龍馬の幕末日記㊱ 越前に行って横井小楠や由利公正に会う

2021年02月05日 06:00

※編集部より:本稿は、八幡和郎さんの『坂本龍馬の「私の履歴書」』(SB新書・電子版が入手可能)をもとに、幕末という時代を坂本龍馬が書く「私の履歴書」として振り返る連載です。(過去記事リンクは文末にあります)

横井小楠 Wikipediaより

土佐が騒がしくなってきた頃、私の方は勝先生に頼まれて、越前の春嶽公のところに金策に行かされた。幕府は勝先生に3000両の予算は認めていたが、それでは、足りなかったのだ。

福井では高名な横井小楠先生にお会いして用立てを頼んだところ、1000両の借用に成功した。横井先生とはすっかり意気投合した。

また、あとでまた紹介する財政通でのちに「五箇条の後成誓文」を起草した三岡八郎(由利公正)などとも一緒になって歌など歌って楽しく過ごした。「君がため捨つる命は惜しまねど 心にかかる国の行く末」などという和歌もこのとき詠んだものだ。

由利公正 Wikipediaより

このときの金額を5000両とする資料もあるが、それはちょっと大きすぎる数字で1000両が正しい。

このころ、春嶽公が挙藩上京されるという話があった。これは、横井先生らが推進したもので、テロに明け暮れる京都の秩序を取り戻すためにも、土佐や肥後と連携した上で、福井から数千以上の兵を京都に出し、政局の主導権を握ろうというものだった。

だが、家茂公が五月に江戸に帰府されたことから、通常通りに江戸に参勤交代すればよいという意見が出たり、協力を求めた肥後などがあまり乗り気でなかったことから見送られ、この失敗がきっかけとなって横井先生は熊本に帰り、そこで、新政府成立まで幽居されるのである。

この旅の途中、私は乙女宛に有名な「エヘンの手紙」を書いている。「最近は日本で一番の軍学者、勝麟太郎という大先生の門人となり、ことのほか可愛がられ、いってみれば客分のようなものになった」

「近いうちに大坂から10里余りの兵庫というところに、海軍を教えるところをり、1000メートルもある船を造り、弟子も4、500人も各地から集まるので、私や高松太郎も稽古し、そのうちに練習用の蒸気船で土佐にも参りますから、そのときはお目にかかりましょう」

「私の考えにはこのごろは兄さんも同意し、面白い、やってみろと言ってくれています。少しエヘンの顔をして、ひそかに目立たぬようにしています。まあ、勝先生ともなると人を見る目があるものだなあと思います」

「エヘン、エヘン。追伸 この手紙のことを人に言うと誤解されたりもするので、一人に留めておいてくださいね」といった具合だ。

だが、土佐では容堂公が徒党を組むことを自粛するようにと布告され、勤王党への包囲網は徐々に強化されていたのである。

私も調子に乗りすぎていたのであって、今になって思えば、楽観的にものを見過ぎていたようだ。

「龍馬の幕末日記① 『私の履歴書』スタイルで書く」はこちら
「龍馬の幕末日記② 郷士は虐げられていなかった 」はこちら
「龍馬の幕末日記③ 坂本家は明智一族だから桔梗の紋」はこちら
「龍馬の幕末日記④ 我が故郷高知の町を紹介」はこちら
「龍馬の幕末日記⑤ 坂本家の給料は副知事並み」はこちら
「龍馬の幕末日記⑥ 細川氏と土佐一条氏の栄華」はこちら
「龍馬の幕末日記⑦ 長宗我部氏は本能寺の変の黒幕か」はこちら
「龍馬の幕末日記⑧ 長宗我部氏の滅亡までの事情」はこちら
「龍馬の幕末日記⑨ 山内一豊と千代の「功名が辻」」はこちら
「龍馬の幕末日記⑩ 郷士の生みの親は家老・野中兼山」はこちら
「龍馬の幕末日記⑪ 郷士は下級武士よりは威張っていたこちら
「龍馬の幕末日記⑫ 土佐山内家の一族と重臣たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑬ 少年時代の龍馬と兄弟姉妹たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑭ 龍馬の剣術修行は現代でいえば体育推薦枠での進学」はこちら
「龍馬の幕末日記⑮ 土佐でも自費江戸遊学がブームに」はこちら
「龍馬の幕末日記⑯ 司馬遼太郎の嘘・龍馬は徳島県に入ったことなし」はこちら
「龍馬の幕末日記⑰ 千葉道場に弟子入り」はこちら
「龍馬の幕末日記⑱ 佐久間象山と龍馬の出会い」はこちら
「龍馬の幕末日記⑲ ペリー艦隊と戦っても勝てていたは」はこちら
「龍馬の幕末日記⑳ ジョン万次郎の話を河田小龍先生に聞く」はこちら
「龍馬の幕末日記㉑ 南海トラフ地震に龍馬が遭遇」はこちら
「龍馬の幕末日記㉒ 二度目の江戸で武市半平太と同宿になる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉓ 老中の名も知らずに水戸浪士に恥をかく」はこちら
「龍馬の幕末日記㉔ 山内容堂公とはどんな人?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉕ 平井加尾と坂本龍馬の本当の関係は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉖ 土佐では郷士が切り捨て御免にされて大騒動に 」はこちら
「龍馬の幕末日記㉗ 半平太に頼まれて土佐勤王党に加入する」はこちら
「龍馬の幕末日記㉘ 久坂玄瑞から『藩』という言葉を教えられる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉙ 土佐から「脱藩」(当時はそういう言葉はなかったが)」はこちら
「龍馬の幕末日記㉚ 吉田東洋暗殺と京都での天誅に岡田以蔵が関与」はこちら
「龍馬の幕末日記㉛ 島津斉彬でなく久光だからこそできた革命」はこちら
「龍馬の幕末日記㉜ 勝海舟先生との出会いの真相」はこちら
「龍馬の幕末日記㉝ 脱藩の罪を一週間の謹慎だけで許される」はこちら
「龍馬の幕末日記㉞ 日本一の人物・勝海舟の弟子になったと乙女に報告」はこちら
「龍馬の幕末日記㉟ 容堂公と勤王党のもちつもたれつ」はこちら

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

過去の記事

ページの先頭に戻る↑