「 韓国 」の検索結果を表示中:3763件

  • 先輩記者が昔、「後日説明しなければ読者が理解できないようなコラムや記事を書くな」と言っていた。今回はその先輩の忠告を無視して、あえて説明を試みた。この欄で15日、「GSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)破棄撤回へのシナ...(2019年11月17日)
  • 同盟関係にある米国の国防トップから「終了されて利益を得るのは中国と北朝鮮だ」と説得されてなお日韓GSOMIA廃棄を翻意しないことが、韓国にとってどういう意味を持つのか? このまま期限の22日が過ぎるなら、2019年11月...(2019年11月17日)
  • 華族制度と爵位制度は一体だと思っている人が多いが、華族制度は明治2年(1869年)、爵位制度は明治17年(1884年)に発足している。 華族には公家、大名と一部の家老、維新やその後の功労者など、臣籍降下した皇族などがなっ...(2019年11月16日)
  • 東京モーターショーに前回比7割増の130万人も集まった、と報じられています。クルマ離れのこの時代になぜ、と思う方も多いと思いますが、私の分析ではこれは「トヨタモーターショー」としてコト消費の層が押し寄せたと考えています。...(2019年11月16日)
  • あいちトリエンナーレにおける「言論の不自由展」は、芸術監督の目論見通り注目を集めた。しかし、多くの日本人が「芸術を隠れ蓑にした反日活動」がいかに狡賢く行われているかに気が付く契機ともなった。普段はヘイト言動とは無縁な圧倒...(2019年11月16日)
  • カリフォルニア州経済が2017年に英国を抜き世界5位に浮上して、話題になりました。2007年、2012年との比較をみると、いかに著しい成長を遂げたかが分かりますよね。 でも、意外に知られていないのがマンハッタンを抱えるN...(2019年11月16日)
  • 本書は今年7月、韓国で出版され、2ヶ月で10万部を超えるベストセラーになったが、中身はそれほどセンセーショナルではない。李承晩TVで行われた連続講義をまとめた、韓国の近代史を論じる論文集である。 その内容は韓国では論議を...(2019年11月15日)
  • 最近、GSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の協定期限が今月23日0時まで迫っている中、アメリカの次官級要人3人とミリー統合参謀本部議長、エスパー国防長官、インド太平洋司令官が相次いて韓国を訪れ、在韓米軍司令官と韓国国...(2019年11月15日)
  • 日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が22日に終了し、23日に失効する。北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す時、同協定は日米韓にとっても重要な軍事情報を提供する枠組みだが、韓国が一方的に同協定の破棄を表明し、そ...(2019年11月15日)
  • 投票日まであと2ヵ月となった台湾総統選、野党国民党は11日、韓国瑜総統候補と共に選挙戦を戦う副総統候補に張善政元行政院長を正式に決定した。副総統候補には朱立倫前新北市長が有力とみられていたが、韓陣営によれば、朱氏側からそ...(2019年11月15日)
  • この記事の趣旨(もうフェミニズム記事を書くのは辞めます) なんか大げさなタイトルですが、最近ブログでは続けてフェミニズム関係の記事ばかり書く流れになったんですが、それによってネットでの記事が「読まれる量」的な数字が激減し...(2019年11月15日)
  • ヤフー(ジャパン)とLINEが経営統合する最終調整に入った、というニュースのヘッドラインを見た瞬間、なるほど似合いのカップルだと思うと同時にLINEの親会社である韓国ネイバーがソフトバンクに本当に売るのか、と一瞬驚きまし...(2019年11月14日)
  • これから何が起きるかを知ることは難しいが、我々が生きている現象世界を観察することで何らかのヒント、ないしは予感を得ることが出来るものだ。イエスは2000年前、イチジクの木を例に挙げて、「イチジクの木からこの譬(たとえ)を...(2019年11月14日)
  • ここ最近の韓国の報道を見ていると、毎日のように日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関わる記事が掲載されている。一方、わが国においてこの報道の取り扱いは、日韓問題を取り上げた記事などで少し見かける程度である。 つまり...(2019年11月14日)
  • 日本の「原子爆弾開発計画」はすでに1934年に着想され(注1)、日米開戦直前の1941年4月から実際に原子爆弾開発が進められた。日本軍部には二つの原子爆弾開発計画があった。 一つは日本陸軍の「二号研究」であり、いま一つは...(2019年11月14日)
  • マーク・ミリー米統合参謀本部議長は訪韓前の12日、午前に安倍総理、そして午後に茂木外相と相次いで会談した。 これに関し外務省は「本12日午前10時15分頃から約45分間、安倍晋三内閣総理大臣は、訪日中のマーク・ミリー米統...(2019年11月14日)
  • 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を韓国側が破棄する日が11月22日に到来します。日本のみならず、アメリカからも破棄の撤回を働きかけていますが、頑なな姿勢はいまだに変わっていません。そしてオウム返しのように「日本...(2019年11月13日)
  • チェコに駐在する北朝鮮の金平一大使と在オーストリアの金光燮(キム・グァンソプ)大使が今月一杯で職務を終え、北朝鮮に戻るという情報が流れている。金光燮大使は1993年3月18日にオーストリアの北朝鮮大使として赴任して既に2...(2019年11月13日)
  • 14日と15日に開かれる二つの米韓会議に米国防総省のエスパー長官とシュライバー次官補が出席する(参照:聯合ニュース)。こうした米国の相次ぐ圧力に関し鄭国家安保室長は10日、日韓GSOMIAは「韓日両国が解決すべき問題で、...(2019年11月13日)
  • この記事の要約 最近私のツイッタータイムラインが「フェミニズム vs オタク」論争で溢れかえってしまい、他の話がレアってぐらいになってしまっているんですが、個人的にはこんなに「無意味に相互憎悪が募るけど何の解決にもならな...(2019年11月13日)
  • 11月8日~9日にソウルで国際学術会議「サンフランシスコ体制を越えて」が開かれることは10日に拙稿で既報した。11日の朝鮮日報が会議の参加者の一人アレクシス・ダデン米コネティカット大学教授にインタビューした記事を報じてい...(2019年11月12日)
  • 11月10日の「サンデーモーニング」(TBS)で、いまや文在寅政権の報道官に就任するかという冗談も出るほど重宝されている青木理氏が、ミニ黒板を使い徴用工問題などについて説明した。要するに1965年の日韓基本条約は、韓国が...(2019年11月11日)
  • 師走にはまだ日があるのに南北朝鮮と中国が慌ただしくしているようだ。師走の語源は坊さんが忙しい時期だからとされる。だが、筆者には、その年に溜まったツケの払いに右往左往する時節という、落語によくある話の方がしっくりくる。 忙...(2019年11月10日)
  • 東京モーターショーに前回比7割増の130万人も集まった、と報じられています。クルマ離れのこの時代になぜ、と思う方も多いと思いますが、私の分析ではこれは「トヨタモーターショー」としてコト消費の層が押し寄せたと考えています。...(2019年11月09日)
  • 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効が今月23日に迫るに連れ、文在寅政権の日本に対するアプローチが和らぐかどうか注目を集めている。 そうした中で、今週6日、上皇さまの天皇在任中に慰安婦問題について謝罪せよと発...(2019年11月08日)
  • この記事の要約 ある「少年ジャンプをいまだに買っている友人」から、フェミニストと少年ジャンプ(集英社)の間のバトルが勃発しているらしい・・・という話を聞きました。 少年ジャンプの編集者になりたい女子学生が、「少年の心を持...(2019年11月08日)
  • 前回も書いたように、中国系官僚に操られた琉球王府関係者が、清との関係も続けたいとしていたのにもかかわらず、日本への併合が成功したのは、幸運だったともいえるが、欧米人たちが日本への併合が自然な成り行きだとみたことも大きかっ...(2019年11月07日)
  • 韓国聯合ニュースは6日12時前の日本語版で、「(スティルウェル米国務次官補が)23日に失効する韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、韓国政府の再考を促したかどうかは確認されていない。協議があったかとの記者団の...(2019年11月07日)
  • 11月4日、日韓関係で二つの動きがありました。 一つは東京開催されたG20国会議長会議に韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が参加していました。文喜相国会議長と言えば、慰安婦問題について今年の2月に当時の天皇陛下、現在の...(2019年11月06日)
  • 韓国側の元徴用工「1プラス1プラスα」提案 韓国の元徴用工らに対する日本企業の損害賠償責任を認めた2018 年10 月30日の韓国大法院判決を契機とした日韓関係の悪化を踏まえ、本年9月に入り韓国側から非公式に「1プラス1...(2019年11月06日)
  • 今年ほどWTOの話題が多かった年はなかったと思うのは筆者だけではないだろう。そしてここでの主役も期待に違わず中国と韓国だった。 韓国関係では、4月の震災被災地産物の日本逆転敗訴に始まり、日本製バルブへの不当関税に関する裁...(2019年11月05日)
  • この記事は、前回記事の十二国記に見る「女性ならではの視点」の本当の意味の後半です。 前回は、累計一千万部を突破する名作シリーズであり、18年ぶり新刊が出て「祭り」になっている「十二国記」の紹介と、「女性作者が書いたアルス...(2019年11月05日)
  • 台湾紙中央社は「喜楽島連盟」の呂秀蓮候補が2日、来年1月11日の総統選挙への出馬を断念したと報じた。台湾独立を目指す同連盟は7月に結成されたばかりで立候補者推薦要件を満たさないため、有権者の1.5%(約28万人)の署名集...(2019年11月04日)
  • この記事の要約 「十二国記」という知られざる大ヒット小説シリーズ(累計一千万部突破)があるんですが、18年ぶりに新作が出るということで、ファンの間には大きな話題になっています。 私はこの「18年ぶりの新作ブーム」の中で、...(2019年11月04日)
  • れいわ新選組・共産党の「消費税廃止」の主張 れいわ新選組(前参議院議員山本太郎代表)と共産党は、もともと「低所得層に負担が重い不公平税制」などを理由に、「消費税廃止」を主張していたが、今回、消費税が8%から10%に引き上...(2019年11月03日)
  • 沖縄首里城が全焼してしまいました。特に沖縄県民の方にはショックだったと思います。こうも簡単に全部焼け落ちてしまうのかと思うほどでした。「再建したばかりなのに」という工事に携わった方のコメントがずしんと響きました。ちなみに...(2019年11月02日)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑