龍馬の幕末日記:番外篇(2)会津武士のその後

※編集部より:本稿は、八幡和郎さんの『坂本龍馬の「私の履歴書」』(SB新書・電子版が入手可能)、近著『最強の日本史100 世界史に燦然と輝く日本の価値』(扶桑社文庫)から龍馬関係分を抜き書きしておきます。(過去記事リンクは文末にあります)

クリックするとAmazonのリンクに飛びます

明治政府のもとで最初に大きな成功を収めたのは、山川浩・健次郎・捨松の3兄弟だ。山川家は高遠以来の家臣だが、300石取りで中堅クラスだった。それが祖父の重英が勘定奉行などをつとめて家老クラスに抜擢されていた。

浩は慶応2年(1866)10月に幕府外国奉行の小出大和守の随行員として樺太国境交渉などのためいロシア、フランスなどに派遣され、帰国したのは大政奉還の直前だった。戊辰戦争では日光口で奮戦し官軍の谷干城に注目される。

斗南への移転につき主導権を発揮し事実上の責任者である大参事に就任するが、ここでの仕事はあまり見通しがよいものだったとはいえまい。

このころ、弟の浩は秋月悌次郎が知人の長州・奥平謙輔に預けられており、妹の捨松は斗南から箱舘に送られてフランス人家庭にあった。北海道開拓使の黒田清隆は、アメリカに留学生を送ろうとしていたが、反政府軍関係者からも選ぶこととし、健次郎と捨松をメンバーに加えた。その経緯の詳細は分からないが、浩も当然に運動したのだろう。

廃藩置県後になって浩は、谷干城の勧めで陸軍にはいることとなり、西南戦争の熊本城攻防戦で大活躍した。「薩摩人みよや東の丈夫(ますらお)が提げ佩く太刀の利(と)きか鈍きか」というのが出陣に際して詠んだ歌だが、この戦争で会津藩士は薩摩を懲らしめるときばかりに大活躍したが、警視庁の抜刀隊の一員だった猛将・佐川官兵衛などを戦死させている。

そののち、陸軍少将となるが、政界を志し、会津から総選挙に立候補するも落選。しかし、貴族院議員となり、谷干城の子分として行動する。

白虎隊の隊員だった健次郎はエール大学で学位を取り、物理学者として名をなすとともに、東大、京大、九大などの総長として抜群の行政手腕を発揮した。『京都守護職始末』や『会津戊辰戦史』などが成立したのには、健次郎の力に拠るところが大きい。

若松城籠城戦では八歳だったにもかかわらず負傷者の手当てなどに当たっていた捨松は、浩の妻が砲弾に当たって落命する悲劇に遭っている、アメリカではヴァッサー大学を優秀な成績で卒業し、看護学も学んだ。

帰国すると陸軍卿で西郷隆盛の従兄弟である大山巌から山川浩のもとに結婚の申し込みが行われた。なにしろ巌は若松城攻撃の砲兵隊長だったから、浩は断ったが、最後は本人同士の話し合いで縁談が成立した。大山もジュネーブに留学しており、結婚の案内状はフランス語で出されたという。

そののち、鹿鳴館の花といわれ、留学仲間の津田梅子が津田塾大学を開校することを助けた。前妻と大山の娘が結核にかかり戻されてきたときには、離れを建てて隔離したが、これが非情であると徳富蘆花から小説で非難され苦しんだこともあった。ちなみに、この徳富蘆花は新島八重ともトラブルを起こしている。

陸海軍で栄達した会津藩士

陸軍では柴五郎が陸軍大将となった。高遠以来の家臣で200石。戊辰戦争の時は八歳だったので、郊外に避難していたが、城下の屋敷では母と妹が自害した。

長兄太一郎は京都公用方で働き、斗南で公金横領事件に巻き込まれ下獄したが、のちに、青森県下北郡長、さらに、会津に帰って大沼郡長や南会津郡長をつとめた。

同じく兄の四郎は、アメリカに留学してペンシルバニア大学やパシフィック・ビジネス・カレッジで政治学・経済学を学び、政治小説「佳人之奇遇」を東海散士のペンネームで発表。明治25年には、第2回総選挙で会津で立候補して当選し八期を勤め大隈・板垣連立内閣の農商務次官などを勤めた。原敬暗殺の黒幕とも言われる。

そして、五郎は山川浩の書生などを経て陸軍幼年学校、陸軍士官学校に進んた。福州、北京、ロンドンなどに派遣されたのち、北京駐在武官であった明治33年に「義和団の乱」に遭遇し、「北京の五五日」を最大兵力を持つ日本軍の司令官として乗りきり、「籠城中にあって日本人ほど男らしく奮闘し、その任務を全うした国民はいない。日本兵の輝かしい武勇と戦術が、北京籠城を持ちこたえさせた」と称賛され、日本が文明国として認知されることに大きな貢献をした。その後、駐英武官などを経て台湾軍司令官、陸軍大将となった。太平洋戦争には反対したが、敗戦後に自殺未遂ののちその傷が明かして死去した。

さて、山川浩や柴五郎の昇進に山縣有朋が会津であるがゆえに反対したというエピソードが小説などにはあるが、少なくとも会津出身者が酷く差別されたなどと言うことは全くない。

たとえば、山川浩が少将になったころは皇族を別にすると陸軍大将はいないし、中将も山縣のほかいずれも薩摩の大山巌と野津道貫くらいで、山川と同じ少将には桂太郎や川上操六が前年になったばかりである。このころの少将というのは数が少なかったから、のちの大将より希少価値があったはずで、だからこそ、浩は男爵にまでなっているのである。このようにみれば、山川が冷遇されなどありえない。

あるいは、陸軍大学第一期生で大将となったのは、佐幕派の松山藩の秋山好古と沼津藩の井口省吾であって、盛岡藩出身の東条英教が佐幕派だったがゆえに大将になれなかったと英機に言い聞かせたのは息子に嘘ついただけだ。それがゆえに英機が反長州閥で陸軍内をひっかきまわしたのだから罪づくりな息子への虚言であった。

そして、陸軍士官学校第七期である柴五郎と同期では、津藩の島川文八郎と佐賀藩の宇都宮太郎(代議士だった宇都宮徳馬野の父)が大将となっているが、津藩は鳥羽伏見の戦いの途中から官軍に転じた中間派だし、さらに、この二人より早く柴は大将に昇任して同期の出世頭だったのであるから、これも人事上の不利益を受けていたというのはおかしい。官僚でも山縣の懐刀である平田東助は米沢藩出身であるし、後藤新平も仙台藩である。維新直後において薩長出身などで幕末維新の変革に貢献があった者がそれなりに遇されたのは勲功に報いる意味で当然であるが、逆に、戊辰戦争で官軍にいなかったから道が閉ざされていたということは、以上のようにまったくないのである。

海軍大将となった出羽重遠はいちおう殿様にお目通り可能だが、9石2人扶持というから14石くらいで足軽より少し上なだけだ。本国も不明でらいれきははっきりしない。このために日新館には入れてももらえなかった。

戊辰戦争のときは12歳で籠城戦では弾丸の運搬役だった。ただ、父親も頭が良かったのか「御用所書物掛」という仕事をしており、容保公の世話係となって東京へ出たので重遠少年も東京で勉強できることになり、やがて、海軍兵学寮に入ることが出来た。

海軍では薩摩の東郷平八郎や山本権兵衛に可愛がられてとんとん拍子に出世し、日本海開戦時は「笠置」を旗艦とする第三戦隊司令官で海軍中将。さらにその功績で第四艦隊司令官になった。この時に演習で下北半島の大湊港に寄港した。あの斗南藩庁があった田名部と隣接する港町である。

そこには、養女になってこの地に残っていた妹も住んでおり、この地になお残っていた会津藩士たち感激の対面を果たしている。

この出羽重遠についていえば、彼の身分では会津藩がそのまま続いていたら藩の中でも今日的にいえば、良くても課長補佐クラスがやっとだっただろう。なにしろ藩校である日新館にすら入れてもらえなかった少年が、明治維新になるや明治五年に海軍兵学寮に迎えられたのだから、維新こそが彼のために輝かしい道を開いたという以外ないではないか。

軍人では映画「バルトの楽園」で知られる第一次世界大戦中にドイツ人捕虜を収容した板東俘虜収容所の所長・松江豊寿もいる。捕虜を大事に扱ったことが、会津の悲劇と重ね併せるストーリーが人気を得る。陸軍少将で退役し、若松市長となったが議会と紛糾し任期を全うせずに辞職した。

「龍馬の幕末日記① 『私の履歴書』スタイルで書く」はこちら
「龍馬の幕末日記② 郷士は虐げられていなかった 」はこちら
「龍馬の幕末日記③ 坂本家は明智一族だから桔梗の紋」はこちら
「龍馬の幕末日記④ 我が故郷高知の町を紹介」はこちら
「龍馬の幕末日記⑤ 坂本家の給料は副知事並み」はこちら
「龍馬の幕末日記⑥ 細川氏と土佐一条氏の栄華」はこちら
「龍馬の幕末日記⑦ 長宗我部氏は本能寺の変の黒幕か」はこちら
「龍馬の幕末日記⑧ 長宗我部氏の滅亡までの事情」はこちら
「龍馬の幕末日記⑨ 山内一豊と千代の「功名が辻」」はこちら
「龍馬の幕末日記⑩ 郷士の生みの親は家老・野中兼山」はこちら
「龍馬の幕末日記⑪ 郷士は下級武士よりは威張っていたこちら
「龍馬の幕末日記⑫ 土佐山内家の一族と重臣たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑬ 少年時代の龍馬と兄弟姉妹たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑭ 龍馬の剣術修行は現代でいえば体育推薦枠での進学」はこちら
「龍馬の幕末日記⑮ 土佐でも自費江戸遊学がブームに」はこちら
「龍馬の幕末日記⑯ 司馬遼太郎の嘘・龍馬は徳島県に入ったことなし」はこちら
「龍馬の幕末日記⑰ 千葉道場に弟子入り」はこちら
「龍馬の幕末日記⑱ 佐久間象山と龍馬の出会い」はこちら
「龍馬の幕末日記⑲ ペリー艦隊と戦っても勝てていたは」はこちら
「龍馬の幕末日記⑳ ジョン万次郎の話を河田小龍先生に聞く」はこちら
「龍馬の幕末日記㉑ 南海トラフ地震に龍馬が遭遇」はこちら
「龍馬の幕末日記㉒ 二度目の江戸で武市半平太と同宿になる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉓ 老中の名も知らずに水戸浪士に恥をかく」はこちら
「龍馬の幕末日記㉔ 山内容堂公とはどんな人?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉕ 平井加尾と坂本龍馬の本当の関係は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉖ 土佐では郷士が切り捨て御免にされて大騒動に 」はこちら
「龍馬の幕末日記㉗ 半平太に頼まれて土佐勤王党に加入する」はこちら
「龍馬の幕末日記㉘ 久坂玄瑞から『藩』という言葉を教えられる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉙ 土佐から「脱藩」(当時はそういう言葉はなかったが)」はこちら
「龍馬の幕末日記㉚ 吉田東洋暗殺と京都での天誅に岡田以蔵が関与」はこちら
「龍馬の幕末日記㉛ 島津斉彬でなく久光だからこそできた革命」はこちら
「龍馬の幕末日記㉜ 勝海舟先生との出会いの真相」はこちら
「龍馬の幕末日記㉝ 脱藩の罪を一週間の謹慎だけで許される」はこちら
「龍馬の幕末日記㉞ 日本一の人物・勝海舟の弟子になったと乙女に報告」はこちら
「龍馬の幕末日記㉟ 容堂公と勤王党のもちつもたれつ」はこちら
「龍馬の幕末日記㊱ 越前に行って横井小楠や由利公正に会う」はこちら
「龍馬の幕末日記㊲ 加尾と佐那とどちらを好いていたか?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊳ 「日本を一度洗濯申したく候」の本当の意味は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊲ 8月18日の政変で尊皇攘夷派が後退」はこちら
「龍馬の幕末日記㊳ 勝海舟の塾頭なのに帰国を命じられて2度目の脱藩」はこちら
「龍馬の幕末日記㊴ 勝海舟と欧米各国との会談に同席して外交デビュー」はこちら
「龍馬の幕末日記㊵ 新撰組は警察でなく警察が雇ったヤクザだ」はこちら
「龍馬の幕末日記㊶ 勝海舟と西郷隆盛が始めて会ったときのこと」はこちら
「龍馬の幕末日記㊷ 龍馬の仕事は政商である(亀山社中の創立)」はこちら
「龍馬の幕末日記㊸ 龍馬を薩摩が雇ったのはもともと薩長同盟が狙い」はこちら
「龍馬の幕末日記㊹ 武器商人としての龍馬の仕事」はこちら
「龍馬の幕末日記㊺ お龍についてのほんとうの話」はこちら
「龍馬の幕末日記㊻ 木戸孝允がついに長州から京都に向う」はこちら
「龍馬の幕末日記㊼ 龍馬の遅刻で薩長同盟が流れかけて大変」はこちら
「龍馬の幕末日記㊽ 薩長盟約が結ばれたのは龍馬のお陰か?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊾ 寺田屋で危機一髪をお龍に救われる」はこちら
「龍馬の幕末日記㊿ 長州戦争で実際の海戦に参加してご機嫌」はこちら
「龍馬の幕末日記51 長州戦争で実際の海戦に参加してご機嫌」はこちら
「龍馬の幕末日記52: 会社の金で豪遊することこそサラリーマン武士道の鑑」はこちら
「龍馬の幕末日記53:土佐への望郷の気持ちを綴った手紙を書かされるはこちら
「龍馬の幕末日記54:土佐藩のために働くことを承知する」はこちら
「龍馬の幕末日記55:島津久光という人の素顔」はこちら
「龍馬の幕末日記56:慶喜・久光・容堂という三人のにわか殿様の相性」はこちら
「龍馬の幕末日記57:薩摩の亀山社中から土佐の海援隊にオーナー交代」はこちら
「龍馬の幕末日記58:いろは丸事件で海援隊は経営危機に」はこちら
「龍馬の幕末日記59:姉の乙女に変節を叱られる」はこちら
「龍馬の幕末日記60:「船中八策」を書いた経緯」はこちら
「龍馬の幕末日記61:船中八策は龍馬が書いたものではない」はこちら
「龍馬の幕末日記62:龍馬がイギリス公使から虐められる」はこちら
「龍馬の幕末日記63:イカルス号事件と岩崎弥太郎」はこちら
「龍馬の幕末日記64:慶喜公の説得と下関でのお龍との別れ」はこちら
「龍馬の幕末日記65:山内容堂に龍馬が会ったというのはフェイクニュース」はこちら
「龍馬の幕末日記66:坂本家に5年ぶりに帰宅して家族に会う」はこちら
「龍馬の幕末日記67:龍馬は大政奉還を聞いて慶喜公に心酔などしてない」はこちら
「龍馬の幕末日記68:大政奉還ののち西郷らは薩摩に向かう」はこちら
「龍馬の幕末日記69:新政体について先手必勝で動かなかった慶喜のミス」はこちら
「龍馬の幕末日記70:福井で「五箇条のご誓文」の作者三岡八郎と語る」はこちら
「龍馬の幕末日記71:徳川慶喜が将軍を引き受けるまでの本当の話」はこちら
「龍馬の幕末日記72:将軍慶喜がめざした日本の姿」はこちら
「龍馬の幕末日記73:慶喜と会津・江戸の幕閣との思惑の違いが明確に」はこちら

「龍馬の幕末日記74:どうして会津は京都守護職を引き受けたのか」はこちら
「龍馬の幕末日記75:どうして会津藩には京都守護職など最初から無理だったのか」はこちら
「龍馬の幕末日記76:会津の京都守護職6年間を総括する」はこちら
「龍馬の幕末日記77:江戸幕府でなく孝明天皇に忠誠を尽くした迷走」はこちら
「龍馬の幕末日記78:高松宮家の財産が徳川家の人々によって相続された事情」はこちら

「龍馬の幕末日記79:新撰組が京都市民から嫌われた当然な理由」はこちら
「龍馬の幕末日記80:京都市民の支持は新撰組でなく志士たちに集まる」はこちら

「龍馬の幕末日記81:遊里で金払いが悪いのも会津不評の原因になった」はこちら
「龍馬の幕末日記82:慶喜の一人芝居の影でドツボにはまった会津」はこちら
「龍馬の幕末日記83:会津から駿河にお国替えする案が浮上」はこちら
「龍馬の幕末日記84:大政奉還で茫然自失の会津藩」はこちら

「龍馬の幕末日記85:「新政府綱領」の○○○は慶喜なのか」はこちら
「龍馬の幕末日記86:近江屋事件前日の焦点は「慶喜が何百万石朝廷に出すか」だった。」はこちら
「龍馬の幕末日記87:龍馬は藩内佐幕派による暗殺が怖くて藩邸には入れなかった」はこちら

「龍馬の幕末日記88:三島由紀夫の高祖父・永井尚志がキーパーソン」はこちら
「龍馬の幕末日記89:暗殺犯・佐々木只三郎の一族は明治日本の名門に」はこちら
「龍馬の幕末日記90:松平容保がついに龍馬暗殺を指示」はこちら
「龍馬の幕末日記91:ついに龍馬暗殺」はこちら
「龍馬の幕末日記92:土佐藩が暗殺犯は新撰組と間違って信じる」はこちら
「龍馬の幕末日記93:摩藩・紀州藩など龍馬暗殺陰謀論さまざま」はこちら
「龍馬の幕末日記94:龍馬暗殺から鳥羽伏見の戦い前夜まで」はこちら
「龍馬の幕末日記95:五稜郭陥落ののち見廻組と新撰組の真相が判明」はこちら
「龍馬の幕末日記96:新撰組・見廻組の自白調書が出ても違うという人あり」はこちら
「龍馬の幕末日記97:もし龍馬が暗殺されていなかったら」はこちら

「龍馬の幕末日記98:明治まで生きたら龍馬はなにをしていただろうか」はこちら
「龍馬の幕末日記99:戊辰戦争で会津の民衆は官軍に協力した明治まで生きたら龍馬はなにをしていただろうか」はこちら
「龍馬の幕末日記100:坂本龍馬を有名にした司馬遼太郎ともう一人の立役者」はこちら

「龍馬の幕末日記:番外篇(1)松平容保とその子孫」はこちら
「龍馬の幕末日記:番外篇(2)会津武士のその後」はこちら
「龍馬の幕末日記:番外篇(3)日韓併合の立役者や福島事件での三島通庸の協力者も」はこちら
「龍馬の幕末日記:番外篇(4)秋篠宮妃殿下の曾祖父は大阪市長」はこちら