「 八幡 」の検索結果を表示中:1544件

  • ※編集部より:本稿は八幡和郎さんの「浅井三姉妹の戦国日記 」(文春文庫)を元に、京極初子の回想記の形を取っています。(過去記事のリンクは文末にあります) ■ 文禄四年(1595年) になって、太閤殿下による関白殿下の包囲...(2020年12月08日)
  • 「日本史が面白くなる47都道府県県庁所在地誕生の謎」 (12月9日発売予定、光文社知恵の森文庫)を書いたのを機に、「明治の47都道府県:人口順位では新潟1位、兵庫2位」 『47都道府県所在地が決まった正確な歴史 【都市伝...(2020年12月07日)
  • ※編集部より:本稿は八幡和郎さんの「浅井三姉妹の戦国日記 」(文春文庫)を元に、京極初子の回想記の形を取っています。(過去記事のリンクは文末にあります) ■ 太閤殿下は聚楽第を秀次さまに譲られたあと、伏見宮邸を京都御所の...(2020年12月07日)
  • ※編集部より:本稿は八幡和郎さんの「浅井三姉妹の戦国日記 」(文春文庫)を元に、京極初子の回想記の形を取っています。(過去記事のリンクは文末にあります) 鶴松さまを亡くされた関白殿下は、姉の「とも」と三好吉房さまの長男で...(2020年12月06日)
  • 「日本史が面白くなる47都道府県県庁所在地誕生の謎」 (12月9日発売予定、光文社知恵の森文庫)という本で、経緯や都市の歴史、地形と都市開発の歩み、役所の庁舎の変遷などについて書いて、江戸時代・戦前・現在の重ね地図もつけ...(2020年12月05日)
  • 「織田と豊臣の真実① お市に秀吉は惚れていた?」はこちら 「織田と豊臣の真実② 清洲会議と信長の子供たち」はこちら 「織田と豊臣の真実③ 賤ヶ岳戦とお市の死の真相」はこちら 「織田と豊臣の真実④ 小牧長久手戦と織田家の人...(2020年12月05日)
  • 京都で千年以上前から続く祇園祭は、今も全国各地で夏祭りとして行われている。私の地元、長野市でも、御祭礼とも呼ばれる善光寺祇園祭が古くから続いている。 今年は、祭りはもちろん、スポーツやエンターテインメントをはじめとして人...(2020年12月05日)
  • 日本は、世界で最もコロナ陽性者、重症者、死者も少ない部類なのに、「医療崩壊する」と大騒ぎである。そうだとしたら、その原因は日本の医者が世界で一番ダメだから以外にありえないであろう。(「日本人がコロナ戦争の勝者となる条件」...(2020年12月04日)
  • 「織田と豊臣の真実① お市に秀吉は惚れていた?」はこちら 「織田と豊臣の真実② 清洲会議と信長の子供たち」はこちら 「織田と豊臣の真実③ 賤ヶ岳戦とお市の死の真相」はこちら 「織田と豊臣の真実④ 小牧長久手戦と織田家の人...(2020年12月04日)
  • サミット(先進国首脳会議)や欧州サミットの創始者として知られるヴァレリー・ジスカールデスタン(Valery Giscard d’Estaing)元フランス大統領がコロナウイルス感染症で2日に死去した。94歳だ...(2020年12月03日)
  • 「織田と豊臣の真実① お市に秀吉は惚れていた?」はこちら 「織田と豊臣の真実② 清洲会議と信長の子供たち」はこちら 「織田と豊臣の真実③ 賤ヶ岳戦とお市の死の真相」はこちら 「織田と豊臣の真実④ 小牧長久手戦と織田家の人...(2020年12月03日)
  • 「織田と豊臣の真実① お市に秀吉は惚れていた?」はこちら 「織田と豊臣の真実② 清洲会議と信長の子供たち」はこちら 「織田と豊臣の真実③ 賤ヶ岳戦とお市の死の真相」はこちら 「織田と豊臣の真実④ 小牧長久手戦と織田家の人...(2020年12月02日)
  • 「眞子様の結婚を容認する」と秋篠宮殿下が誕生日の記者会見で仰ったのは、事実だが、これを新聞の見出しとするのは、ずいぶんと無責任でミスリーディングだと思う。 「親としては尊重すべきものだと考えている。結婚を認めるということ...(2020年12月01日)
  • 「織田と豊臣の真実① お市に秀吉は惚れていた?」はこちら 「織田と豊臣の真実② 清洲会議と信長の子供たち」はこちら 「織田と豊臣の真実③ 賤ヶ岳戦とお市の死の真相」はこちら 「織田と豊臣の真実④ 小牧長久手戦と織田家の人...(2020年12月01日)
  • 「織田と豊臣の真実① お市に秀吉は惚れていた?」はこちら 「織田と豊臣の真実② 清洲会議と信長の子供たち」はこちら 「織田と豊臣の真実③ 賤ヶ岳戦とお市の死の真相」はこちら ※編集部より:本稿は八幡和郎さんの「浅井三姉妹...(2020年11月30日)
  • 「織田と豊臣の真実① お市に秀吉は惚れていた?」はこちら 「織田と豊臣の真実② 清洲会議と信長の子供たち」はこちら ※編集部より:本稿は八幡和郎さんの「浅井三姉妹の戦国日記 」(文春文庫)を元に、京極初子の回想記の形を取...(2020年11月29日)
  • 「織田と豊臣の真実① お市に秀吉は惚れていた?」はこちら ※編集部より:本稿は八幡和郎さんの「浅井三姉妹の戦国日記 」(文春文庫)を元に、京極初子の回想記の形を取っています。 ■ 清洲会議というのがあって、織田家の宿老が...(2020年11月28日)
  • 『麒麟がくる』にあわせて私がかつて書いた「浅井三姉妹の戦国日記 」(文春文庫、八幡衣代との共著)の内容をもとに編集して「光秀と信長」という形で連載したら好評だったので、本能寺の変で終わらせずに続きを少し連載しようと思う。...(2020年11月27日)
  • 「光秀と信長の真実① 浅井・朝倉連合軍との戦い」はこちら 「光秀と信長の真実② 武田信玄がついに立った事情」はこちら 「光秀と信長の真実③ 足利幕府の滅亡と小谷落城」はこちら ※編集部より:本稿は八幡和郎さんの「浅井三姉...(2020年11月26日)
  • 「光秀と信長の真実① 浅井・朝倉連合軍との戦い」はこちら 「光秀と信長の真実②武田信玄がついに立った事情」はこちら ※編集部より:本稿は八幡和郎さんの「浅井三姉妹の戦国日記 」(文春文庫)を元に、京極初子の回想記の形を取...(2020年11月25日)
  • カルロス・ゴーン事件について、国連人権理事会の「恣意的拘禁に関する作業部会」は、日本での逮捕・勾留は、根本的に不当だったとする意見書を公表した。 4度にわたる逮捕と勾留は根本的に不当で、不利な供述を強制するために身柄を拘...(2020年11月24日)
  • 「光秀と信長の真実① 浅井・朝倉連合軍との戦い」はこちら。 ※編集部より:本稿は八幡和郎さんの「浅井三姉妹の戦国日記 」(文春文庫)を元に、京極初子の回想記の形を取っています。 ■ 姉川の戦いに勝って、信長さまは岐阜城に...(2020年11月24日)
  • 昨日、『麒麟がくる』にあわせて私がかつて書いた「浅井三姉妹の戦国日記 」(文春文庫)の内容を編集してして、叡山焼き討ち該当部分を紹介したところ好評だったので、その少し前の信長上洛から本能寺の変までを3、4回に分けて連載し...(2020年11月23日)
  • 本日の『麒麟がくる』は比叡山焼き討ちがテーマらしい。そこで、私がかつて書いた「浅井/三姉妹の戦国日記 」(文春文庫)から、そんほ該当部分を少し補筆して紹介したい。これは、浅井三姉妹のうち次女の京極初子の回想記の形を取って...(2020年11月22日)
  • 歴史堂vol.12(朝日新聞出版、11月6日)の特集は「古代史の謎を解き明かす」である。初めての古代史特集だそうだ。「謎の女王卑弥呼の正体」は武光誠さん監修、「邪馬台国はどこにあったのか?」は仁藤淳史さん監修による。 武...(2020年11月22日)
  • 「勘当」「パラサイト生活」など刺激的な言葉が並ぶ 眞子様のお言葉が出た直後は、歓迎するかどうかは別としてお祝いムードもあったのだが、今週は予想通り、かなり厳しいトーンが目立った。 「文春砲」は「『お金はいらない』眞子さま...(2020年11月21日)
  • 日本医師会の中川俊男会長が18日、新型コロナの感染拡大と「Go Toトラベル」との関係について「エビデンス(証拠)がなかなかはっきりしないが、きっかけになったことは間違いない」との見解を示し、「秋の我慢の3連休」として往...(2020年11月20日)
  • NHK大河ドラマ「麒麟がくる」も駆け足で本能寺へ向かっているが、それに伴ってテレビやSNSで「謎」が語られることも多いので、これまで私が書いてきたことを、まとめて紹介しておく。 ちょうど、信長の台頭から本能寺の変までにつ...(2020年11月19日)
  • オバマ前大統領が、17日、回顧録「A Promised Land(約束の地)」を出版した。768ページという大作だが、これは予定されている2冊の上巻に当たる。上巻では、主に2008年の大統領選とオバマ政権の1期目がテーマ...(2020年11月18日)
  • 眞子様の結婚問題をめぐって「成人されているのだから好きなようにされたらいい」などと割り切る意見もあるが、いろいろ心配の種はある。 そうしたなかで、最近、多くの人が論じているのは、結婚に際して国庫から支払われる1億数千万円...(2020年11月16日)
  • 眞子さまは11月13日、小室圭氏との結婚について、お気持ちを表す文書を発表された。 「今日までの間、私たちは、自分たちの結婚およびその後の生活がどうあるべきかを今一度考えるとともに、様々なことを話し合いながら過ごしてまい...(2020年11月14日)
  • アメリカの大統領は民主党になったり共和党になったりする。それは日本がどう頑張ってもどうしようもない話だ。日本は民主党の大統領の時もうまくやるしかないのである。 このところ、「バイデンの勝利は信じたくない」、「絶対にトラン...(2020年11月11日)
  • 日本のマスコミ報道だけを見ていると、アメリカのほとんどの共和党支持者もバイデン氏の当選を認めているように映る。しかし、そういった状況ではない。 東京新聞は、「根拠なく誤った情報。常軌逸している」 トランプ氏「選挙不正」発...(2020年11月10日)
  • バイデンの勝利演説は、華々しくはなかったが、トランプ陣営を必要以上に刺激しない内容で無難。時間はバイデンの味方なのだからローキーであることが賢明だ。 アメリカ大統領選挙の結果についての見方としては、従来の慣例によりバイデ...(2020年11月08日)
  • 菅首相が叩き上げなら自分も辻元さんも、と蓮舫さん 東スポによると、蓮舫さんは、5日に新宿駅南口で行われた「立憲大作戦」で、枝野幸男代表らと菅政権を批判し、秋田県出身の叩き上げ政治家と伝えたマスコミを「ごますりメディア」扱...(2020年11月07日)
  • 来年の1月に米国大統領になりそうな、ジョー・バイデンだが、日本人は、彼についてほとんど知らない。上院議員を40年近く、副大統領を8年もやっているのに不思議なことだ。 バイデンがどういう人かは、『アメリカ大統領史100の真...(2020年11月07日)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑