QRコード
QRコード
Creative Commons
このサイトについて

今日のリンク 「彗星探査機」が着陸準備中

JAXAの「はやぶさ」は大きな話題になったんだが、今年2014年12月には後継機である「はやぶさ2」の打ち上げも予定されています。この「はやぶさ」は小惑星探査機です。

表題の記事は、彗星探査機について書いています。欧州宇宙機関(ESA)が2004年に打ち上げた探査機が、太陽を6.57年で周回するチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P/Churyumov-Gerasimenko)へいよいよ着陸する、という内容。

00002
彗星へ着陸する予定のESAのロゼッタ探査機。

NASAによるとこの彗星は二つの塊りがつながったアヒルのオモチャのような形をしているらしい。

現在、探査機が彗星へアプローチ中。11月11日に着陸する予定です。

00001

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星。via:ESA/Rosetta/MPS/UPD/LAM/IAA/SSO/INTA/UPM/DASP/IDA

BUSINESS INSIDER
The Human Race Is About To Land A Space Probe On A Comet
続きを読む

経済 仮想通貨を高額で売る商法に注意(仮想通貨は市場価格で買いましょう)

最近、ステラという仮想通貨について取材や問い合わせがあったので、なんでだろうとおもっていたら、どうやら最近、この通貨を高額で売っている商法があることがわかった。

以前にもrippleの通貨(XRP)を高額で売る商法の存在はしっていた。セミナーを開いて、仮想通貨の専門家からしたらデタラメな説明をして、高額で通貨を販売する。

中年、高齢者がひっかかっているようだ。

rippleの場合、現在の価格は、1 XRP=0.5円程度だが、これを5円で売っている例があるときく。つまり10倍。

さきほどのステラの場合、現在の価格は、1 STR=0.28円。これを同じく、5円で売っている例を発見した。

ビットコインの場合、日本語でも価格情報がいきわたり、取引所でリアルタイムの価格が明示されているので、引っかかる人はすくない。しかし、まだrippleやステラーといった新しいものに関しては、市場価格が見えにくい。まだまだ Ethereumのイーサーに関しても、こういう詐欺につかわれるのではないかと危惧している。

仮想通貨は、ほとんどが市場で売買されているので、市場価格が存在する。ビットコインやライトコイン以外は英語のソースになるが、市場は存在して、値が付いている。

いちばんわかりやすく、わたしが常に参照しているのは、この価格一覧である。

http://coinmarketcap.com/

古今東西、あらゆる仮想通貨の、市場価格、発行数、時価総額が一覧できる。これを参照すれば、おかしな価格かどうかはすぐにわかるだろう。

みなさんへ、ひとこと。

仮想通貨は市場価格で買いましょう。


追記 <ビットコインの内外価格差について>

かつて、ビットコインも日本国内のほうが高額に取引されていましたが、現在そのスプレッドは縮まっています。

たとえば、現在 海外市場では1BTC= 475 USD として、

475USD= 50,878円 くらいが目安です。

国内でもっとも取引量の多いBtc-Boxでは51,299円、etwingsでは5,1220円となっており、ほとんど海外で買うのと価格は差がありません。海外送金手数料や、ドルへの両替を考えれば、日本国内で買ったほうがいいでしょう。(大量の買いをのぞいて)

Btc-Box 仮想通貨取引所 https://www.btcbox.co.jp/

etwings ビットコイン/モナーコイン取引所 https://exchange.etwings.com/

※すべての価格は、記事執筆中のその時点で参照したものです。価格は変動しています。

経済 「自分で稼ぐ」と「お金に稼いでもらう」の共通点 --- 内藤 忍

00001

丸の内朝大学のフィールドワークから昨晩戻りました。2日目も3か所にお邪魔して、震災について、企業経営についてリーダーの方からお話を伺いました。

2日目の昼食は、毎回ランチをご馳走になっている気仙沼斉吉商店さん。海鮮丼の、カツオとサンマのお刺身と新鮮ないくらがたまりません。毎回、暖かいおもてなしで、お腹も心も大満足です。今回は、フカヒレ製品で有名な石渡商店の石渡久師常務にもご講演頂きました。

続きを読む

政治 「イスラム国」と日本の学生運動の共通点 --- 岡本 裕明

最近ニュースでよく耳にする「イスラムの国」をめぐり欧米が強い姿勢に出ようとしています。アメリカ人二人、イギリス人一人が殺害されたことが直接的きっかけでありますが、暴力とテロに訴える「イスラムの国」がこのまま許されることはないでしょう。ただ、その粛清への道は長く、遠いものになるかもしれません。

イスラムの国はイラクとシリアの一部で「国」を勝手に名乗っているイスラム過激派支配の地域でありますが、欧米のみなずイスラム教の多数派であるスンニ派が中心のエジプトやサウジアラビアからも国家としての承認はなされていません。

続きを読む

政治 独ジハード参戦者のプロフィール --- 長谷川 良

デメジエール独内相は9月12日、イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(IS)のドイツ国内での活動はわが国の公共の安全にとって脅威となる」として、IS関連の活動を禁止すると発表した。

同内相によれば、ドイツから約400人がシリアやイラク国内のISの戦闘に参加し、 100人以上が帰国している。彼らの多くはインターネットやサイトを通じて過激派から勧誘を受け、シリア、イラク入りしている。ドイツ当局が警戒しているのは、「聖戦」から帰国した者がドイツ国内で過激なテロ活動を計画することだ。

続きを読む

経済 アリババのIPO前、ナスダックは換金売りで1%安 --- 安田 佐和子

00001


アリババの新規株式公開(IPO)を18日に控え、ウォールストリートもかなりヒートアップしてきました。


続きを読む

経済 国債の借換えは無限に続き得るのか

日本の財務省は、巨額な残高を誇る国債を償還できるのか。もちろん、償還の目処など、全く立たないはずである。しかし、だからといって、何か問題だろうか。続きを読む

同時投稿 人身売買の批判は「非歴史的」である

歴史認識を問い直す 靖国、慰安婦、領土問題 (角川oneテーマ21)
慰安婦問題はかなり煮詰まって、朝日新聞の逃げ場もなくなってきた。彼らが「強制連行はなかった」と認めた以上、残るのは人身売買である。その証拠はたくさんあり、おそらく娼婦の多くは何らかの身売りだったと思われる。これは戦前も違法であり、軍や官憲がそれを仲介した事実はないが、それを黙認していたことは明らかだ。

問題は、それに対して国家責任を認めるのかどうかという点に尽きる。これについて東郷和彦氏は、2007年にカリフォルニア大学サンタバーバラで行なわれた「歴史問題シンポジウム」で、多くのアメリカ人からいわれたことをこう記している(p.163以下)。続きを読む

IT・メディア マスコミの誤報(捏造)体質は、朝日に限らない

朝日新聞が「吉田調書」と「慰安婦報道」の2大スクープの誤報を認め、社長自ら非を認めた事でこの問題は一段落した形だが、世の中には謝って済む問題と済まない問題があり、責任の決着は朝日に残された今後の課題である。

朝日の謝罪には、産経新聞の厳しい糾弾だけでなく、橋下徹大阪市長や池田信夫、門田隆将、石井孝明、松本徹三各氏等のネットによる具体的で執拗な批判の影響も大きく、報道の監視役としてのネットのデビューとして記憶されるべき事件であった。

「左翼偏向」の朝日、「右翼偏向」の産経と呼ばれ、常に相反する政治的立場に立つ両紙だが、産経新聞(電子版)に載った「朝日新聞『吉田調書』報道訂正会見ニュースシリーズ」を読み、日本に主張の異なる新聞が存在する有り難さが身に染みた。この際、産経新聞には大いに敬意を表したい。

続きを読む

アゴラチャンネル 【アゴラVlog】ギャンブル依存症を考える vol.1



アゴラチャンネルにて宇佐美典也さんのVlog、「ギャンブル依存症を考える vol.1」を公開しました。続きを読む
アゴラ読書塾
アゴラチャンネル
記事検索
更新通知

ページビュー

    過去の記事