メディアに出始めているが、「サンデー毎日」(6月19日号)に掲載された選挙プランナー三浦博史さんの予想をもとに見どころを分析してみよう。 選挙の勝ち負けとか、各政党の増減を論ずる場合、無所属の扱い...(2016年06月10日)
  • 被害者の女性タレントの意識が回復したことは嬉しいニュースだ。しかし、殺人にならなかった以上、数年で出所して社会復帰だろう。再び被害者が怖い目にに合わされる可能性も高い。 私は現行制度で、刑罰が死刑・懲役・禁固・罰金にほぼ...(2016年06月09日)
  • 北海道不明児発見で、尾木ママへの批判が燃え上がっているが、これは、テレビなどでありがちな拙速で一方的な時事評論の落とし穴であり、猛省を促すものだ。 「しつけのお仕置きで7歳を山中に放置するでしょうか!? 」 「北海道の放...(2016年06月05日)
  • 本能寺の変をめぐる黒幕説が、正親町天皇とか近衛前久ら朝廷関係者とする人が多い。①安土城に天皇を移そうとしていた②大軍を率いて御所で馬揃えをした③正親町天皇の譲位を策した④朝廷からのさまざまな官位官職授与の申し出をことわっ...(2016年06月04日)
  • 消費税の再引き上げ、私は本来はやるべきだが、再引き上げで景気が減速するというムードがここまで強いとやむを得ない気もする。 橋本内閣のときには、もう少し、景気刺激政策を継続すれば見通しは明るいという状況だったから私は引き揚...(2016年06月01日)
  • オバマ広島訪問と演説に、さすがの左翼系マスコミも揶揄するのをためらったようだ。しかし、これが昨年の訪米や、安保法制の成立など日米同盟の強化に努めてきた安倍外交の結果であることは注意深く言及を避けた。 また、オバマ大統領の...(2016年05月30日)
  • >>創業者と実力社長①「足利と織田」はこちら あれだけ秀頼への天下継承が無事にいくことを願っていた秀吉が、德川家康がやすやすと天下を取れる体制しか残せなかったのか誰しもが不思議に思う。だが、それは結果論で、逆...(2016年05月28日)
  • 沖縄の事件での報道やSNSでのやりとりを見ていると、本土の人は、なぜ、沖縄の人があそこまで過激に反応するのかに戸惑っているように思うので、解説したい。 現地の怒りは、合理的な理解を超えるとみえるのも無理ない。たとえば、警...(2016年05月24日)
  • 女性が遺体で見つかり元米海兵隊員の軍属が逮捕された事件について、米軍基地をなくせという議論から、そういうような政治利用を批判する議論までさまざま出ているが、沖縄総合事務局に出向し、二年間、沖縄県民だった眼から、少し客観的...(2016年05月22日)
  • セブン&アイHD会長だった鈴木敏文氏がお家騒動で逐われた事件は、鈴木氏が息子を後継者に望んでいるのでないかと創業家の伊藤一族から疑われた結果だと解説する人がいる。 真相は藪の中だが、実力社長と創業家の関係はいつも...(2016年05月21日)
  • アフリカなどのモラルが低い国があらゆる国際機関の運営を無茶苦茶にしている。そもそも、諸悪の根源は一国一票の国連という存在。ほかの団体の運営も国連にならっているのだから国連の原則を変えねば変わらない。  といっても、人口比...(2016年05月17日)
  • 日本人で初めてアメリカ大陸に渡ったのは、伊達政宗の家臣だった支倉常長の一行である。彼らは、石巻市の月ノ浦から出て、メキシコのアカプルコに上陸し、陸路カリブ海側のベラクルスへ行き、ヨーロッパに渡った。 この支倉使節団につい...(2016年05月14日)
  • 社民党が民進党に合流を打診したという報道が流れ社民党は否定しているが、私は双方にとって馬鹿げた話だと思う。 それで利益を得るのは共産党だけで、ますます、民進党や社民党の政権復帰は難しくなるに決まっている。 世界の先進国で...(2016年05月13日)
  • オバマ大統領は、広島を訪問するが、プラハでのような、おおがかりな演説はしないという。せっかくの機会なのに、まことに、残念なことだ。 大統領当選直後のオバマ大統領は、就任の年である2009年の4月5日に、プラハのフラチャニ...(2016年05月12日)
  • オリバー・ストーン監督は、NHKが大々的に宣伝して放送した『オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史』で、「原爆投下は戦争を終わらせるために必要だったというのは幻想だ」 「原爆投下はソ連へのけん制が目的で軍事的に...(2016年05月09日)
  • 「真田丸」が歴史に忠実なわけでもないが、登場人物の人間描写はなかなか鋭くて面白い。とくに豊臣家の人々は秀逸だ。 ドラマにもあるように秀吉は家族を大事にした。庶民出だから、貴人にありがちな冷たさがない現代的なファミリーなの...(2016年05月08日)
  • 米軍駐留経費の負担をトランプ氏が求め、撤退もありうると言い出すなど、日米関係をめぐる太平洋の波高しという感がする。 しかし、アメリカの捕鯨船が日本近海に現れてから二世紀足らず、太平洋戦争という悲劇はあったものの、ヨーロッ...(2016年05月06日)
  • 憲法第九条を厳密に解釈すべきという平和主義の立場は、日本が率先して無抵抗主義を貫こうという覚悟のはずだ。その結果、多くの日本人が殺されても、女性たちが陵辱されても仕方ないということのはず。そこまで厳密でなくとも、軽武装に...(2016年05月04日)
  • 最近、護憲派と言われる人たちが、憲法第九条は幣原首相の提案であってGHQの押しつけではないというキャンペーンをしている。 はっきりいって、マッカーサーか幣原首相かどちらが言い出したかは藪の中で分からないが、そんなことはど...(2016年05月03日)
  • 「日本人の知らない日米関係の正体~本当は七勝三敗の日米交渉史」 (SB新書・5月7日発売)という黒船来航から安倍・オバマの時代までを扱った本を書いていて、改めて憲法制定当時の状況について考えてみた。 そこでの結論は、憲法...(2016年05月02日)
  • ペンシルバニア州など5州の予備選の結果、民主党ではヒラリー・クリントンの指名がほぼ固まり、共和党でもトランプを避けることが難しくなった。 そこで、注目は副大統領候補に移りつつある。二人とも高齢だし、失脚する可能性もあるか...(2016年05月01日)
  • 織田信長が最も恐れた天下盗りのライバルは武田信玄だったといわれる。しかし、信玄にそんな実力もなかったし、むしろ、死ぬ半年前までは家康と並ぶ信長の協力者だった。ただ、信長が家康の方を優先したので反抗しただけなのだ。 信玄伝...(2016年04月30日)
  • このふたつの協力関係を一緒にする人がいるが、三つの点で全く違うことを確認したい。 ①自民が公明と組むと中道寄りになって国民の平均的希望に近づくが、民進が共産と組むと極左にふれて国民の常識から離れる。 ②自民党も公明党も民...(2016年04月29日)
  • 混迷するスペイン政界。あすの日本を予感 比例代表制と極左台頭で政府不在となったスペイン政局は明日の日本を予感させる。スペインでは昨年12月に総選挙が行われたが、小党分裂でどこも組閣できず、国王も匙を投げて6月の再選挙を決...(2016年04月28日)
  • チェルノブイリから30年。ヨーロッパ各国のテレビ・ニュースで、ソ連崩壊とウクライナの経済危機で、原発近くに住み続ける住民たちの悲惨な状況が映し出されて息を呑む。 移転を勧告されているが補助は出ず、仕事もなく、生活支援は打...(2016年04月26日)
19 / 21««181920»»

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑