龍馬の幕末日記:番外篇(3)日韓併合の立役者や福島事件での三島通庸の協力者も

日韓併合は1910年のことであるが、実質的に大韓帝国が日本の保護下に入ったのは、ボーツマス条約を受けて調印された第二次日韓協約、韓国で「乙巳勒約」と呼ばれる条約だ。

この条約で韓国は外交の自主性を奪われ、統監を置くことを承認させられた。さらに、

協約の無効を主張する高宗の親書をたずさえた密使が万国平和会議に派遣されたが列強から相手にされなかった「ハーグ密使事件」によって高宗は退位させられ、日韓併合へ向けての布石となった。

この条約の推進役となったのが、駐韓公使だった林権助で、のちにその功績で男爵となった。2010年にソウル中区芸場洞旧朝鮮統監官邸跡にある銅像(消滅)の台座が損傷された事件が話題になった。

林の祖父はやはり同じ権助という通称を持つ会津藩士・林安定である。本国は出羽であるから最上旧臣だから鳥居家を経由して採用されたのだろうか。もとは300石だが幕末には500石になっていた。

槍の名手で失脚した水野忠邦の屋敷が民衆に襲撃されたときに出動して暴徒を追い払ったことで名を上げた。そののち、砲術に興味を持ち、山本覚馬らとその導入につとめた、大砲隊長として八・一八政変や禁門の変の立役者となった。

鳥羽・伏見戦で奮戦したが、負傷し江戸への船中で死去し、その子の又三郎も戦死した。残された母は幼少の権助を連れて東京で活路を求めて運動したところ、薩摩の陸軍少佐である児玉実文がかつてともに戦ったことの縁で養育を引き受け、大学予備門から東京帝国大学を経て、外務省に入省。1898年の戊戌政変のときには、梁啓超を日本へ亡命させるなど活躍した。

日韓併合の功労者として名を成し、その後、駐清公使、駐伊大使、駐英大使をつとめ、また、秩父宮殿下の英国留学の世話係をつとめた。日韓併合後ののちは、朝鮮半島や満州における利権保護のためには、中国に対しても公正な態度で臨むべきだという立場を取り、英米派として軍部に抵抗したという。枢密顧問官として昭和天皇の信任も厚かった。

福島事件で民権派弾圧にまわった蒲生旧臣

会津藩士で、官僚として成功した者も少なくない。日下義雄の父は農家出身だが勉学して名医と評判を取り、会津藩の侍医となった石田龍玄。義雄の弟は飯盛山で集団自決した石田和助。義雄は日新館で学び、戊辰戦争では大鳥圭介らと会津を脱出し箱館戦争に加わった。

長州の井上馨に取り入って明治四年の岩倉欧米使節団に加わり、アメリカ、イギリスに留学して経済学を研究。内務省などに勤務し1886年(明治19年に長崎県令(在任中に知事に名称改称)、ついでとなった。1892年(明治25年)8月20日に福島県知事となった。

そののち、1899年(明治32年)には、渋沢栄一などの協力で岩越鉄道株式会社を設立して郡山と会津若松間を開通させた。また、代議士を二期つとめた。

この日下が長崎県知事時代に取り立てて長崎市長としたのが、鳥羽伏見の戦いののちに詰め腹を切らされて自刃(勝海舟らは藩士による暗殺としている)させられた神保修理の弟で、筆頭家老・北原家を継いだ北原雅長である。

明治6年(1873)に工部省に勤務し、長崎県少書記官・対馬島島司・初代長崎市長となって水道建設を進めて功績とされる。東京市下谷区長を最後に引退したのち、明治37年(1904)『七年史』を上梓し、孝明帝から賜った御宸翰などについて公表した。資料的な価値の評価は高くないが、会津復権のための事業としては嚆矢だとされている。

町野主水の先祖は近江の名門で、蒲生氏郷の家老で白河城主だった町野繁仍はその一族。繁仍は第二章で紹介した蒲生家の内紛で失脚したが、その曾孫が德川家光の則しつつで長女を生んだお振ともいう。保科正之が山形城主となったときに採用され、幕末には150石。

戊辰戦争では三国峠の戦いなどで活躍。米沢藩への降伏勧告受諾の使者となった。その後、若松城下で戦後処理にかかわったことはすでに紹介したとおりだが、斗南には移らずに若松に留まり、会津帝政党を設立、福島県令の三島通庸が三方道路建設を進めて、民権派を襲撃した清水屋事件を引き起こしてそれが福島事件につながった。

三島通庸 Wikipediaより

なお、福島事件における民権派のリーダーで、のちに衆議院議長になる河野広中は、三春藩の郷士で、戊辰戦争では官軍のために会津攻撃の手引きをつとめたが、薩長への協力者と反対派がいつの間にか逆転したというわけだ。

主水の子が陸軍大佐で張作霖の顧問として知られる町野武馬。代議士も一期つとめた。

斗南に残った人々の中での有名人は、広沢安任だ。石高は六石五斗二人扶持だから12石ほど。お目通りではあるが足軽同様の待遇で出自もよく分からない。享保年間の採用で、使用人などで有名だったので取り立てられたのかもしれない。

日新館から安政四年に昌平黌へ留学できたのは幕末ならではである。戊辰戦争では江戸で囚われていたが、斗南藩で少参事に抜擢され、廃藩置県後の処置について、八戸県(藩主は南部家分家だが島津家からの養子)大参事太田広城と、旧知の大久保利通と交渉した。

大久保から新政府への仕官を勧められたが、斗南藩領地に隣接する三沢で酪農地開発にかけて、政府から援助を引き出し、外国人を雇いモデル事業として成功を収め、地域の功労者として尊敬を集めている。

※編集部より:本稿は、八幡和郎さんの『坂本龍馬の「私の履歴書」』(SB新書・電子版が入手可能)、近著『最強の日本史100 世界史に燦然と輝く日本の価値』(扶桑社文庫)から龍馬関係分を抜き書きしておきます。(過去記事リンクは文末にあります)

「龍馬の幕末日記① 『私の履歴書』スタイルで書く」はこちら
「龍馬の幕末日記② 郷士は虐げられていなかった 」はこちら
「龍馬の幕末日記③ 坂本家は明智一族だから桔梗の紋」はこちら
「龍馬の幕末日記④ 我が故郷高知の町を紹介」はこちら
「龍馬の幕末日記⑤ 坂本家の給料は副知事並み」はこちら
「龍馬の幕末日記⑥ 細川氏と土佐一条氏の栄華」はこちら
「龍馬の幕末日記⑦ 長宗我部氏は本能寺の変の黒幕か」はこちら
「龍馬の幕末日記⑧ 長宗我部氏の滅亡までの事情」はこちら
「龍馬の幕末日記⑨ 山内一豊と千代の「功名が辻」」はこちら
「龍馬の幕末日記⑩ 郷士の生みの親は家老・野中兼山」はこちら
「龍馬の幕末日記⑪ 郷士は下級武士よりは威張っていたこちら
「龍馬の幕末日記⑫ 土佐山内家の一族と重臣たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑬ 少年時代の龍馬と兄弟姉妹たち」はこちら
「龍馬の幕末日記⑭ 龍馬の剣術修行は現代でいえば体育推薦枠での進学」はこちら
「龍馬の幕末日記⑮ 土佐でも自費江戸遊学がブームに」はこちら
「龍馬の幕末日記⑯ 司馬遼太郎の嘘・龍馬は徳島県に入ったことなし」はこちら
「龍馬の幕末日記⑰ 千葉道場に弟子入り」はこちら
「龍馬の幕末日記⑱ 佐久間象山と龍馬の出会い」はこちら
「龍馬の幕末日記⑲ ペリー艦隊と戦っても勝てていたは」はこちら
「龍馬の幕末日記⑳ ジョン万次郎の話を河田小龍先生に聞く」はこちら
「龍馬の幕末日記㉑ 南海トラフ地震に龍馬が遭遇」はこちら
「龍馬の幕末日記㉒ 二度目の江戸で武市半平太と同宿になる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉓ 老中の名も知らずに水戸浪士に恥をかく」はこちら
「龍馬の幕末日記㉔ 山内容堂公とはどんな人?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉕ 平井加尾と坂本龍馬の本当の関係は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㉖ 土佐では郷士が切り捨て御免にされて大騒動に 」はこちら
「龍馬の幕末日記㉗ 半平太に頼まれて土佐勤王党に加入する」はこちら
「龍馬の幕末日記㉘ 久坂玄瑞から『藩』という言葉を教えられる」はこちら
「龍馬の幕末日記㉙ 土佐から「脱藩」(当時はそういう言葉はなかったが)」はこちら
「龍馬の幕末日記㉚ 吉田東洋暗殺と京都での天誅に岡田以蔵が関与」はこちら
「龍馬の幕末日記㉛ 島津斉彬でなく久光だからこそできた革命」はこちら
「龍馬の幕末日記㉜ 勝海舟先生との出会いの真相」はこちら
「龍馬の幕末日記㉝ 脱藩の罪を一週間の謹慎だけで許される」はこちら
「龍馬の幕末日記㉞ 日本一の人物・勝海舟の弟子になったと乙女に報告」はこちら
「龍馬の幕末日記㉟ 容堂公と勤王党のもちつもたれつ」はこちら
「龍馬の幕末日記㊱ 越前に行って横井小楠や由利公正に会う」はこちら
「龍馬の幕末日記㊲ 加尾と佐那とどちらを好いていたか?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊳ 「日本を一度洗濯申したく候」の本当の意味は?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊲ 8月18日の政変で尊皇攘夷派が後退」はこちら
「龍馬の幕末日記㊳ 勝海舟の塾頭なのに帰国を命じられて2度目の脱藩」はこちら
「龍馬の幕末日記㊴ 勝海舟と欧米各国との会談に同席して外交デビュー」はこちら
「龍馬の幕末日記㊵ 新撰組は警察でなく警察が雇ったヤクザだ」はこちら
「龍馬の幕末日記㊶ 勝海舟と西郷隆盛が始めて会ったときのこと」はこちら
「龍馬の幕末日記㊷ 龍馬の仕事は政商である(亀山社中の創立)」はこちら
「龍馬の幕末日記㊸ 龍馬を薩摩が雇ったのはもともと薩長同盟が狙い」はこちら
「龍馬の幕末日記㊹ 武器商人としての龍馬の仕事」はこちら
「龍馬の幕末日記㊺ お龍についてのほんとうの話」はこちら
「龍馬の幕末日記㊻ 木戸孝允がついに長州から京都に向う」はこちら
「龍馬の幕末日記㊼ 龍馬の遅刻で薩長同盟が流れかけて大変」はこちら
「龍馬の幕末日記㊽ 薩長盟約が結ばれたのは龍馬のお陰か?」はこちら
「龍馬の幕末日記㊾ 寺田屋で危機一髪をお龍に救われる」はこちら
「龍馬の幕末日記㊿ 長州戦争で実際の海戦に参加してご機嫌」はこちら
「龍馬の幕末日記51 長州戦争で実際の海戦に参加してご機嫌」はこちら
「龍馬の幕末日記52: 会社の金で豪遊することこそサラリーマン武士道の鑑」はこちら
「龍馬の幕末日記53:土佐への望郷の気持ちを綴った手紙を書かされるはこちら
「龍馬の幕末日記54:土佐藩のために働くことを承知する」はこちら
「龍馬の幕末日記55:島津久光という人の素顔」はこちら
「龍馬の幕末日記56:慶喜・久光・容堂という三人のにわか殿様の相性」はこちら
「龍馬の幕末日記57:薩摩の亀山社中から土佐の海援隊にオーナー交代」はこちら
「龍馬の幕末日記58:いろは丸事件で海援隊は経営危機に」はこちら
「龍馬の幕末日記59:姉の乙女に変節を叱られる」はこちら
「龍馬の幕末日記60:「船中八策」を書いた経緯」はこちら
「龍馬の幕末日記61:船中八策は龍馬が書いたものではない」はこちら
「龍馬の幕末日記62:龍馬がイギリス公使から虐められる」はこちら
「龍馬の幕末日記63:イカルス号事件と岩崎弥太郎」はこちら
「龍馬の幕末日記64:慶喜公の説得と下関でのお龍との別れ」はこちら
「龍馬の幕末日記65:山内容堂に龍馬が会ったというのはフェイクニュース」はこちら
「龍馬の幕末日記66:坂本家に5年ぶりに帰宅して家族に会う」はこちら
「龍馬の幕末日記67:龍馬は大政奉還を聞いて慶喜公に心酔などしてない」はこちら
「龍馬の幕末日記68:大政奉還ののち西郷らは薩摩に向かう」はこちら
「龍馬の幕末日記69:新政体について先手必勝で動かなかった慶喜のミス」はこちら
「龍馬の幕末日記70:福井で「五箇条のご誓文」の作者三岡八郎と語る」はこちら
「龍馬の幕末日記71:徳川慶喜が将軍を引き受けるまでの本当の話」はこちら
「龍馬の幕末日記72:将軍慶喜がめざした日本の姿」はこちら
「龍馬の幕末日記73:慶喜と会津・江戸の幕閣との思惑の違いが明確に」はこちら

「龍馬の幕末日記74:どうして会津は京都守護職を引き受けたのか」はこちら
「龍馬の幕末日記75:どうして会津藩には京都守護職など最初から無理だったのか」はこちら
「龍馬の幕末日記76:会津の京都守護職6年間を総括する」はこちら
「龍馬の幕末日記77:江戸幕府でなく孝明天皇に忠誠を尽くした迷走」はこちら
「龍馬の幕末日記78:高松宮家の財産が徳川家の人々によって相続された事情」はこちら

「龍馬の幕末日記79:新撰組が京都市民から嫌われた当然な理由」はこちら
「龍馬の幕末日記80:京都市民の支持は新撰組でなく志士たちに集まる」はこちら

「龍馬の幕末日記81:遊里で金払いが悪いのも会津不評の原因になった」はこちら
「龍馬の幕末日記82:慶喜の一人芝居の影でドツボにはまった会津」はこちら
「龍馬の幕末日記83:会津から駿河にお国替えする案が浮上」はこちら
「龍馬の幕末日記84:大政奉還で茫然自失の会津藩」はこちら

「龍馬の幕末日記85:「新政府綱領」の○○○は慶喜なのか」はこちら
「龍馬の幕末日記86:近江屋事件前日の焦点は「慶喜が何百万石朝廷に出すか」だった。」はこちら
「龍馬の幕末日記87:龍馬は藩内佐幕派による暗殺が怖くて藩邸には入れなかった」はこちら

「龍馬の幕末日記88:三島由紀夫の高祖父・永井尚志がキーパーソン」はこちら
「龍馬の幕末日記89:暗殺犯・佐々木只三郎の一族は明治日本の名門に」はこちら
「龍馬の幕末日記90:松平容保がついに龍馬暗殺を指示」はこちら
「龍馬の幕末日記91:ついに龍馬暗殺」はこちら
「龍馬の幕末日記92:土佐藩が暗殺犯は新撰組と間違って信じる」はこちら
「龍馬の幕末日記93:摩藩・紀州藩など龍馬暗殺陰謀論さまざま」はこちら
「龍馬の幕末日記94:龍馬暗殺から鳥羽伏見の戦い前夜まで」はこちら
「龍馬の幕末日記95:五稜郭陥落ののち見廻組と新撰組の真相が判明」はこちら
「龍馬の幕末日記96:新撰組・見廻組の自白調書が出ても違うという人あり」はこちら
「龍馬の幕末日記97:もし龍馬が暗殺されていなかったら」はこちら

「龍馬の幕末日記98:明治まで生きたら龍馬はなにをしていただろうか」はこちら
「龍馬の幕末日記99:戊辰戦争で会津の民衆は官軍に協力した明治まで生きたら龍馬はなにをしていただろうか」はこちら
「龍馬の幕末日記100:坂本龍馬を有名にした司馬遼太郎ともう一人の立役者」はこちら

「龍馬の幕末日記:番外篇(1)松平容保とその子孫」はこちら
「龍馬の幕末日記:番外篇(2)会津武士のその後」はこちら
「龍馬の幕末日記:番外篇(3)日韓併合の立役者や福島事件での三島通庸の協力者も」はこちら
「龍馬の幕末日記:番外篇(4)秋篠宮妃殿下の曾祖父は大阪市長」はこちら