「 清谷 」の検索結果を表示中:114件

  • 今週発売の週刊文春で日立が防衛省にダンピングして販売したのではないか?、という記事が載っております。 記事によると日立が防衛省に対してドローン5機を9018円で入札したということです。 1機あたり1800円ということにな...(2018年06月09日)
  • 陸上自衛隊多用途ヘリコプターUH-1Hの部品等のフィリピン政府への移転について(防衛省) 自衛隊のヘリ部品無償譲渡 日比防衛相会談(日本経済新聞) 小野寺五典防衛相は2日、訪問先のシンガポールでフィリピンのロレンザーナ国...(2018年06月08日)
  • 陸自の新型装甲車が白紙に(ロイター) 自衛隊の離島防衛や海外派遣で活用することを目的として、陸上自衛隊への導入を目指していた新型の装輪装甲車の開発計画が、白紙になったことが2日、複数の防衛省関係者への取材で分かった。建設...(2018年06月04日)
  • 【防衛装備庁】お知らせ:装輪155mmりゅう弾砲(試作品) 先日情報が公開されました。既にぼくが報じたように、車体は三菱重工の重回収車からMANの8x8に変更になっております。これは実用性の面では評価すべき点でしょう。ま...(2018年06月02日)
  • NATOの「GDP比2%」参考に防衛費確保を-新大綱へ自民(ブルームバーグ) 自民党は25日、安全保障調査会と国防部会の合同会議を開き、防衛費について北大西洋条約機構(NATO)が「対国内総生産(GDP)比2%」の達成を...(2018年05月29日)
  • いずも級の空母化が話題になっておりますが、軽空母用の固定翼機というのはありなのでは、と思ったりします。 例えば、早期警戒や攻撃ヘリなどの代用、対潜哨戒などには有用でしょう。 何しろヘリの問題点は滞空時間が短いことと整備が...(2018年05月22日)
  • 自衛隊制服は中国製で構わない(Japan In-depth) 文谷さんはぼくよりも過激です(笑) 制服は国産でなければならないのだろうか? 別に中国製でも構わない。所詮は事務服である。海外製でも全く問題はない。より工賃が...(2018年05月20日)
  • 新潟の女児殺害事件ですが、あいもかわらず日本のメディアは被害者の氏名や写真、学芸会などの映像を晒しております。この中には人権にうるさいリベラル系の朝日新聞や皆様のNHKも含まれております。 女児殺害「事故にみせかけるため...(2018年05月18日)
  • 自衛官採用数、4年連続計画割れ 少子化も背景(佐賀新聞:共同通信) 自衛隊の主力隊員になる「自衛官候補生」の入隊が4年連続で採用計画人数を下回ったことが13日、分かった。2017年度の採用では計画8624人に対し、試験を...(2018年05月15日)
  • ふるさと納税、3000億円視野 返礼品抑制でも伸び(日本経済新聞) ふるさと納税が返礼品の抑制が広がるなかでも増えている。日本経済新聞が全国814市区を調査したところ、6割が2017年度の寄付額が増えると見込む。市区分だ...(2018年05月14日)
  • 4月11日付けのJDW誌で中国がカタパルトを使って発進する固定翼の空母用のHALE型のUAV(無人航空機)を開発中との記事が掲載されています。これは偵察用のものと思われます。 既に中国海軍は長年にわたってUAVを運用して...(2018年05月13日)
  • 陸自が海上輸送力の整備検討、南西諸島で機動展開=関係者 https://t.co/hyJQMttdVJ pic.twitter.com/1oJDl3nGgS — Reuters Jp World (@ReutersJpW...(2018年05月11日)
  • 次期戦闘機、F22主体 ロッキード・マーチンが日本に打診 貿易赤字を問題視するトランプ氏の意向か(日本経済新聞) 連休中にでる目を引くニュースは大抵、そのタイミングを見はからって出された観測気球であることを疑うべきです。...(2018年05月06日)
  • 「いずも」改修 離島防衛の強化につなげよ(読売新聞) なんだかなあ、な読売新聞の社説です。 現場で取材しないで、妄想でべき論を語るとこうなるという見本みたいな文章です。 偉くなると、取材しないで書く人が多くなる新聞社のシ...(2018年05月03日)
  • 財務次官のセクハラ問題について以下の記事を書きました。 セクハラ醜聞で露呈する「記者クラブ」の腐臭 違う話のように見えるが実は繋がっている | メディア業界 – 東洋経済オンライン https://t.co/...(2018年04月30日)
  • 別に空自の戦闘機は最先端で、最高性能のものばかり揃える必要は無い。 で、以下のようなことをツイッターに述べました。 領空侵犯に対応する専門の安価な戦闘機いれてもいいじゃないの? 現状燃料だけでも800万円ほど掛かるし機体...(2018年04月28日)
  • 2兆円かかっても国産戦闘機の開発を継続すべき理由   100年にわたる航空優勢が失われてもいいのか(JB Press) このお話は前提条件が先ず間違っています。 カネをかければ日本でまともな戦闘機が開発できるというのが筆...(2018年04月24日)
  • 米州首脳、米国のシリア攻撃へ賛否相次ぐ(日本経済新聞) 米英仏がシリア攻撃 ロシアと対立、新局面(日本経済新聞) 米英仏3カ国はシリア時間の14日未明、シリアのアサド政権が反体制派との戦闘で化学兵器を使ったと断定し、首都...(2018年04月15日)
  • 先週の週刊東洋経済に「20年後のニッポンの難題」という特集がありました。そこで「女性自衛官が増加」という記事が掲載されていました。 現在自衛隊は定員が24.7万人、充足率が90.8パーセントで、実数が22.4万人です。 ...(2018年04月13日)
  • 「防衛幹部、警察・海保から」=東京労働局長の免職要求-立憲・枝野氏(時事通信) 立憲民主党の枝野幸男代表は7日、自衛隊イラク派遣部隊の日報問題について「防衛省・自衛隊をつくり直さなければならないぐらい深刻な問題だ。警察庁...(2018年04月08日)
  • イラク日報  報告遅れ「大問題」 参院委で小野寺防衛相(毎日新聞) イラク日報隠蔽問題、国会紛糾 野党“集中審議”要請も(TBS) イラク日報隠蔽問題、国会紛糾 野党“集中審議”要請も(ロイター) これはいくつか問題の論...(2018年04月06日)
  • 「いずも」空母化が日本のためにならない4つの理由(JB Press) この記事に対する反論は大石英司氏が書いております。 概ね大石氏が書いてらっしゃるとおりです。そもそもいずも級は「将来を見越して」余裕をもった設計が流さ...(2018年04月03日)
  • 京大、軍事研究しません。研究活動は「平和への貢献を目的とする」(ハフポスト) 本学における研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするものであり、それらを脅かすことに繋がる軍事研究は、これを行わない...(2018年04月02日)
  • 今週発売の週刊東洋経済では東レがオランダのテンカーテ・アドバンスド・コンポジット社を買収するという話がでています。 東レ、大型買収の裏に危機感 東レが柱の炭素繊維複合材料事業で大型買収に動いた。蘭テンカーテ・アドバンスト...(2018年03月27日)
  • 「F-2後継機」の国産は厳しい。軍事のプロが明かした意外な理由(小川和久『NEWSを疑え!』) 関係者にしか知られていないことですが、一例として国産初の超音速機T-2ジェット高等練習機のケースがあります。T-2はカタログ...(2018年03月20日)
  • F2後継機の国産断念へ 防衛省、国際共同開発を検討(朝日新聞) 防衛省は2030年ごろから退役する航空自衛隊の戦闘機F2の後継機について、国産開発を断念する方向で最終調整に入った。今週中にも米政府に対し、日本が必要とする...(2018年03月07日)
  • 「スポーツ馬鹿」の発言力が大きいわけ 清谷信一氏の記事はっきり言おう、“スポーツ馬鹿”は文字を書くなを興味深く拝読しました。ここでも部活動とその顧問は嫌われています。しかし、部活動廃止反対派の教師の発言力は強いです。それ...(2018年03月04日)
  • 順番を間違ってないか、公立高の部活週休2日に疑問(日刊スポーツ) 部活週休2日-。スポーツ庁がトップダウンで決めたことで、公立高校の部活は、運営の変更を余儀なくされる。これって、権力の乱暴な使い方ではないか。子供たちの1...(2018年03月02日)
  • 自衛隊 ヘリ故障“公表せず” 山口県内に約3週間駐機(テレビ西日本) 航空自衛隊の救難ヘリが山口県内で故障し、3週間経っても離陸できない状態となっていることが分かりました。故障したのは芦屋基地所属の救難ヘリUH60Jです...(2018年02月28日)
  • サーブ、新早期警戒管制機「グローバルアイ」をお披露目(東京防衛航空宇宙時評) サーブは2月22日、同社が開発を進めている早期警戒管制機「グローバルアイ」(G6000 SRSS)の初号機のロールアウト式典を、同社の航空機部...(2018年02月27日)
  • ホンダジェット、セスナ主力機抜き首位 17年納入機数(日本経済新聞) ホンダのビジネスジェット機「ホンダジェット」の2017年の世界での納入機数が前年比20機増の43機となり、米セスナの主力機「サイテーションM2」を抜い...(2018年02月24日)
  • (ロイター)日本が20機以上のF-35A追加調達へ、国内組立取りやめも=関係者 日本政府は、米国から最新鋭のステルス戦闘機「F-35A」を20機以上追加購入する方向で調整に入った。調達費が割高になる国内での最終組み立てを...(2018年02月23日)
  • 陸自隊員の新制服 全配布に10年も 予算確保や生地調達苦慮 士気低下の懸念も:産経ニュース 陸上自衛隊が3月から導入する新しい制服が、全隊員への配布を終えるまで約10年かかることが19日、分かった。15万人分を一括でそろ...(2018年02月20日)
  • かつて、90年代にぼくは、将来装甲車は圧倒的に装輪装甲車になる、と「予言」ました。 ところが当時陸自もそうですが、軍オタさんたちは、装軌装甲車の有用性を主張し、装輪装甲車が重用されるというと、「装輪厨」などと揶揄しました...(2018年02月19日)
  • 前回ご案内のように陸自のUH-Xは調達単価が12億円を想定したのですが、20億ぐらいになりそうで担当者、メーカーとも頭を抱えている状態らしいです。そうであれば、調達単価は1.67倍になります。 まあ、空自のUH-Xでも2...(2018年02月13日)
  • 既にご案内のように、防衛装備庁で作っている8輪装甲車(改)が不具合で工場差し戻しとなっています。 陸自新型8輪装甲車開発の迷走の原因は装備庁と、陸幕。 そもそも論で言えば、原因は陸幕装備部に開発の当事者意識&能力が低く、...(2018年02月10日)
1 / 4123»»

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑