衛藤 幹子
法政大学法学部政治学科教授
政治学博士(スットクホルム大学政治学部より学位取得)。法政大学名誉教授(2021年4月〜)。専門はジェンダー政治学で、女性の議会進出、クオータ制度、市民社会と民主主義などの研究に取り組み、最近の主著にWomen and Political Inequality in Japan: Gender-Imbalanced Democracy (2021, Routledge)、『政治学の批判的構想-ジェンダーからの接近』(2017年、法政大学出版局)がある。