「 ゴーン 」の検索結果を表示中:312件

  • カルロス・ゴーンの逃亡には、一理あるのか、 英雄なのとか、レバノン政府やフランス政府はどうするべきなのかという議論が盛んである。このことに、明快な回答などない。なぜならば、国家と個人の関係をどう捉えるのかについて難しい判...(2020年01月15日)
  • ゴーン氏が、保釈条件に違反して不法出国したことに関して、直後から、産経新聞や一部の検察OB弁護士などによる、保釈を許可した東京地裁の判断が誤りであったかのような批判が行われた。 1月13日付けの読売新聞は、《【独自】ゴー...(2020年01月15日)
  • マリア・カラス邸そば カルロス・ゴーン被告の弁護人が交替し3度目の保釈請求がなされた昨年2月、妻のキャロル容疑者は、パリ16区ジョルジュ・マンデル通りの豪華アパルトマンの1室を購入した(6月に家宅捜索)。伝説の歌姫マリア...(2020年01月15日)
  • 8日に日産自動車の前会長カルロスゴーン被告が逃亡先のレバノンで記者会見し、メディアで大きく取り上げられていました。 「陰謀」「起訴事実はクーデター」「日本政府の関係者も関与している」「証拠文書とともに実名を挙げる」などと...(2020年01月14日)
  • 日産前会長の逃亡事件について、あまりグレッグ・ケリー被告(被告人)の金商法違反被告事件への影響は報じられないようですね。本当に「日本の司法制度への影響」を議論するのであれば、これからグレッグ・ケリー氏の有価証券虚偽記載罪...(2020年01月14日)
  • 人質救出もする民間軍事警備会社 日産の前会長のゴーン被告事件のハイライトは海外逃亡であり、被告のレバノン人脈の警備会社が関与したと、伝えられています。この海外逃亡が密出国で違法なら、支援した組織も違法な犯罪に荷担したこと...(2020年01月14日)
  • ゴーン被告の海外逃亡に手を貸したわけではないが、結果的に最大限利用されてしまったと言われざるを得ないのだから、くれぐれもゴーン被告の日本弁護団の方々は言動に注意された方がいいだろう。 裁判所に既に弁護人辞任届を出されてい...(2020年01月13日)
  • ゴーン逃亡者に対するフランスの一般国民の態度は、彼を擁護するよりも、むしろ冷淡さや反感を示すものが多くなっている。 6日付の中道左派の新聞リベラシオンは皮肉っぽく「(ゴーン氏は違法出国のために)一般人では容易に手に入れら...(2020年01月12日)
  • 年明け後の実質的な始業となった今週はゴーン被告のニュースでほぼ一週間振り回されました。逃亡云々はともかく個人的に思うことは日本での生活を知ってしまった以上、経済が行き詰まり治安が悪化するレバノンでの生活はゴーン被告にとっ...(2020年01月11日)
  • ゴーンの「日本の有罪率は99%だ」というコメントを私が誤解だと批判し、それに対して郷原信郎さんが「特捜事件では99%だ」と反論したが、これは論理的には矛盾しない。 ゴーンのいう有罪/起訴の比率は99%以上だが、起訴率が5...(2020年01月11日)
  • 妙な比較論が出たものだと思う一方、歴史解釈には、日米双方の国柄の違いが改めて浮き彫りになる。 米国がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した軍事作戦について、米メディアが太平洋戦争で日本海軍の山本五十六提督(海軍大将...(2020年01月11日)
  • アゴラ研究所の運営するネット放送「言論アリーナ」。今回のテーマは「ゴーン事件は検察の大失態」です。 日産のゴーン元会長が日本を脱出して行なった記者会見が大きな波紋を呼んでいます。彼の主張をどう見るのか。元特捜検事の郷原さ...(2020年01月10日)
  • 石破  茂 です。 新年おめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 昨年末のゴーン被告のレバノンへの逃亡、新春早々のアメリカのイラクにおけるイラン革命防衛隊コッズ部隊ソレイマニ司令官殺害など、何かと我が...(2020年01月10日)
  • 意気軒高ぶりには目を見張る ゴーン被告が役者であることは間違いありません。レバノン・ベイルートの会見場には、被告の裁判や逃亡劇が国際的な注目を集め、12か国、60社、100人もの取材陣が押し掛けました。英語、仏語、アラビ...(2020年01月10日)
  • カルロス・ゴーンが記者会見で「日本の有罪率は99.4%だ」と述べたことが話題になっているが、これは誤解である。数字をアップデートして再掲する。 ゴーンが日本の司法制度を「推定有罪だ」と批判しているが、保釈条件を破って国外...(2020年01月09日)
  • ゴーン被告が逃亡先のレバノンで記者会見をしました。再びゴーン氏を取り巻くニュースが世間を騒がせることになりそうですが、多くの記事はゴーン氏を取り巻く事象がごちゃごちゃになっているように思えるものもあるので本件を少し俯瞰し...(2020年01月09日)
  • こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 微妙に風邪ひきました(37.1°)。年始から色々と消耗してたのかもしれませんので、今日は早めに寝ようと思います…。 が、大きなニュースになっているゴーン氏&トラン...(2020年01月09日)
  • 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告が8日、レバノンで行った記者会見では、日本メディアの多くが取材に入ることを認められなかったことでも波紋を読んだ。会見場に入れなかった一社でもある共同通信は、ゴーン被告の友人のテレビ司...(2020年01月09日)
  • 中東情勢が緊迫するなかで、日本企業のBCPの動きのほうに関心が向きますが、とりあえず「興味本位」で1時間半ほど、レバノンにおけるゴーン氏の会見を生動画で視聴しました。アラビア語、ポルトガル語、英語、仏語で記者から質問が飛...(2020年01月09日)
  • 日本国外へ違法に脱出した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が8日午後3時(日本時間8日午後10時)、逃亡先のレバノン・ベイルートで記者会見を行った。ゴーン被告が逃亡後に公の場に出てくるのは初めて。 ゴーン被告は事前に...(2020年01月08日)
  • 2020年最初の「#アゴラジオ」は、カルロス・ゴーン被告国外逃亡、緊迫する中東情勢、IR疑惑など年明け早々から事件置きまくりの中でオンエアです。 パーソナリティ 新田 哲史(アゴラ編集長) 宇佐美 典也(アゴラ研究所フェ...(2020年01月08日)
  • 今回の年末年始は大きな出来事がいくつもありました。 イランの革命防衛隊のソレイマニ司令官の殺害、この件は明日やることにして今日はこの人です。 12月31日大晦日の正午、またボーッとNHKニュースを見ていたら、「ゴーン被告...(2020年01月08日)
  • 逃亡支援のプロ組織の周到な準備 元日産会長のゴーン被告は逃亡劇を通じて、日本の危機管理網が隙だらけであることを教えてくれました。ゴーン被告の功績というのか、日本にとっての教訓というのか、そう絶句するしかありません。血で血...(2020年01月08日)
  • なぜか米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道ばかりが目に付く日産元会長ゴーン被告の逃亡事件だが、そのウォール・ストリート報道自身も、定評ある本来のグローバルな経済ニュースと違って、「逃亡はキャロル・ゴーン夫...(2020年01月07日)
  • 驚きました。安部総理がこの難局のもとで『4選』を決意したと官邸の友人が電話をして来て飛び起きた。そのために必要ならば解散も辞さない。憲法改正を世に問うと。私は、一度野に下って復活した総理なのだから、危機に直面すればするほ...(2020年01月07日)
  • 保釈金の金額をいくらにするか、というのは刑事弁護人にとっては腕の見せ所の一つであることは間違いない。 安ければ安いほどいい、というのが普通の方の感覚だろうが、刑事専門の弁護士の方々は必ずしもそうは考えないようである。依頼...(2020年01月07日)
  • 年明けのアゴラ編集部の企画で元日の新聞一面について解説をした。 そこでは、各社がゴーン事件の第一報で横並びする中で、朝日新聞がIR疑惑の特報として、中国企業が国会議員5人に現金を配っていたと書いたメモの存在をスクープした...(2020年01月06日)
  • 保釈条件に違反してレバノンに出国したゴーン氏が日本の刑事司法を批判していることに関して、「有罪率99%」のことが議論になっている。 池田信夫氏は、【「有罪率99%」という誤解】と題する記事で、 刑事訴訟の総数(併合を除く...(2020年01月05日)
  • 「ゴーン逃亡」の世界的衝撃 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産元会長のカルロス・ゴーン被告は、年末にプライベートジェット機で日本からレバノンに逃亡したとされる。保釈中における大物経営者の海外逃亡は日本では過去...(2020年01月05日)
  • まあ、下手な弁解はしないことである。 ゴーン被告との信頼関係が壊されたと思うのであれば、弁護団の方から弁護人辞任届を出すのがいいだろうと思うが、今のところそういう動きはなさそうである。 日産が保釈中のゴーン被告の動静監視...(2020年01月05日)
  • 座右に置いている渡辺京二の「逝きし世の面影」(平凡社)では、幕末に日本を訪れた多くの外国人の日本人に対する好感譚が山ほど読める。貝塚で知られるモースの次の話など、読むたび筆者の頬を緩ませずにはおかない。 錠をかけぬ部屋の...(2020年01月05日)
  • 本サイトオーナーの池田信夫の論考「ゴーンの不法出国は「主権侵害」か」で取り上げたように、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が、ゴーン被告の日本国外脱出を手引きした民間警備会社社員の元グリーンベレー隊員を実名で報道し...(2020年01月04日)
  • カルロス・ゴーンの出国について、かなりくわしいことがわかってきた。12月29日に住居を出たまま帰宅せず、そのまま出国したようだ。このとき日産のつけていた監視に対して弁護団が「告訴する」と警告して尾行をやめさせ、その日の夜...(2020年01月04日)
  • このブログも今日から通常の内容に戻ります。年末年始は比較的ニュースが少ない時期のはずだったのですが、てんこ盛りでどこから手を付けたらよいのでしょうか?大きなニュースの陰に隠れているのがIR汚職です。秋元議員以外の5名の議...(2020年01月04日)
  • 日産の元会長ゴーン氏が、保釈中に海外へ脱出した事件には本当に驚きました。メディアの報じる情報は様々であり、未だ真実はよくわかりません。ただ、プライベートジェットで日本を離れ、母国レバノンに滞在していることは事実のようです...(2020年01月04日)
  • レバノンを国家ぐるみで国際的逃亡犯罪者を匿う国だなどと非難することはしばらく止めておこうと思っている。 海外逃亡したゴーン被告をレバノンの国民が一様に英雄視しているというわけではなさそうだ。大統領や外相は今のところゴーン...(2020年01月04日)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑