QRコード
QRコード
Creative Commons
このサイトについて

同時投稿 朝日新聞の「角度をつける」報道

朝日新聞の第三者委員会の報告書をざっと読んでみたが、全体としては比較的フェアに朝日の失敗を評価している。8月5日の「慰安婦問題の本質 直視を」という記事については、こう批判している。
この論文において読者に対し何を訴えるかは、朝日新聞にとって極めて重要な意味を持つものである。しかし、論文は吉田証言を記事にするに際して裏付け調査が不十分であったことを「反省します」と述べるにとどまって、「慰安婦問題の本質は女性が自由を奪われ、尊厳を踏みにじられたことである」との主張を展開し、他メディアにも同様の誤りがあったことを指摘するという論調であった。このような構成であったことが、読者に対し朝日新聞の真摯さを伝えられず、かえって大きな批判を浴びることとなった原因である。
続きを読む

社会・一般 無神論者がクリスマスに熱狂する理由(わけ)


ここイタリアを含む欧米諸国や世界中のキリスト教国は、クリスマス・シーズンのまっただ中にあって賑わっている。それだけではなく、日本や中国などに代表される非キリスト教国でも、人々はクリスマスを大いに楽しみ、祝う。

毎年、クリスマスのたびに思うことがある。つまり、今さらながら、西洋文明ってホントにすごいな、ということである。クリスマスは文明ではない。それは宗教にまつわる文化である。それでも、いや、だからこそ僕は、西洋文明の偉大に圧倒される思いになるのだ。
続きを読む

今日のリンク 新たな画像圧縮技術「BPG」は普及するか

静止画でも動画でも画像の圧縮方法は、重複する同じデータを使い回す、ということにつきます。静止画の場合、多くは「JPEG」という圧縮方法が一般的。デジカメでもこの方法でデータサイズを小さくしている。

表題の記事では、新たな方法「BPG(Better Portable Graphics)」を紹介しています。これを使えば、画質をほとんど損なわず、JPEGの約半分のファイルサイズになるらしい。

続きを読む

社会・一般 何かに精を出す「元気老人」が願うこと --- 井本 省吾

このところ、大学の同期会やサークルのOB会、退社した新聞社の親しかった仲間の会合に出席することがふえた。

顔ぶれは60代後半から70代前半の前期高齢者だ。出席する人間がそうなのかも知れないが、皆、何かに取り組んでいる。

続きを読む

政治 末代まで追いかけてくる「国税」の呪縛 --- 岡本 裕明

日本の税務署の取立ては厳しいと評判なのですが、いよいよ株式などの含み益にまで課税する仕組みを2015年7月に導入するようです。もっともこの対象になるのは現在年間100人程度とのことですので普通の方々には関係がない話のようですが、最近の税務署の姿勢を見ている限り、見過ごせないかもしれません。

今回の「含み益課税計画」(出国税=exit tax)は日本で株式やFX、不動産(REIT)など投資をしている人が一定の含み益を持ったまま、海外に移住した場合、日本での課税権が無くなるため、それまでの含み益分については出国時の時点で計算して課税しましょう、という事です。対象はあくまでも金融資産1億円以上とのことです。

続きを読む

政治 Amazon.com は“現代のサンタクロース" --- 長谷川 良

クリスマスが間近に迫ったのにこんなことを書き、お祝いの雰囲気に水を差すようで申し訳ないが、やはり重要なことと思うので、書いておく。

サンタクロースとクリストキンド(Christkind)は同一人物ではない。トナカイが引っ張るソリに乗ったサンタのおじさんは米映画ではおなじみだ。一方、クリストキンドは幼いイエスや天使たちを含めて表現する言葉だ。そして主人公のイエスは、2000年前に誕生され、33歳の若さで十字架上で処刑された。キリスト信者はそのイエスを救い主と信じる。クリスマスは本来、そのイエスの誕生を祝うイベントだ。

続きを読む

経済 バロンズ誌:マリンベストメントの功罪 --- 安田 佐和子

バロンズ誌、今週の特集は原油安局面で押し目買いすべきエネルギー銘柄です。約5年半ぶりの安値をつけるなか、同誌はシェブロン(CVX)、ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSA)、シュルンベルジェ(SLB)のほか、EOGリソーシズ(EOG)やオキシデンタル・ペトロリアム(OXY)を推奨しています。


続きを読む

今日のリンク 起業家と投資家をつなぐ「場」を提供する試みとは

日本では若い世代のベンチャー起業数が減っているようです。中高年がリタイア後に起業するケースが多い。若い世代にチャレンジスピリッツがないのか、経済環境のせいとか、目利きのできる投資家がいないとか、リカバリーしにくい社会とか、いろいろ背景があるんでしょう。

続きを読む

経済 パトレイバーから考える景気対策と住宅購入について

8555128

総選挙が終わり2014年度の補正予算が発表された。その額は3兆円を超える規模になるという。

中身を見ると、生活支援や消費喚起のために商品券・旅行券を配ったり、住宅市場の活性化を目的に住宅エコポイントの復活等を検討していると報じられている。続きを読む

GEPR 放射線量の高い福島産イノシシ肉を食べてみた

「福島で捕れたイノシシのボタン鍋を食べませんか。肉の放射線量は1キロ当たり800ベクレルです」

こんなEメールが東京工業大学助教の澤田哲生さんから来た。私は参加し、食べることで福島の今を考えた。

生きることと密接に結びつく食という営みが、福島では制約を課せられている。それも必要ない国の規制や人々の心の壁によってだ。それを少しずつ取り除きたいと、食べながら私は願った。

IMG_0279
写真は筆者の食べたイノシシ肉。赤身が多い続きを読む
池田信夫のアゴラ経済塾
アゴラチャンネル
記事検索
更新通知

ページビュー

    過去の記事