QRコード
QRコード
Creative Commons
このサイトについて

政治 なぜモスクワ特派員は「本」を書くか --- 長谷川 良

「プーチン大統領はクリミアの併合に成功し、国内で支持率を高めているが、同国の反体制派活動家は『プーチン氏の終わりの始まりだ』と予測しているよ」

ロシア語が堪能な友人のブルガリア人国連記者はこのように語る。

「欧米はスロバキア経由でウクライナへガスを供給することを考えている。一方、原油価格が1バレル100ドルを割り、70ドル、60ドルに急落すればプーチン氏は終わりだろう」というのだ。

続きを読む

IT・メディア 世界一のアーカイブ大国になりませんか? --- 中村 伊知哉

デジタルアーカイブを充実させよう。

政府・知財本部に「アーカイブタスクフォース」を置き、ぼくが議長となってデジタル資産の拡充策をとりまとめました。

アーカイブといってもいろいろあります。文化財、出版物、放送番組。ゲーム、アニメ、マンガ、音楽。公益的なものから、ビジネス的なものまで、さまざま。それらを総括したアーカイブ策を考えるのは政府として初の試みです。

続きを読む

今日のリンク 日本の出版社には二種類しかない

日本の出版社には二種類あります。大手とその他です。大手の出版社は入るのも難しいし、給料も高いし待遇もいい。その他はいわゆる「ブラック」まがい、もどきです。

どこから大手でどこからその他かというと、これはなかなか難しいんだが、ざっくり言えば、一橋界隈と音羽界隈あたりを中心に、大手は数社しかありません。その他の中にもブラックをまぬがれてる希有な例もあるにはあるんだが、五十歩百歩でしょう。

続きを読む

同時投稿 「労働者管理国家」を変える公務員制度改革

ニューズウィークにも書いたことだが、日本は国家も企業も現場のコンセンサスがないと動けない。この点で安倍首相と舛添都知事は似ていて、二人とも現場のいやがる話をしないで、解きやすい問題だけを解く。こういうタイプが組織内では評判がいい。
続きを読む

社会・一般 人口減で容易に想像できる東京の「スラム化」 --- 江本 真弓

東京オリンピックに向けた東京湾岸の大型マンション開発ブームで、東京湾岸に新たに1万5千戸超が供給されるそうだ。

今後東京でさえ人口が減少する日本で、これだけの大型供給が続いて、東京はどうなるのだろうか。考察をしてみよう。


続きを読む

社会・一般 STAP細胞騒動から垣間見える日本の問題点 --- 後藤 身延

SATP細胞をめぐる問題は、科学的な検証をもって今後その真偽が明らかになるものと考えますが、事象の発生(小保方氏の論文発表)から現時点に至るまでの経緯をみると、日本における社会的構造上の問題、課題が見えてくるように思います。

続きを読む

社会・一般 今あえて東京オリンピック「後」を考える --- 佐藤 正幸

2020年に東京オリンピックが開催される。

オリンピックに沸く建設業界とか景気回復だとか比較的ポジティブな情報が多い気がしている。筆者は以前にも自信のブログで、地政学的に東京にオリンピックを誘致することは東アジアにおける安全保障にとって重要な意味を持つと指摘した。

しかし、改めて国内の状況を考えてみると悲劇的なシナリオもありうるという結論に至った。

続きを読む

社会・一般 増える「中高年ストーカー」を防ぐには --- 土屋 義規

60代以上のストーカーが急増しているというのはよく耳にしていたが、去年のデータが出ていました。去年、平成25年は1919件で、10年前の約4倍だったそうだ。まあ、みんな暇なんでしょうね、退職してやることも無くて。

続きを読む

社会・一般 「凡庸な善」がなければ組織を変えることはできない --- 香月 健太郎

今月、『花咲舞が黙ってない』というドラマが始まります。このドラマは、あの大人気ドラマ『半沢直樹』の原作者・池井戸潤さんの小説『不祥事』『銀行総務特命』をドラマ化した作品とのこと。その主人公・花咲舞は「女半沢」と称されてまして、半沢ファンには期待大のドラマです。『半沢直樹』自体の続編のうわさも聞こえてきますし、今後もますます半沢ブームが盛り上がりそうですね!

続きを読む

経済 FRB議長交代のリスク --- 長谷川 公敏

米国の中央銀行である「米連邦準備理事会(FRB)」は1月末でバーナンキ議長が退任し、2月から前副議長のジャネット・イエレン氏が議長に就任した。イエレン新議長はこれまで大統領経済諮問委員会委員長やサンフランシスコ連銀総裁などを歴任し、経済学者としての名声も高いうえに直前はFRB副議長であったことから、バーナンキ氏の後任として適任だといえるだろう。


続きを読む
アゴラ読書塾 池田信夫『21世紀の資本論』を読む
言論アリーナ
記事検索
更新通知


Add to Google
ページビュー

    過去の記事