龍馬の幕末日記㉝ 脱藩の罪を一週間の謹慎だけで許される

2021年02月02日 06:00

※編集部より:本稿は、八幡和郎さんの『坂本龍馬の「私の履歴書」』(SB新書・電子版が入手可能)をもとに、幕末という時代を坂本龍馬が書く「私の履歴書」として振り返る連載です。(過去記事リンクは文末にあります)

順動丸 Wikipediaより

文久3年の後半からは残念な方向になっていくのだが、勝先生のもとでの私の仕事は順風満帆に発展していった。

この年のはじめの、1月8日には土佐藩から甥の高松太郎のほか、千屋寅之助、望月亀弥太が航海術修行を命じられた。「竜馬がゆく」ではお龍の弟の楢崎太郎も入門していたとあるが、まだ、お龍と会ってもいないころだから関係ないし、太郎はのちに神戸操練所で預かった時期があるが、そのときでも10才の子供だ。

寅之助はのちにお龍の妹である君枝と結婚する男である。私より七歳年下で、安芸郡和食村(現芸西村)で庄屋の三男として生まれ、土佐勤王党では34番目の加入者だった。中岡慎太郎の率いる50人組の一員として江戸へ出て、千葉定吉道場で私と知り合った。維新後はアメリカに留学したあと海軍少佐となった。

亀弥太は清平の弟だ。池田屋事件で新撰組に襲われ、長州屋敷に保護を求めたが断られ、自刃した。

しかし、私はこの段階では、土佐からみればなお無断脱走の罪をおかした罪人であることに代わりはなかった。

勝先生も何とかしたいと思っておられたところ、1月に勝先生が上方から江戸に順動丸という軍艦で帰られることになり、この途中、伊豆の下田に寄港したところ、宝福寺というところで勝先生とたまたま滞在されていた容堂公が会見されることとなった。

そのときに私の脱走を赦免するように頼んでくださったのである。

容堂公は、「まあ飲めよ」と先生にお勧めになり、酔いが回ったあたりでまた宥恕を請う勝先生に「いいよ」とおっしゃる。それだけでは心配な先生が何か証拠をというと、公は扇に瓢箪の絵を描き、「歳酔360回 鯨海酔侯」と揮毫された。郷士のことなどどうでもいいのだ。

2月には千葉重太郎から頼まれた越前の松平春嶽公が、容堂公に私の脱走を許すように念を押してくださった。

2月25日には、京都の土佐屋敷の望月清平と島村寿之助に呼び出された。二人とも勤王党の仲間だが、彼らは、邸内の一室で7日間の謹慎を条件に赦免するという。

役人としては寛大な処分のつもりだっただろうが、私にとっては大苦痛で、「よくも俺をこんな目に遭わせておって」とわめき散らしたので、まったく子供っぽいやつだと笑い物にされてしまった。

3月になると、将軍家茂公が三代将軍家光公が最後に上京されたときから2世紀ぶりに京都に登ってこられたころだが、私は安岡金馬ともども、勝先生のもとで航海術を学べと命令を受け、ありがたいことに月に土佐から月2両の手当までもらえることになった。

安岡家は馬ノ上村(芸西村)で庄屋を務め、金馬は田野学館で学んだ。のちに帰国命令に従い私と袂を分かったが、勤王党弾圧が厳しくなると長州に脱走し、禁門の変に参加、三条実美ら五卿とともに太宰府にあったあと海援隊に入った。維新後は土佐商会や海軍で活躍し横浜に住み、お龍が再婚する時には媒酌人を務めた。

*龍馬が土佐を脱走してからどうして生計を立ててきたかは謎のままだ。ほかの脱走者と同様に長州当局や、尊攘派の富豪などの援助はあっただろうが、それだけではあるまい。兄の権平にも事前に相談して、それなりの資金は持っていたのでないかと思う。 龍馬の脱走は、むしろ、家族に迷惑をかけないためという要素もあったし、そうでなくとも、吉田東洋暗殺以降は、土佐勤王党員は、藩政を牛耳る与党的な立場になったから、龍馬も本当の意味でのお尋ね者でもなく、権平が人に託して送金することがそれほど難しかったとは思えない。

ただし、坂本家の財力を持ってしても、龍馬が子分を抱えたりすることを支えたりすることは無理で、その資金は龍馬が別の方法で調達することが必要になってくる。つまり、現代の政治家志望の小金持ち青年と同じで、バカ息子の生活費くらいは仕送りできても、政治資金までは無理なのと同じだ。

「龍馬の幕末日記① 『私の履歴書』スタイルで書く」はこちら
「龍馬の幕末日記② 郷士は虐げられていなかった 」はこちら
「龍馬の幕末日記③ 坂本家は明智一族だから桔梗の紋」はこちら
「龍馬の幕末日記④ 我が故郷高知の町を紹介」はこちら
「龍馬の幕末日記⑤ 坂本家の給料は副知事並み」はこちら
「龍馬の幕末日記⑥ 細川氏と土佐一条氏の栄華」はこちら
「龍馬の幕末日記⑦ 長宗我部氏は本能寺の変の黒幕か」はこちら
「龍馬の幕末日記⑧ 長宗我部氏の滅亡までの事情」はこちら
「龍馬の幕末日記⑨ 山内一豊と千代の「功名が辻」」はこちら
「龍馬の幕末日記⑩ 郷士の生みの親は家老・野中兼山」はこちら
「龍馬の幕末日記⑪ 郷士は下級武士よりは威張っていたこちら
「龍馬の幕末日記⑫ 土佐山内家の一族と重臣たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑬ 少年時代の龍馬と兄弟姉妹たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑭ 龍馬の剣術修行は現代でいえば体育推薦枠での進学」はこちら
「龍馬の幕末日記⑮ 土佐でも自費江戸遊学がブームに」はこちら
「龍馬の幕末日記⑯ 司馬遼太郎の嘘・龍馬は徳島県に入ったことなし」はこちら
「龍馬の幕末日記⑰ 千葉道場に弟子入り」はこちら
「龍馬の幕末日記⑱ 佐久間象山と龍馬の出会い」はこちら
「龍馬の幕末日記⑲ ペリー艦隊と戦っても勝てていたは」はこちら
「龍馬の幕末日記⑳ ジョン万次郎の話を河田小龍先生に聞く」はこちら
「龍馬の幕末日記㉑ 南海トラフ地震に龍馬が遭遇」はこちら
「龍馬の幕末日記㉒ 二度目の江戸で武市半平太と同宿になる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉓ 老中の名も知らずに水戸浪士に恥をかく」はこちら
「龍馬の幕末日記㉔ 山内容堂公とはどんな人?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉕ 平井加尾と坂本龍馬の本当の関係は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉖ 土佐では郷士が切り捨て御免にされて大騒動に 」はこちら
「龍馬の幕末日記㉗ 半平太に頼まれて土佐勤王党に加入する」はこちら
「龍馬の幕末日記㉘ 久坂玄瑞から『藩』という言葉を教えられる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉙ 土佐から「脱藩」(当時はそういう言葉はなかったが)」はこちら
「龍馬の幕末日記㉚ 吉田東洋暗殺と京都での天誅に岡田以蔵が関与」はこちら
「龍馬の幕末日記㉛ 島津斉彬でなく久光だからこそできた革命」はこちら
「龍馬の幕末日記㉜ 勝海舟先生との出会いの真相」はこちら

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

過去の記事

ページの先頭に戻る↑