龍馬の幕末日記㊳ 勝海舟の塾頭なのに帰国を命じられて2度目の脱藩

2021年02月09日 06:00

※編集部より:本稿は、八幡和郎さんの『坂本龍馬の「私の履歴書」』(SB新書・電子版が入手可能)をもとに、幕末という時代を坂本龍馬が書く「私の履歴書」として振り返る連載です。(過去記事リンクは文末にあります)

勝海舟 Wikipedia

このころ、私は勝先生の指示に従い、江戸と京都、神戸を行き来していた。大久保一翁先生から諸侯の会議の設置についての話を聞くようなこともあったし、京都に復帰してこられた春嶽公にも謁見もした。

こんななかで、私はひとつの決断をした。男子のない兄権平の養子にならないことに決めたのだ。権平の妻千野の弟である川原塚茂太郎に手紙を書いた。「養子の件は何年も前からの兄の希望だが、土佐一国で学問すれば一国だけの論になるが、世界を横行したらそれなりに眼を開く。天から受けた知を咲かさないといかんとおっしゃていたでしょう。勢いによっては海外へも行くかも知れず、仮に40歳まで国へ帰らないと兄は60歳になってしまう。親戚でよく相談してしかるべき養子を立て欲しい」といった趣旨であった。兄たちにとっても仕方ないといったところだっただろう。

このころ、土佐における勤王派粛清の影響は厳しい形で私にも降りかかってきた。10月12日には勝先生のもともに、半平太の逮捕、長州への亡命者が続出していること、京坂在住者に帰国命令や捕縛がなされていることなどが聞こえてきた。

そして、11月末には千屋虎之助、望月亀弥太、高松太郎、安岡金馬に帰国命令がなされた。私にも帰国するようにとの意向が伝わってきたので勝先生に相談したところ、「坂本は塾頭を申しつけており、過激な行動はさせないので、ひきつづき留めおきたい」と土佐藩目付に依頼状を書いてくださったので江戸屋敷に届けた。

だが、ともかくいちど帰国すべきだといわれた。もとよりその気はなく、またもや、脱走者として扱われることになったのである。

とはいっても、まだこの時点では勝先生が軍艦奉行として健在だったのだから、あまり怖がることではなかった。

文久3年、12月27日には、将軍家茂公が軍艦で上京されることになったが、第一回の上洛では、家定公御台所だった篤姫様の反対で陸路になったが、こんどは、反対などされなかった。 御座船となった翔鶴丸をはじめ五隻の幕府軍艦、それに各藩の船も加わる大船団となり、そこに勝先生の門下生がそれぞれ指導員として乗り込んだ。

京都では大久保一翁先生と同じような考えで島津久光公が提案された参与会議が始まった。一橋慶喜、会津の松平容保公、松平春嶽公、伊達宗城公、それに山内容堂公である。久光公は官位がなかったので、任官されてから少し遅れて参加された。

もう、こうなると、実力本位。石高も官位も関係なくなった。

「龍馬の幕末日記① 『私の履歴書』スタイルで書く」はこちら
「龍馬の幕末日記② 郷士は虐げられていなかった 」はこちら
「龍馬の幕末日記③ 坂本家は明智一族だから桔梗の紋」はこちら
「龍馬の幕末日記④ 我が故郷高知の町を紹介」はこちら
「龍馬の幕末日記⑤ 坂本家の給料は副知事並み」はこちら
「龍馬の幕末日記⑥ 細川氏と土佐一条氏の栄華」はこちら
「龍馬の幕末日記⑦ 長宗我部氏は本能寺の変の黒幕か」はこちら
「龍馬の幕末日記⑧ 長宗我部氏の滅亡までの事情」はこちら
「龍馬の幕末日記⑨ 山内一豊と千代の「功名が辻」」はこちら
「龍馬の幕末日記⑩ 郷士の生みの親は家老・野中兼山」はこちら
「龍馬の幕末日記⑪ 郷士は下級武士よりは威張っていたこちら
「龍馬の幕末日記⑫ 土佐山内家の一族と重臣たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑬ 少年時代の龍馬と兄弟姉妹たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑭ 龍馬の剣術修行は現代でいえば体育推薦枠での進学」はこちら
「龍馬の幕末日記⑮ 土佐でも自費江戸遊学がブームに」はこちら
「龍馬の幕末日記⑯ 司馬遼太郎の嘘・龍馬は徳島県に入ったことなし」はこちら
「龍馬の幕末日記⑰ 千葉道場に弟子入り」はこちら
「龍馬の幕末日記⑱ 佐久間象山と龍馬の出会い」はこちら
「龍馬の幕末日記⑲ ペリー艦隊と戦っても勝てていたは」はこちら
「龍馬の幕末日記⑳ ジョン万次郎の話を河田小龍先生に聞く」はこちら
「龍馬の幕末日記㉑ 南海トラフ地震に龍馬が遭遇」はこちら
「龍馬の幕末日記㉒ 二度目の江戸で武市半平太と同宿になる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉓ 老中の名も知らずに水戸浪士に恥をかく」はこちら
「龍馬の幕末日記㉔ 山内容堂公とはどんな人?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉕ 平井加尾と坂本龍馬の本当の関係は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉖ 土佐では郷士が切り捨て御免にされて大騒動に 」はこちら
「龍馬の幕末日記㉗ 半平太に頼まれて土佐勤王党に加入する」はこちら
「龍馬の幕末日記㉘ 久坂玄瑞から『藩』という言葉を教えられる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉙ 土佐から「脱藩」(当時はそういう言葉はなかったが)」はこちら
「龍馬の幕末日記㉚ 吉田東洋暗殺と京都での天誅に岡田以蔵が関与」はこちら
「龍馬の幕末日記㉛ 島津斉彬でなく久光だからこそできた革命」はこちら
「龍馬の幕末日記㉜ 勝海舟先生との出会いの真相」はこちら
「龍馬の幕末日記㉝ 脱藩の罪を一週間の謹慎だけで許される」はこちら
「龍馬の幕末日記㉞ 日本一の人物・勝海舟の弟子になったと乙女に報告」はこちら
「龍馬の幕末日記㉟ 容堂公と勤王党のもちつもたれつ」はこちら
「龍馬の幕末日記㊱ 越前に行って横井小楠や由利公正に会う」はこちら
「龍馬の幕末日記㊲ 加尾と佐那とどちらを好いていたか?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊳ 「日本を一度洗濯申したく候」の本当の意味は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊲ 8月18日の政変で尊皇攘夷派が後退」はこちら

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

過去の記事

ページの先頭に戻る↑