龍馬の幕末日記㊲ 8月18日の政変で尊皇攘夷派が後退

2021年02月08日 06:00

※編集部より:本稿は、八幡和郎さんの『坂本龍馬の「私の履歴書」』(SB新書・電子版が入手可能)をもとに、幕末という時代を坂本龍馬が書く「私の履歴書」として振り返る連載です。(過去記事リンクは文末にあります)

堺町御門 Wikipedia

慶応3年に幕府が倒れたことを、突然の大事件だというのは誤りだ。私が死んだあとに、明治の御代で起きたことは驚くべき変化だが、日本や中国の歴史は私たちの世代でもよく知っているのだから、徳川の時代が永遠に続くなどと皆が思っていたわけない。

もし後醍醐天皇のように孝明天皇がお考えずに、文久3年に八月一八日の政変が起きなければ、幕府は政権を返上せざるを得なかったのでないかとすら思える。実際、既に紹介したように、幕臣の大久保一翁などは私に、駿遠三に徳川は引っ込めばいいとかいっていた。井伊大老なら断固、抵抗されただろうが、そういう老中も幕府にはいなかった。

され、この日の朝、会津と薩摩の兵が御所の九門に兵を出して固めた。そして、三条実美ら尊攘派の公家たちの参内を禁じ、長州の堺町御門警護を排除したのである。

このころ尊攘派は、攘夷が実行されないことに苛立ち、孝明天皇を神武天皇陵や春日大社に参拝させ、それと同時に武力蜂起をして一気に政権を奪おうとしていた。いわゆる大和行幸計画である。

だが、これに対抗して薩摩と会津、それに公武合体派の公家たちが組んでおこしたのが、このクーデターであった。この結果として幕府はその命を四年ほど長らえた。薩摩が主導権をとったというのはのちの歴史の展開からすれば不思議だが、このころは西郷がまだ京にいなかったのである。また、長州贔屓の一橋慶喜もいなかった。

一方、土佐ではこの事件で容堂公が尊攘派を斬ることに踏み切られた。

7月29日に半平太が容堂公に会ったときには、「土佐守(豊範)や少将様(豊資)もおられるので勝手には君たちの言うような改革ができず申し訳ない」、「将軍が攘夷について違勅すると明らかになれば、必ず、将軍の首をわしが取る」などと半平太の意を迎えるようなことをおっしゃっていたのだ。容堂公といえども勢威を誇る勤王党に配慮し媚びなくてはならなかったともいえるし、場合によってはそちらに乗る気もあったのだろう。

だが、京都での政変が起きると、容堂公は国境警備を厳重にされ、このために長州へ下る三条実美ら七卿からの檄文を届ける宮部鼎蔵も国境で阻止された。そして、9月21日には半平太が下獄させられたのである。

河野敏鎌(万寿弥)、小畑孫次郎(美稲)、小畑孫三郎、島村衛吉も同時に逮捕された。このうち、河野と孫次郎は明治まで生き残って政府高官にもなったが、残りの二人は獄死した。

もうひとつ残念だったのは、天誅組の敗戦である。この政変の前日、尊攘派公家で明治天皇の叔父にあたる中山忠光が率いる天誅組は、大和五条の幕府代官所を襲っていた。三八人の同志のうち吉村寅太郎など一八人が土佐出身者だった。

だが、八月十八日の政変が起こり、大和行幸は中止となり、彼らは孤立した。天の辻に本陣を移し、十津川郷士960人の応援を得たが、高取城攻撃に失敗し、朝廷から天誅組を逆賊とする令旨が届いたことから彼らの離反も招き、9月19日に至りちりぢりになって逃亡した。

「先日、大和の国で戦のようなものがあり、そのなかに、池内蔵太、吉村虎太郎、平井収二郎の親戚の池田の弟(土居佐之助)、水通町のおさとの坊主(上田宗児)などがいましたが、負けてしまったそうです。みんな戦いの仕方をしらないので一方的にまけてしまったようです。私が少し指図すれば、打ち破れたのにと残念です」と江戸から書き送った。

吉村は茶店の老婆の通報で追い詰められ、「吉野山風に乱るるもみじ葉は我が打つ太刀の血煙と見よ」という辞世を残し、伊勢津藩兵の銃弾に倒れた。土居はとらえられて刑死、上田はのちに戊辰戦争で戦死した。池内は大胆にも京都へ戻って生き延び、のちに海援隊に入る。

ついでながら、この事件で死んだなかに乾十郎がいる。土佐藩士だった広井磐之助というものが父を口論の末に殺して逃亡した同僚の楢崎三郎を仇討ちしようというので私も援助したが、このとき、勝先生の門人で大和五条の医者乾十郎が水戸浪士らとともに加勢した。

ところが、尊攘派の志士でもあった乾は水戸浪士らが勝先生を誅殺しようとしていることを聞きつけ、陸奥宗光に相談したことから、怒った水戸浪士らは乾を殺害しようとした。私は仲裁に入って乾を五条に帰しておいたのだが、この事件に参加して死んでしまったのである。

一方、京都でこの政変があった1月ほど前の7月、鹿児島では英国艦隊の襲来があり、いわゆる薩英戦争が戦われた。鹿児島の町が炎上するなど薩摩側の被害も大きかったが、英国艦隊も相当な被害を出して、英国は薩摩と接近することになる。やはり、交渉するにもいざとなれば戦うと言うことでないとろくな交渉はできないのである。

「龍馬の幕末日記① 『私の履歴書』スタイルで書く」はこちら
「龍馬の幕末日記② 郷士は虐げられていなかった 」はこちら
「龍馬の幕末日記③ 坂本家は明智一族だから桔梗の紋」はこちら
「龍馬の幕末日記④ 我が故郷高知の町を紹介」はこちら
「龍馬の幕末日記⑤ 坂本家の給料は副知事並み」はこちら
「龍馬の幕末日記⑥ 細川氏と土佐一条氏の栄華」はこちら
「龍馬の幕末日記⑦ 長宗我部氏は本能寺の変の黒幕か」はこちら
「龍馬の幕末日記⑧ 長宗我部氏の滅亡までの事情」はこちら
「龍馬の幕末日記⑨ 山内一豊と千代の「功名が辻」」はこちら
「龍馬の幕末日記⑩ 郷士の生みの親は家老・野中兼山」はこちら
「龍馬の幕末日記⑪ 郷士は下級武士よりは威張っていたこちら
「龍馬の幕末日記⑫ 土佐山内家の一族と重臣たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑬ 少年時代の龍馬と兄弟姉妹たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑭ 龍馬の剣術修行は現代でいえば体育推薦枠での進学」はこちら
「龍馬の幕末日記⑮ 土佐でも自費江戸遊学がブームに」はこちら
「龍馬の幕末日記⑯ 司馬遼太郎の嘘・龍馬は徳島県に入ったことなし」はこちら
「龍馬の幕末日記⑰ 千葉道場に弟子入り」はこちら
「龍馬の幕末日記⑱ 佐久間象山と龍馬の出会い」はこちら
「龍馬の幕末日記⑲ ペリー艦隊と戦っても勝てていたは」はこちら
「龍馬の幕末日記⑳ ジョン万次郎の話を河田小龍先生に聞く」はこちら
「龍馬の幕末日記㉑ 南海トラフ地震に龍馬が遭遇」はこちら
「龍馬の幕末日記㉒ 二度目の江戸で武市半平太と同宿になる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉓ 老中の名も知らずに水戸浪士に恥をかく」はこちら
「龍馬の幕末日記㉔ 山内容堂公とはどんな人?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉕ 平井加尾と坂本龍馬の本当の関係は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉖ 土佐では郷士が切り捨て御免にされて大騒動に 」はこちら
「龍馬の幕末日記㉗ 半平太に頼まれて土佐勤王党に加入する」はこちら
「龍馬の幕末日記㉘ 久坂玄瑞から『藩』という言葉を教えられる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉙ 土佐から「脱藩」(当時はそういう言葉はなかったが)」はこちら
「龍馬の幕末日記㉚ 吉田東洋暗殺と京都での天誅に岡田以蔵が関与」はこちら
「龍馬の幕末日記㉛ 島津斉彬でなく久光だからこそできた革命」はこちら
「龍馬の幕末日記㉜ 勝海舟先生との出会いの真相」はこちら
「龍馬の幕末日記㉝ 脱藩の罪を一週間の謹慎だけで許される」はこちら
「龍馬の幕末日記㉞ 日本一の人物・勝海舟の弟子になったと乙女に報告」はこちら
「龍馬の幕末日記㉟ 容堂公と勤王党のもちつもたれつ」はこちら
「龍馬の幕末日記㊱ 越前に行って横井小楠や由利公正に会う」はこちら
「龍馬の幕末日記㊲ 加尾と佐那とどちらを好いていたか?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊳ 「日本を一度洗濯申したく候」の本当の意味は?」はこちら

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

過去の記事

ページの先頭に戻る↑