龍馬の幕末日記:番外篇(4)秋篠宮妃殿下の曾祖父は大阪市長

皇室と会津というと秩父宮妃殿下が有名だが、秋篠宮妃殿下紀子さまの曾祖父である池上四郎も会津藩士だ。つまり、悠仁さまが将来に於いて即位されると、会津藩士の血を引く天皇誕生と言うことになると地元では期待している。

秋篠宮妃殿下 Wikipediaより

川嶋家は紀州の出身だが、紀子さまの曾祖父である庄一郎は、東京高等師範を出て、学習院教授兼初等学科長などをつとめ、その長男の孝彦は、東京帝国大学から内務省に入り。最後は内閣統計局長だった。その夫人が内務官僚で大正の終わりから昭和の初めに大阪市長や朝鮮総督府政務総監を歴任した池上四郎の娘だった。池上家は高遠で保科家に仕えていたが、会津移封とともに移り250石どりだった。

兄の三郎が司法省の幹部だったつてで警官となり、大阪府の警部長として辣腕をふるい、大正2年にはじめての名誉職的でない大阪市長に迎えられ、3期10年間つとめた。

兄の三郎は、維新後酒田県の大参事(副知事)となっていた庄内藩元家老の松平親懐らが、税金の金納が可能なことを農民に下達せず、米納させて現金化し、その利鞘を流用していた「ワッパ騒動」の摘発で名を上げて、神戸地方裁判所検事正、函館控訴院検事長などを歴任した。会津と庄内というかつての同盟者の隠されたエピソードだ。

明治13年(1880)~昭和25年(1950)

会津藩首脳でありながら、新政府でも守成したのが手代木直右衞門勝任。京都守護職時代の会津藩公用人として新撰組の創設などにも関わり、その弟は坂本龍馬を暗殺した主犯の佐佐木只三郎。。

若松開城にあたっては秋月悌次郎とともに米沢藩へ降伏交渉の使者をつとめた。赦免ののちは、新政府に出仕し左院少議生、香川県・高知県の権参事を歴任したのち岡山区長を務め、明治36年の死去に先立って近江屋事件の顛末について遺言した。さほど出世しなかったのは、復職の段階で五〇歳ほどになっていたという年齢がゆえであろう。

龍馬暗殺の関係者でありながら高知県権参事をつとめたというところが明治という時代の面白いところだ。

初代最高裁長官だった三淵忠彦の父は、会津藩家老で若松城開城のあと切腹した萱野権兵衛の実弟。父が早くに亡くなったので苦学して京都帝国大学を卒業して裁判官となり、大審院判事、東京控訴院上席部長となったが退官して三井信託の法律顧問などをつとめる。

昭和22年(1947)に新憲法のもとで設けられた最高裁判所の初代長官に就任した。この人事は、片山哲首相と親しかったこともあったが、当時、裁判官の任命を主導した裁判官任命諮問委員会の委員長は松平恒夫参議院議長であり、この異例な抜擢には松平容保の子として萱野権兵衛の甥に罪滅ぼししたと取られかねず、やや不公正な情実人事の臭いがする。

なお、最高裁長官としての三淵は、昭和天皇の退位を勧めるような立場をマスコミに出したことで話題となり、天皇側近の入江相政の日記には国民審査で三淵に×を付けたという記事が出ている。

このほか著名人としては、以下のような名も忘れられない。秋月悌次郎は、150石の丸山家の出身だが別家を立てた。広沢安任と同じように日新館から昌平黌で学び、舎長を務めたほどだった。京都では八月一八日の政変を薩摩藩とまとめた最大功労者だったが、身分不相応の仕事ぶりが藩内の反発を買い帰国させられたのみならず蝦夷地に左遷されたことはすでに書いたとおり。晩年は熊本の第五高等学校の教授となってラフカディオ・カーンと親交を深めたことで知られる。

ソニーの井深大と伊東正義

戦後に活躍した人では、ソニー創業者の井深大の家が二〇〇石取りの中級武士だった。本家は1000石の家老だが、これは分家である。祖父の弟が白虎隊で自決した石山虎之助だ。

祖父の基は北海道で熊本藩出身で西南戦争では西郷軍に従ったこともある深野一三(内務部長兼殖民部長)に見出され、彼が愛知県知事になったときに誘われて愛知県の商工課長、碧海郡長などを歴任した。いまでいえば部長クラスだ。

このあたりの来歴については、井深自身が日本経済新聞社の私の履歴書にいろいろ書いているが必ずしも正確ではない。

長州に差別されたので出世できなかったといわれているが、本当にそうなのかどうかは誰も分からないが、古河鉱業の技術者だった父を早くに亡くして、祖父の家で育てられた時期があるので、会津武士の精神をたたき込まれたと言うが、日本女子大卒の母はこれに反発して教師となったり、再婚したりしたので、井深は両方の家を行ったり来たりしている。

大平内閣の官房長官や鈴木内閣の外務大臣をつとめた伊東正義も会津藩士の出身。本家は日新館の教授をしていた。「最後の会津武士」といわれたように、清廉、頑固で河野一郎が大臣だったときにも自説を譲らなかったという。

農林官僚だったが、大平正芳の若いころからの盟友として知られた。誠に畏敬すべき政治家で、総理への就任を打診されたときに、「自民党の表紙だけを変えてもダメだ」といったことで知られる。ただし、あまりもの頑固さは総理に向いていたかどうかは別だ。一国の指導者は国民のために節を曲げなければならないこともある。

※編集部より:本稿は、八幡和郎さんの『坂本龍馬の「私の履歴書」』(SB新書・電子版が入手可能)、近著『最強の日本史100 世界史に燦然と輝く日本の価値』(扶桑社文庫)から龍馬関係分を抜き書きしておきます。

「龍馬の幕末日記① 『私の履歴書』スタイルで書く」はこちら
「龍馬の幕末日記② 郷士は虐げられていなかった 」はこちら
「龍馬の幕末日記③ 坂本家は明智一族だから桔梗の紋」はこちら
「龍馬の幕末日記④ 我が故郷高知の町を紹介」はこちら
「龍馬の幕末日記⑤ 坂本家の給料は副知事並み」はこちら
「龍馬の幕末日記⑥ 細川氏と土佐一条氏の栄華」はこちら
「龍馬の幕末日記⑦ 長宗我部氏は本能寺の変の黒幕か」はこちら
「龍馬の幕末日記⑧ 長宗我部氏の滅亡までの事情」はこちら
「龍馬の幕末日記⑨ 山内一豊と千代の「功名が辻」」はこちら
「龍馬の幕末日記⑩ 郷士の生みの親は家老・野中兼山」はこちら
「龍馬の幕末日記⑪ 郷士は下級武士よりは威張っていたこちら
「龍馬の幕末日記⑫ 土佐山内家の一族と重臣たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑬ 少年時代の龍馬と兄弟姉妹たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑭ 龍馬の剣術修行は現代でいえば体育推薦枠での進学」はこちら
「龍馬の幕末日記⑮ 土佐でも自費江戸遊学がブームに」はこちら
「龍馬の幕末日記⑯ 司馬遼太郎の嘘・龍馬は徳島県に入ったことなし」はこちら
「龍馬の幕末日記⑰ 千葉道場に弟子入り」はこちら
「龍馬の幕末日記⑱ 佐久間象山と龍馬の出会い」はこちら
「龍馬の幕末日記⑲ ペリー艦隊と戦っても勝てていたは」はこちら
「龍馬の幕末日記⑳ ジョン万次郎の話を河田小龍先生に聞く」はこちら
「龍馬の幕末日記㉑ 南海トラフ地震に龍馬が遭遇」はこちら
「龍馬の幕末日記㉒ 二度目の江戸で武市半平太と同宿になる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉓ 老中の名も知らずに水戸浪士に恥をかく」はこちら
「龍馬の幕末日記㉔ 山内容堂公とはどんな人?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉕ 平井加尾と坂本龍馬の本当の関係は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉖ 土佐では郷士が切り捨て御免にされて大騒動に 」はこちら
「龍馬の幕末日記㉗ 半平太に頼まれて土佐勤王党に加入する」はこちら
「龍馬の幕末日記㉘ 久坂玄瑞から『藩』という言葉を教えられる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉙ 土佐から「脱藩」(当時はそういう言葉はなかったが)」はこちら
「龍馬の幕末日記㉚ 吉田東洋暗殺と京都での天誅に岡田以蔵が関与」はこちら
「龍馬の幕末日記㉛ 島津斉彬でなく久光だからこそできた革命」はこちら
「龍馬の幕末日記㉜ 勝海舟先生との出会いの真相」はこちら
「龍馬の幕末日記㉝ 脱藩の罪を一週間の謹慎だけで許される」はこちら
「龍馬の幕末日記㉞ 日本一の人物・勝海舟の弟子になったと乙女に報告」はこちら
「龍馬の幕末日記㉟ 容堂公と勤王党のもちつもたれつ」はこちら
「龍馬の幕末日記㊱ 越前に行って横井小楠や由利公正に会う」はこちら
「龍馬の幕末日記㊲ 加尾と佐那とどちらを好いていたか?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊳ 「日本を一度洗濯申したく候」の本当の意味は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊲ 8月18日の政変で尊皇攘夷派が後退」はこちら
「龍馬の幕末日記㊳ 勝海舟の塾頭なのに帰国を命じられて2度目の脱藩」はこちら
「龍馬の幕末日記㊴ 勝海舟と欧米各国との会談に同席して外交デビュー」はこちら
「龍馬の幕末日記㊵ 新撰組は警察でなく警察が雇ったヤクザだ」はこちら
「龍馬の幕末日記㊶ 勝海舟と西郷隆盛が始めて会ったときのこと」はこちら
「龍馬の幕末日記㊷ 龍馬の仕事は政商である(亀山社中の創立)」はこちら
「龍馬の幕末日記㊸ 龍馬を薩摩が雇ったのはもともと薩長同盟が狙い」はこちら
「龍馬の幕末日記㊹ 武器商人としての龍馬の仕事」はこちら
「龍馬の幕末日記㊺ お龍についてのほんとうの話」はこちら
「龍馬の幕末日記㊻ 木戸孝允がついに長州から京都に向う」はこちら
「龍馬の幕末日記㊼ 龍馬の遅刻で薩長同盟が流れかけて大変」はこちら
「龍馬の幕末日記㊽ 薩長盟約が結ばれたのは龍馬のお陰か?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊾ 寺田屋で危機一髪をお龍に救われる」はこちら
「龍馬の幕末日記㊿ 長州戦争で実際の海戦に参加してご機嫌」はこちら
「龍馬の幕末日記51 長州戦争で実際の海戦に参加してご機嫌」はこちら
「龍馬の幕末日記52: 会社の金で豪遊することこそサラリーマン武士道の鑑」はこちら
「龍馬の幕末日記53:土佐への望郷の気持ちを綴った手紙を書かされるはこちら
「龍馬の幕末日記54:土佐藩のために働くことを承知する」はこちら
「龍馬の幕末日記55:島津久光という人の素顔」はこちら
「龍馬の幕末日記56:慶喜・久光・容堂という三人のにわか殿様の相性」はこちら
「龍馬の幕末日記57:薩摩の亀山社中から土佐の海援隊にオーナー交代」はこちら
「龍馬の幕末日記58:いろは丸事件で海援隊は経営危機に」はこちら
「龍馬の幕末日記59:姉の乙女に変節を叱られる」はこちら
「龍馬の幕末日記60:「船中八策」を書いた経緯」はこちら
「龍馬の幕末日記61:船中八策は龍馬が書いたものではない」はこちら
「龍馬の幕末日記62:龍馬がイギリス公使から虐められる」はこちら
「龍馬の幕末日記63:イカルス号事件と岩崎弥太郎」はこちら
「龍馬の幕末日記64:慶喜公の説得と下関でのお龍との別れ」はこちら
「龍馬の幕末日記65:山内容堂に龍馬が会ったというのはフェイクニュース」はこちら
「龍馬の幕末日記66:坂本家に5年ぶりに帰宅して家族に会う」はこちら
「龍馬の幕末日記67:龍馬は大政奉還を聞いて慶喜公に心酔などしてない」はこちら
「龍馬の幕末日記68:大政奉還ののち西郷らは薩摩に向かう」はこちら
「龍馬の幕末日記69:新政体について先手必勝で動かなかった慶喜のミス」はこちら
「龍馬の幕末日記70:福井で「五箇条のご誓文」の作者三岡八郎と語る」はこちら
「龍馬の幕末日記71:徳川慶喜が将軍を引き受けるまでの本当の話」はこちら
「龍馬の幕末日記72:将軍慶喜がめざした日本の姿」はこちら
「龍馬の幕末日記73:慶喜と会津・江戸の幕閣との思惑の違いが明確に」はこちら

「龍馬の幕末日記74:どうして会津は京都守護職を引き受けたのか」はこちら
「龍馬の幕末日記75:どうして会津藩には京都守護職など最初から無理だったのか」はこちら
「龍馬の幕末日記76:会津の京都守護職6年間を総括する」はこちら
「龍馬の幕末日記77:江戸幕府でなく孝明天皇に忠誠を尽くした迷走」はこちら
「龍馬の幕末日記78:高松宮家の財産が徳川家の人々によって相続された事情」はこちら

「龍馬の幕末日記79:新撰組が京都市民から嫌われた当然な理由」はこちら
「龍馬の幕末日記80:京都市民の支持は新撰組でなく志士たちに集まる」はこちら

「龍馬の幕末日記81:遊里で金払いが悪いのも会津不評の原因になった」はこちら
「龍馬の幕末日記82:慶喜の一人芝居の影でドツボにはまった会津」はこちら
「龍馬の幕末日記83:会津から駿河にお国替えする案が浮上」はこちら
「龍馬の幕末日記84:大政奉還で茫然自失の会津藩」はこちら

「龍馬の幕末日記85:「新政府綱領」の○○○は慶喜なのか」はこちら
「龍馬の幕末日記86:近江屋事件前日の焦点は「慶喜が何百万石朝廷に出すか」だった。」はこちら
「龍馬の幕末日記87:龍馬は藩内佐幕派による暗殺が怖くて藩邸には入れなかった」はこちら

「龍馬の幕末日記88:三島由紀夫の高祖父・永井尚志がキーパーソン」はこちら
「龍馬の幕末日記89:暗殺犯・佐々木只三郎の一族は明治日本の名門に」はこちら
「龍馬の幕末日記90:松平容保がついに龍馬暗殺を指示」はこちら
「龍馬の幕末日記91:ついに龍馬暗殺」はこちら
「龍馬の幕末日記92:土佐藩が暗殺犯は新撰組と間違って信じる」はこちら
「龍馬の幕末日記93:摩藩・紀州藩など龍馬暗殺陰謀論さまざま」はこちら
「龍馬の幕末日記94:龍馬暗殺から鳥羽伏見の戦い前夜まで」はこちら
「龍馬の幕末日記95:五稜郭陥落ののち見廻組と新撰組の真相が判明」はこちら
「龍馬の幕末日記96:新撰組・見廻組の自白調書が出ても違うという人あり」はこちら
「龍馬の幕末日記97:もし龍馬が暗殺されていなかったら」はこちら

「龍馬の幕末日記98:明治まで生きたら龍馬はなにをしていただろうか」はこちら
「龍馬の幕末日記99:戊辰戦争で会津の民衆は官軍に協力した明治まで生きたら龍馬はなにをしていただろうか」はこちら
「龍馬の幕末日記100:坂本龍馬を有名にした司馬遼太郎ともう一人の立役者」はこちら

「龍馬の幕末日記:番外篇(1)松平容保とその子孫」はこちら
「龍馬の幕末日記:番外篇(2)会津武士のその後」はこちら
「龍馬の幕末日記:番外篇(3)日韓併合の立役者や福島事件での三島通庸の協力者も」はこちら
「龍馬の幕末日記:番外篇(4)秋篠宮妃殿下の曾祖父は大阪市長」はこちら