「 八幡和郎 」の検索結果を表示中:667件

  • 読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」で蓮舫さんが「二重国籍」の可能性が指摘されているという報道を否定されたということの解説をすでにこの欄で書いたが、その後、正確なテキストが入手でき、また、ネット上で寄せられた情報をもとに...(2016年09月05日)
  • 地理の教科書を見ると、首都とは「政府のある都市」と書いてある。これだと、マレーシアはプトラジャヤ、オランダはハーグになるが、憲法でそれぞれクアラルンプールとアムステルダムだ。 日本の場合に都といえば天皇のおられるところだ...(2016年09月04日)
  • オバマ氏も小池百合子氏も、出生や卒業に疑惑を持たれた時には証拠を示した。蓮舫氏も野党第一党党首候補として政権交代・総理を目指すなら、口頭の説明だけでなく国籍離脱したエビデンスが必要ではhttps://t.co/mS5HK...(2016年09月03日)
  • 今朝の読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」で蓮舫さんが「私は生まれたときから日本人です。台湾籍は抜きました。(いつですか)高校三年生で18歳で日本国籍を選びました」と仰り、辛坊さんが「二重国籍はデマだとお伝えします」と引...(2016年09月03日)
  • 蓮舫さんの国籍問題について、日本と台湾には国交がないので、「中華民国籍」とういうのは、国籍でなく、二重国籍にもならないという人がいる。そこで、この点について、ちょっと、説明しておきたい。 「中華民国籍」については、世間で...(2016年09月03日)
  • 蓮舫さんは生まれたときは中華民国籍だった。17歳のときに法律が変わって日本国籍も与えられて二重国籍となったが、22歳までに日本国籍を選択宣言した。しかし、そのあと、日本の法律で要求されている中華民国籍の離脱手続きをして二...(2016年09月02日)
  • 日本は二重国籍を禁じている。しかし、現実にはかなりの二重国籍の人がいる。一方では、これまで二重国籍に寛容だったヨーロッパではテロやタックスヘブン対策で規制する方向になりつつある。 ここのところ、蓮舫さんの二重国籍の可能性...(2016年09月02日)
  • 「蓮舫にまさかの二重国籍疑惑」については、夕刊フジの記事(電子版)と、アゴラの記事、いずれも大好評をいただいている。いまのところ大手メディアは、追随してませんし、こんな国家をゆるがす大問題をプライバシーの保護だというのか...(2016年08月31日)
  • アゴラでも蓮舫さんの国籍問題、中国風の名前へのこだわり、日本国家への忠誠度への疑問、それも含めたスキャンダルについて、民進党が身体検査なしに代表にしようとしていることは疑問だと書いた記事を連続して寄稿してきた。 それを夕...(2016年08月29日)
  • 万世一系といわれる日本の皇室だが、現皇室で今上陛下の男子の孫は悠仁さまだけ。まさに皇統断絶へ向けて薄氷を踏む思いだ。 そこで、女帝とか女系子孫の可能性も取りざたされるのだが、もうひとつの可能性として、旧皇族とか、旧宮家か...(2016年08月29日)
  • 「女系天皇の是非は悠仁さまのあとまで封印を」というアゴラに私が書いた記事は、おかげさまで専門家や政治家にも好評だった。とくに、間もなく満10歳の誕生日を迎えられ、着々と帝王教育が進んでいる皇位継承予定者である悠仁さまを廃...(2016年08月28日)
  • 天皇陛下の生前退位で忘れられているのが財政負担の大きさだ。即位礼を始めとする儀式に関する費用はどうせ必要だから時期の問題だけだが、もっとも難問なのは、新旧天皇がどこに住まれるかだ。 昭和天皇は吹上御所に住まれ,崩御ののち...(2016年08月27日)
  • 自民党の二階俊博幹事長が「女性尊重の時代に天皇陛下だけそうはならないというのはおかしい。時代遅れだ」と発言し大きな波紋を呼んでいる。 私は女性天皇の是非と現実の皇位継承問題は切り離さなければならないと主張してきた。つまり...(2016年08月26日)
  • 天皇陛下の生前退位をめぐり、内閣法制局などが、生前退位を今の天皇陛下にだけに限定するのであれば、特例法の制定で対応が可能だが、将来にわたって生前退位を可能にするためには、「憲法改正が必要」と指摘しているという報道がある。...(2016年08月25日)
  • 「蓮舫という中国風ファーストネームで首相をめざすとは日本人はよほどなめられている」とfacebookで書いたら、「どうでもいいことで足を引っ張るのはやめた方がいいでしょう。言う側の品性を問われます」とコメントをした方がい...(2016年08月23日)
  • 終戦の日にBS11の番組で靖国神社についてお話しした。番組の視聴者が若い人主体だというので、少しいろいろ考えることもあった。 私は議論が錯綜してしまった以上は、玉虫色の解決をするしかないと思う。 そもそもの問題は、戦後、...(2016年08月22日)
  • 400mリレー決勝で日本チームが二位になるというサプライズ。そのアンカーはケンブリッジ飛鳥さん。ジャマイカ人の父と日本人の母のあいだにジャマイカで生まれ大阪育ち。現在の法律では二重国籍だったのが日本国籍を選んだということ...(2016年08月21日)
  • 薩長同盟は、不思議にそれぞれは薩摩と長州と呼ばれ、薩州と長門とはほとんどいわない。私は滋賀県出身だが、昔は江州商人といったが、いまは近江商人というのが普通だ。 最近、「消えた都道府県名の謎」(イースト新書Q)という本を書...(2016年08月20日)
  • アメリカではトランプ夫人がモデル時代に撮ったセクシー写真が雑誌に公開されて、大統領夫人としての品格に疑問を呈されている。もちろん、本人のことでもなく、それでトランプが大統領候補失格になるわけでもないが、きちんと議論され判...(2016年08月19日)
  • ※参院安保特別委で、安保関連法案を追及した当時の蓮舫氏(旧民主党サイトより) アメリカの大統領選挙を見ていると、候補者の適性を論じるなかで、かなりの部分がアメリカ軍最高司令官たり得るかという観点に割かれていることが分かる...(2016年08月16日)
  • 蓮舫さんのお名前については、詳しい経歴を公表することを拒否されているので正確なところは不明だが、少なくとも中華民国単独国籍だった18歳までは謝蓮舫、法律改正があって二重国籍になって謝蓮舫と斉藤蓮舫のダブルネーム(?)、そ...(2016年08月15日)
  • 北海道を分割していくつかの県にしようという提案が自民党道議から出ている(※詳細は文末、図は北海道新聞サイトより)。北海道に札幌、根室、函館三権時代があったことは「消えた都道府県名の謎」 (イースト新書Q)で書いたばかりだ...(2016年08月14日)
  • 「台湾から帰化した蓮舫が首相になれる条件」という投稿をしたところ大きな反響をいただいたので、その続編である。投稿の趣旨は、①国籍選択の経緯を説明し、②現在や国籍選択後に二重国籍でなかったことを証明し、③日台・日中の懸案問...(2016年08月12日)
  • 民進党の代表選挙は蓮舫氏(写真、wikipedia)の独走状態のようだ。しかし、閉鎖的といわれる日本人が野党第一党の党首に台湾から帰化した女性を選び、有力な首相候補とするとはずいぶんと大胆なことだと思う。 しかし、その一...(2016年08月11日)
  • 昨夜のBS11「報道ライブ IN side OUT」で国民の反響も紹介しながら本件について解説をし、いろんなことを思った。  まず、陛下の言葉が素晴らしく感動的だったことであることはいうまでもない。しかし、国民がそれを受...(2016年08月09日)
  • 近年世界中で「右傾化」が進行しているという声を方々で聞く。「右傾化」を憂うる声は日本国内でも特に大学の社会科学系の教授方などからも発せられることが多い。筆者が慶應義塾大学法学部法律学科に在学していたころも、「憲法」の講義...(2016年08月08日)
  • 生前退位の意向を周囲に示されている天皇陛下は、象徴としての務めについてのお気持ちを8日午後3時からビデオメッセージの形で表明される(※写真は宮内庁サイトより)。そののち、安倍首相の談話も出されるとも伝えられている。 お言...(2016年08月08日)
  • 来年のNHK大河ドラマは女武将「井伊直虎」だ。「女義経」ともいうべき小池百合子知事が大活躍した日本の七月だが、蓮舫も民進党の代表になりそうで、勇ましい女性がブームになるかも知れない。秋に本を刊行しますので現在、執筆中。 ...(2016年08月06日)
  • 「東京都の影の知事」といわれ、石原慎太郎ですら手も足も出なかったという。自民党都連幹事長である内田茂都議の存在がにわかにクローズアップされて、東京都庁というところはよほど変なところだと思う人が多くなっている。 しかし、こ...(2016年08月04日)
  • 過去の都知事選挙と比べて、今回ほど主要候補以外が注目されたことはない。どうしてかというと、主要候補とはいえないが、泡沫候補とも違う中間的な候補者が多かったので、マスコミも扱いに困った。 しかも、NHKなどが準主要候補とし...(2016年08月03日)
  • 鳥越俊太郎氏の応援を宇都宮健児氏がしなかった経緯が明らかになった。選挙前には、「応援するための条件を提示したが意見が一致しなかった。その申し入れの内容は選挙が終わってから発表する」ということだった。 そして、選挙が終わっ...(2016年08月02日)
  • ハプニングも起きることなく、小池百合子氏の圧勝に終わった。小池40%前後、増田30%弱、鳥越25%弱、その他10%弱というのが事前の世論調査から予想される平均的な所だったと思うが、結果は44.5・ 27.4・ 20.6・...(2016年08月01日)
  • どうも新田です。本日もスッピンで平常運転中です。そういうわけで小池さんがMedia Warsをバカ勝ちで制したわけですが、同じ保守分裂・劇場型になった都知事選でも1991年のケースと違うのは、東京都連を始めとする組織団体...(2016年07月31日)
  • 黒船がやってきたとき、その巨大な武力を前に幕府は屈服し、開国しか選択がなかったと信じている人がほとんどだ。しかし、数百人の武力でいくら装備が時代遅れとは言え人口三千万人の良く組織された国を植民地にできるはずがない。  当...(2016年07月31日)
  • 東京都知事選挙は、小池百合子優勢のまま投票日になだれ込みそうだ。最後にハプニングがあるとすれば、安倍首相が増田寛也、宇都宮健児弁護士が鳥越俊太郎の応援に現れることだったがそれもなかったし、あったとしても大勢には影響なかっ...(2016年07月30日)
  • もしマスコミの予想通り小池百合子が都知事選挙に勝利したら、日本の政治にとって良いことが多いと思う。 これまで女性の首長はけっこう誕生しているが、例外はあるものの男の都合でできたものだ。地方の事情としては保革相乗りを維持し...(2016年07月29日)
16 / 19««151617»»

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑