「 韓国 」の検索結果を表示中:4366件

  • 世界的に感染症が拡大した2020年を境に、日本と外国との人の往来が厳しく制限されるようになり、外国人労働者を取り巻く環境が一変した。受け入れ自体は細々と続いているが、急激な景気の落ち込みにより、受け入れ先の企業に解雇され...(2021年01月18日)
  • 今月5日から12日まで8日間続いた北朝鮮労働党第8次大会で金正恩は「祖国統一を目指する闘争課題として強力な国防力を完成して南朝鮮で米帝の侵略武力を根本的に追い出す」と表明した。北朝鮮人民軍は専ら米軍撤収のために強化され新...(2021年01月18日)
  • 文在寅政権の北朝鮮に対する甘さを、日本人は理解できないでいます。韓国はあんなに発展して、北朝鮮は貧困のどん底にあるのに、おかしなことです。韓国は北朝鮮に援助してきましたが、それでも、北の指導者は韓国の指導者に罵詈雑言を浴...(2021年01月17日)
  • 「韓国を瞬時に黙らせる5つの最強の対抗策」が大変好評をいただいている。とくに「①日本人が半島に残した個人財産への補償を要求」の部分に興味を持っている方も多いので、その部分についてもう少し深掘りしたい。 この問題については...(2021年01月16日)
  • 石破 茂 です。 さる1月8日、自民党本部より会食自粛要請が出た当日に、福岡市において地元の皆様と会食しました件につき、深くお詫び申し上げます。 会場となった店の消毒や換気等の感染予防対策を確認するとともに、予め「もし人...(2021年01月16日)
  • 「韓国政府に馬鹿にされないための基礎知識」の中で、「韓国の卓袱台返しに対抗するためには、本当に彼らが嫌がることをすること、少なくとも脅かすことが必要」として5つの提案をしました。これについてもう少し説明したいと思います。...(2021年01月15日)
  • 朝刊各紙は14日、米下院におけるトランプ大統領の弾劾訴追可決を報じた。産経も黒瀬悦成ワシントン特派員の記事に「トランプ米大統領、2回目の弾劾訴追 史上初めて」との見出しを付けた。この記事を順を追って要約しつつ、事の経過を...(2021年01月15日)
  • こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。 電力はかなり逼迫。コロナの影であまり報じられませんが、こちらも危機的な状況です…。再生可能エネルギーはまだ十分な状況ではなく、LNG火力頼みの脆弱さが露呈。 ht...(2021年01月13日)
  • 韓国のソウル地裁が日本政府に対し賠償を求める慰安婦の裁判について、賠償命令の判決を出した。いろいろな意味で本当にあり得ない判決だ。既に旧朝鮮出身労働者問題で地に落ちていた日韓関係だが、今回の日本政府に直接手を出そうという...(2021年01月13日)
  • 小室直樹博士は元外交官で国際法に精通する色摩力夫との共著「戦争と平和の法」(総合法令)の中で、「主権」について示唆に富む発言をしている。以下にそのポイントを要約してみる。(以下、文中の太字は全て筆者) 主権の第一の根本的...(2021年01月13日)
  • 2021年が始まった。 世界の幕開けは、アメリカの大統領の号令一下行われた議会での民衆暴動や、中国による香港の民主派弾圧などのニュースが躍った。 世界は、民主主義へ挑戦する権威主義勢力が民主主義と拮抗し、あるいは打ち負か...(2021年01月13日)
  • 北朝鮮で労働党大会が開催され、金正恩氏が「総書記」の肩書を得ました。また幹部の約半分を入れ替えるなどの大幅な人事刷新があり、その中には注目すべき異動もありました。金正恩氏がこのタイミングで総書記の肩書を得たこと、そしてこ...(2021年01月12日)
  • 韓国の裁判所が、またやってくれた。国と国との信頼関係はもちろん、慰安婦について、国際法も条約も足蹴にする暴挙だ。 こうした一連の問題について、私は2019年にワニブックスから二冊の本を書いた。『捏造だらけの韓国史』と『あ...(2021年01月11日)
  • ソウル中央地裁は8日、16年1月に開始されていた日本政府を被告とする元慰安婦12名の訴訟で、原告の起訴事実をすべて認めた上で、被告が原告らに損害賠償金として一人1億ウォン(約950万円)を支払え、との判決を下した。 これ...(2021年01月10日)
  • 電気が足りません。 電力緊急事態 理由その1 寒波による電力需要増大 理由は二つ。 まず寒波で電力需要が伸びていること。この寒さですし、日本海側は雪が積もり、太陽光の多くが何日間も(何週間も)“戦力外”です。 こうしたk...(2021年01月10日)
  • 韓国のソウル中央地裁が元従軍慰安婦訴訟で日本政府に慰安婦だった韓国人女性らに慰謝料支払いを命じた判決を受け、外務省は韓国の駐日大使を呼び、抗議した。加藤勝信官房長官も8日の記者会見で、「断じて受け入れることはできない。国...(2021年01月08日)
  • 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は今月8日、37歳の誕生日を迎える。どれぐらいの祝電が平壌に届くか知らないが、今年は例年より厳しい1年になることは金正恩氏自身が良く知っているだろう。今月上旬に開催予定の第8回党大会を成功裏...(2021年01月05日)
  • コロナ禍のまま新年を迎えるとは思わなかった、これが元旦の感想。というのも筆者は昨年1月24日、春節で来日した台湾人家族3人を鎌倉の銭洗い弁天に案内していた。その家族は、修学旅行の生徒らに交じって一万円札数枚を籠に入れて洗...(2021年01月03日)
  • 賀正 でございます。いつものとおり、2021年を始めるに当たって、2020年を振り返ります。 2020年は世界史に残る年。断層があります。それまでの世とこれからでは光景が違います。 オリパラは延期、数多くのプロジェクトが...(2021年01月02日)
  • 新型コロナへのワクチン接種は、アメリカやイギリスではトランプ大統領やジョンソン首相の「英断」で早々に始まっているし、ロシアや中国ではもっと早かった。このへんは少々乱暴で政治的な賭けの要素もあったと思うが、普段はこうした問...(2020年12月25日)
  • 防衛省統合幕僚監部の発表によると、12月22日の昼間帯に中国軍の戦略爆撃機(H-6) 4機が、2機編隊ごとに分かれて、1個編隊は対馬海峡上空から日本海へ、もう1個編隊は東シナ海から沖縄・宮古島間上空を経て太平洋へと進出す...(2020年12月25日)
  • モスクワからの外電によると、ロシアのプーチン大統領は退職した大統領に対して刑事責任を終身免除する法案に署名した。同内容は退職した大統領の家族関係者にも当てはめられる。同法は退職した大統領とその家族へのアムネスティ(不逮捕...(2020年12月24日)
  • 11月末に中国の王毅外相が来日した際、習近平国家主席の来日案件については話題に上がらなかったとされます。王毅外相の訪日の目的は各種外交問題やオリンピックへの協力などとされ、菅総理とも会談をしていますが、その間に習近平国家...(2020年12月24日)
  • 他国に対して「内政干渉するな!」などと吠える国はどこかと問えば、多くの者がまず中国と北朝鮮に指を折るだろう。ともに中国共産党と朝鮮労働党という一党の独裁国家であり、国際社会が干渉するのはその国民への人権蹂躙だ。他国の干渉...(2020年12月22日)
  • 声が大きい者による日本支配 新型コロナ第三波が襲う中、マスメディア・野党・尾張守で構成されるモンスタークレーマーが【集団ヒステリー mass hysteria】を起こして浮足立った日本社会の意思決定を支配しています。まさ...(2020年12月21日)
  • 世界的にコロナ禍に見舞われた2020年でしたが、年の瀬になり、各国で近年強まっていた「脱炭素」「カーボンニュートラル」のトレンドが我が国でも大きく意識づけられました。皆さま、ご承知の通り、菅総理が先の臨時国会で、2050...(2020年12月21日)
  • 私は11月22日のアゴラ「邪馬台国九州・畿内並存説~魏志倭人伝の矛盾を解く」に書いた通り、魏志倭人伝に記述された帯方郡(現ソウル近辺)から山門の邪馬台国までの総距離「1万2000余里」は、概ね正確な数字だと考えている。 ...(2020年12月20日)
  • 今週は、コロナ感染確定者が1日700人を超えると推測していたが、800人以上にジャンプアップした。今日も664人と高い。季節的な要因(寒冷と乾燥)だからと解釈できなくもないが、この数字の増え方は尋常ではない。もし、慣例が...(2020年12月19日)
  • 昔、スウェーデンのジェンダー平等や福祉がいかに進んでいるかをペラペラ、得意げに話していたとき、尊敬する先輩から「出羽守にはくれぐれもならないように」と戒められ、天狗の鼻をへし折られた。 出羽守とは他国や他集団の優れた点を...(2020年12月19日)
  • 石破 茂 です。 各種世論調査で内閣支持率が大きく低下しています。その後もGo To キャンペーンの全国的な一時停止が響いたとか、ステーキ店での飲食が不評だったとか言われていますが、では仮にGo To をそのまま継続して...(2020年12月19日)
  • 14日に各州で選挙人による投票が行われ、バイデン氏は当選に必要な選挙人を正式に獲得することになった。これに対し、バイデン氏が勝利したと明言を避けていた、国内外のリーダーが一斉にバイデン氏が大統領選の勝者だと言及しだした。...(2020年12月17日)
  • 「ファクターXは幻想だ」岩田健太郎医師が説く“withコロナなどありえない理由” #新型コロナ #文藝春秋 #文春オンラインhttps://t.co/rJ8iEgQTJW — 文春オンライン (@bunshun_onli...(2020年12月16日)
  • 韓国の国会本会議は14日、北朝鮮の体制を批判したビラを北側に向けて散布することを禁止する「南北関係発展に関する法律」改正案を可決した。韓国聨合ニュースによると、韓国統一部は15日、「ビラ散布する国境地域の国民の生命権は言...(2020年12月16日)
  • (古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授) 12月中旬、米国議会の人権派の最有力議員が、韓国の政府と議会への強い抗議を表明した。民主化を促す北朝鮮へのビラ散布を禁止し、処罰まで課す措置を決めたこと...(2020年12月16日)
  • わたしが主催しています「21世紀を生き残るための「永江 虎の穴塾」では塾生を募集しています。コロナ禍の間、希望者は毎月30分。わたしと1:1でzoomでブレストができます。ひとりずつ丁寧にやってます。 Go Toトラベル...(2020年12月16日)
  • 私は、国政を志して以来、我が国の外交・安全保障を担う政治家たらんとの気概で仕事に取り組んでまいりました。そのためには、第一に我が国自身の国防努力、第二に米国との同盟関係の強化、さらには価値観や利益を共有する「同志国」との...(2020年12月15日)

過去の記事

ページの先頭に戻る↑