龍馬の幕末日記㊲ 加尾と佐那とどちらを好いていたか?

2021年02月06日 06:00

※編集部より:本稿は、八幡和郎さんの『坂本龍馬の「私の履歴書」』(SB新書・電子版が入手可能)をもとに、幕末という時代を坂本龍馬が書く「私の履歴書」として振り返る連載です。(過去記事リンクは文末にあります)

ドラマなどでの「龍馬もの」でヒロインになるのは、司馬遼太郎さんの小説家での田鶴さまなどという架空の人物を別にすれば、初恋の人である平井加尾、江戸での恋人である千葉佐那子、そして妻になる京都のお龍だ。

龍馬とお龍(ママレモン/写真AC)

大河ドラマ「龍馬伝」では、それぞれ、広末涼子と貫地谷かほり、真木よう子が演じていた女性たちだ。

ちょうど、このころ、私は佐那子と加尾について、乙女あてに手紙を書いているので紹介しよう。

まずは、千葉佐那子について書いた手紙だが、私の記憶ももう一つはっきりしないのだが、この年の6月14日のことだったと思う。これは、この当時、婚約するという話もあった佐那子のことを乙女に紹介したのである。

「この女は「佐那」というが、もとは「乙女」といって姉さんと同じ名前だった。26歳である。馬によく乗って、剣も強く、長刀もできる。顔も平井の加尾より少し美人だ。一三弦の琴をよく弾き、絵も描き、気立てもよい」などと書いている。

このころ、たしかに、佐那と結婚することも考えたのだが、そののち、私が江戸を本拠にする生活にならなかったので、いつの間にか、沙汰やみになった。

この手紙で引き合いに出した加尾は、そのときは知らなかったが、あとで知ったところでは、このころ兄の平井収二郎の死で悲嘆にくれていたころだったのである。

「青蓮院宮礼旨事件」のために、兄が、間崎鉄馬や広瀬健太ともども切腹を命じられていたのである。

この事件は、前年の12月に彼らが、収二郎が食い込んでいた青蓮院宮に土佐の最長老、つまり容堂公のまた上である豊能の父、少将様(豊資公)あてに藩政改革を求める令旨を出させ、これを梃子に土佐にあった少将様に迫ったのである。

これを知った容堂公は、2月に平井の「他藩応接役」を解き本国へ送還し、哲馬についても江戸での些事を理由に土佐へ戻し投獄した。

これは、どう考えても、家臣として出過ぎたことであることは明らかであるので、武市半平太は容堂に助命を嘆願したもののかばいきれず、6月3日に三人とも切腹させられた。

私は29日に書いた「日本を洗濯したく」という言葉でよく知れた手紙の末尾で、「まことにむごい。妹のなげきははかりしれない。ひとこと私の気持ちなど話して聞かせることができたらと思う。いまだに少しは、気にとめているのだから」と書いた。

 結局の所、加尾とは彼女が安政6年に土佐をあとにしたのち会うことはなかった。彼女は慶応2年に勤王党の同志である西山志澄を婿として迎え結婚した。西山はのちに板垣退助とともに自由党を興して幹部となり、代議士や警視総監を務めた。加尾は晩年に聞き語りで書かれた「涙痕録」のなかで、私と再会できなかったことを「女子一生の痛恨」といってくれていることはすでに書いた。

このころは、気分的にも余裕があったので、手紙のなかで、いろんな人のことを書いている。

「龍馬の幕末日記① 『私の履歴書』スタイルで書く」はこちら
「龍馬の幕末日記② 郷士は虐げられていなかった 」はこちら
「龍馬の幕末日記③ 坂本家は明智一族だから桔梗の紋」はこちら
「龍馬の幕末日記④ 我が故郷高知の町を紹介」はこちら
「龍馬の幕末日記⑤ 坂本家の給料は副知事並み」はこちら
「龍馬の幕末日記⑥ 細川氏と土佐一条氏の栄華」はこちら
「龍馬の幕末日記⑦ 長宗我部氏は本能寺の変の黒幕か」はこちら
「龍馬の幕末日記⑧ 長宗我部氏の滅亡までの事情」はこちら
「龍馬の幕末日記⑨ 山内一豊と千代の「功名が辻」」はこちら
「龍馬の幕末日記⑩ 郷士の生みの親は家老・野中兼山」はこちら
「龍馬の幕末日記⑪ 郷士は下級武士よりは威張っていたこちら
「龍馬の幕末日記⑫ 土佐山内家の一族と重臣たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑬ 少年時代の龍馬と兄弟姉妹たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑭ 龍馬の剣術修行は現代でいえば体育推薦枠での進学」はこちら
「龍馬の幕末日記⑮ 土佐でも自費江戸遊学がブームに」はこちら
「龍馬の幕末日記⑯ 司馬遼太郎の嘘・龍馬は徳島県に入ったことなし」はこちら
「龍馬の幕末日記⑰ 千葉道場に弟子入り」はこちら
「龍馬の幕末日記⑱ 佐久間象山と龍馬の出会い」はこちら
「龍馬の幕末日記⑲ ペリー艦隊と戦っても勝てていたは」はこちら
「龍馬の幕末日記⑳ ジョン万次郎の話を河田小龍先生に聞く」はこちら
「龍馬の幕末日記㉑ 南海トラフ地震に龍馬が遭遇」はこちら
「龍馬の幕末日記㉒ 二度目の江戸で武市半平太と同宿になる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉓ 老中の名も知らずに水戸浪士に恥をかく」はこちら
「龍馬の幕末日記㉔ 山内容堂公とはどんな人?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉕ 平井加尾と坂本龍馬の本当の関係は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉖ 土佐では郷士が切り捨て御免にされて大騒動に 」はこちら
「龍馬の幕末日記㉗ 半平太に頼まれて土佐勤王党に加入する」はこちら
「龍馬の幕末日記㉘ 久坂玄瑞から『藩』という言葉を教えられる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉙ 土佐から「脱藩」(当時はそういう言葉はなかったが)」はこちら
「龍馬の幕末日記㉚ 吉田東洋暗殺と京都での天誅に岡田以蔵が関与」はこちら
「龍馬の幕末日記㉛ 島津斉彬でなく久光だからこそできた革命」はこちら
「龍馬の幕末日記㉜ 勝海舟先生との出会いの真相」はこちら
「龍馬の幕末日記㉝ 脱藩の罪を一週間の謹慎だけで許される」はこちら
「龍馬の幕末日記㉞ 日本一の人物・勝海舟の弟子になったと乙女に報告」はこちら
「龍馬の幕末日記㉟ 容堂公と勤王党のもちつもたれつ」はこちら
「龍馬の幕末日記㊱ 越前に行って横井小楠や由利公正に会う」はこちら

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

過去の記事

ページの先頭に戻る↑